• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「what is theme」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(テーマの説明)
 
(見た目の調整)
1行目: 1行目:
 
● wp.orgに掲載されているテーマ
 
● wp.orgに掲載されているテーマ
レビュアーによる審査を通過したもの。
+
 
自由に利用できる。WPが保証する4つの自由が、テーマでも保証されるので、自分が好きなようにカスタマイズできる。カスタマイズする場合は子テーマを検討する。
+
* レビュアーによる審査を通過したもの。
管理画面からインストールできる。管理画面で検索してインストールできるので、テーマ導入の手間が少ない。
+
* 自由に利用できる。WPが保証する4つの自由が、テーマでも保証されるので、自分が好きなようにカスタマイズできる。カスタマイズする場合は子テーマを検討する。
アップデートが簡単。WP管理画面で更新できる。初期設定では無効だが、wp-config.phpを編集すれば自動アップデートに設定可能。
+
* 管理画面からインストールできる。管理画面で検索してインストールできるので、テーマ導入の手間が少ない。
脆弱性を他者が修正できる。WPが保証する4つの自由により、テーマ作者以外の人が脆弱性を修正できる。
+
* アップデートが簡単。WP管理画面で更新できる。初期設定では無効だが、wp-config.phpを編集すれば自動アップデートに設定可能。
 +
* 脆弱性を他者が修正できる。WPが保証する4つの自由により、テーマ作者以外の人が脆弱性を修正できる。
  
  
12行目: 13行目:
  
 
● テーマをインストールする方法
 
● テーマをインストールする方法
「外観」「テーマ」と進み、「新規追加」を押す。
+
* 「外観」「テーマ」と進み、「新規追加」を押す。
テーマがいくつか表示されるので、気に入ったテーマを選ぶ。
+
* テーマがいくつか表示されるので、気に入ったテーマを選ぶ。
「特徴フィルター」を押すと、様々な条件で絞り込みができる。
+
* 「特徴フィルター」を押すと、様々な条件で絞り込みができる。

2015年10月7日 (水) 17:59時点における版

● wp.orgに掲載されているテーマ

  • レビュアーによる審査を通過したもの。
  • 自由に利用できる。WPが保証する4つの自由が、テーマでも保証されるので、自分が好きなようにカスタマイズできる。カスタマイズする場合は子テーマを検討する。
  • 管理画面からインストールできる。管理画面で検索してインストールできるので、テーマ導入の手間が少ない。
  • アップデートが簡単。WP管理画面で更新できる。初期設定では無効だが、wp-config.phpを編集すれば自動アップデートに設定可能。
  • 脆弱性を他者が修正できる。WPが保証する4つの自由により、テーマ作者以外の人が脆弱性を修正できる。


● テーマを変更する方法 標準では、twentyfifteen, twentyfourteen, twentythirteenの3つのテーマが用意されている。

● テーマをインストールする方法

  • 「外観」「テーマ」と進み、「新規追加」を押す。
  • テーマがいくつか表示されるので、気に入ったテーマを選ぶ。
  • 「特徴フィルター」を押すと、様々な条件で絞り込みができる。