当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「WordPress タクソノミー」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(最初の和訳。)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
WordPress 2.3 において現在のタクソノミーのスキーマを初めて導入しました。
 +
古い WordPress 2.2 のテーブル構造に対してクエリを行うプラグインは動作しません。
 +
カテゴリーAPIを使用するプラグインは大丈夫です。
  
WordPress 2.3 first introduced the current taxonomy schema. Any plugin that queries against the old WordPress 2.2 table structure will break horribly; plugins that use the category API should be fine.
+
新しいスキーマは昔の categogies、post2cat、link2cat テーブルを、もっと柔軟性のある三つの新しいテーブルに置き換えました。
 
+
This new schema replaced the categories, post2cat, and link2cat tables with three new tables that are much more flexible.
+
 
# wp_terms
 
# wp_terms
 
# wp_term_relationships
 
# wp_term_relationships
9行目: 9行目:
  
 
== wp_terms ==
 
== wp_terms ==
The first table is the terms table. It holds the basic information about single terms.
+
最初のテーブルは terms(ターム)です。
 +
一つ一つのタームについて基本情報を格納します。
  
 
<pre> term_id bigint(20) unsigned NOT NULL auto_increment,
 
<pre> term_id bigint(20) unsigned NOT NULL auto_increment,
19行目: 20行目:
 
  KEY name (name)</pre>
 
  KEY name (name)</pre>
  
* <code>term_id</code> is a unique ID for the term.
+
* <code>term_id</code> はタームのユニークな ID です。
* <code>name</code> is simply the name of the term.
+
* <code>name</code> はその通り、タームの名前です。
* <code>slug</code> is unique and is the name reduced to a URL friendly form.
+
* <code>slug</code> はユニークで、URL をフレンドリーな形に短縮する名前(スラッグ)です。
* <code>term_group</code> is a means of grouping together similar terms.
+
* <code>term_group</code> は類似のタームをグループ化する為のものです。
  
 
== wp_term_taxonomy ==
 
== wp_term_taxonomy ==
A term is not a category or tag on its own. It must be given context via the term_taxonomy table.
+
タームはカテゴリーやタグそのものではありません。
 +
タームには term_taxonomy テーブルによってコンテキスト(何のタームであるか)が与えられなければなりません。
  
 
<pre> term_taxonomy_id bigint(20) unsigned NOT NULL auto_increment,
 
<pre> term_taxonomy_id bigint(20) unsigned NOT NULL auto_increment,
37行目: 39行目:
 
  KEY taxonomy (taxonomy)</pre>
 
  KEY taxonomy (taxonomy)</pre>
  
The term_taxonomy table places a term within a taxonomy. This is what makes a term a category, a tag or part of a custom taxonomy (or in a combination of taxonomies).
+
この term_taxonomy テーブルはタームをタクソノミーに入れます。
 +
それによってタームが、カテゴリー、タグ、またはカスタムタクソノミー(またはタクソノミーの組み合せ)になります。
  
* <code>term_id</code> is the ID of a term in the terms table.
+
* <code>term_id</code> terms テーブルにあるタームの ID です。
* <code>taxonomy</code> designates the taxonomy in which the term resides. The default taxonomies are <code>category</code>, <code>link_category</code>, and <code>post_tag</code>.
+
* <code>taxonomy</code> はタームが入るタクソノミーを示します。デフォルトのタクソノミーは <code>category</code><code>link_category</code>、そして <code>post_tag</code> です。
* <code>term_taxonomy_id</code> is a unique ID for the term+taxonomy pair.
+
* <code>term_taxonomy_id</code> はタームとタクソノミーの組み合せのユニークな ID です。
  
The rest of the fields provide information about the term in the context of the taxonomy.
+
他のフィールドは、タクソノミーというコンテキストの中でのタームに関する情報を保持します。
  
* The <code>parent</code> field keeps track of hierarchical relationships between terms in the taxonomy.
+
* <code>parent</code> フィールドは、あるタクソノミーの中でタームの親子関係を表します。
* <code>description</code> provides a taxonomy specific description of the term.
+
* <code>description</code> は、あるタクソノミーにおけるタームの説明です。
* <code>count</code> tracks how many objects are associated with the term+taxonomy pair. For example, given a term of the <code>category</code> taxonomy, <code>count</code> tracks how many posts are in that specific category.
+
* <code>count</code> は、タームとタクソノミーの組み合せに関連付けられたオブジェクトの個数を表します。例えば <code>category</code> タクソノミーのタームの場合、<code>count</code> は、そのカテゴリーに入っている投稿の個数です。
  
 
== wp_term_relationships ==
 
== wp_term_relationships ==
The final table, term_relationships, relates objects such as posts or links to a term_taxonomy_id from the term_taxonomy table.
+
最後のテーブル term_relationships は、投稿やリンクなどのオブジェクトを、term_taxonomy テーブルにある term_taxonomy_id に関連付けます。
  
 
<pre> object_id bigint(20) unsigned NOT NULL default 0,
 
<pre> object_id bigint(20) unsigned NOT NULL default 0,
58行目: 61行目:
 
  KEY term_taxonomy_id (term_taxonomy_id)</pre>
 
  KEY term_taxonomy_id (term_taxonomy_id)</pre>
  
* <code>object_id</code> is the ID of a post or link.
+
* <code>object_id</code> は投稿やリンクの ID です。
* <code>term_taxonomy_id</code> is an ID from the term_taxonomy table designating a particular term+taxonomy pair.
+
* <code>term_taxonomy_id</code> は、あるタームとタクソノミーの組み合せを表す term_taxonomy テーブルの ID です。
* <code>term_order</code> allows an ordering of terms for an object (see [http://core.trac.wordpress.org/ticket/5857 ticket #5857])
+
* <code>term_order</code> は、あるオブジェクトに付けられたタームの順序を指定できるようにします( [http://core.trac.wordpress.org/ticket/5857 チケット #5857] を参照)。
  
{{原文|Function Reference/unknown_function|138637}}<!-- 2013-11-30T06:27:50 Mistercat 版 -->
+
{{原文|WordPress_Taxonomy|138637}}<!-- 2013-11-30T06:27:50 Mistercat 版 -->
 
{{DEFAULTSORT:わあとふれすたくそのみい}}
 
{{DEFAULTSORT:わあとふれすたくそのみい}}
 
[[Category:上級トピック]]
 
[[Category:上級トピック]]

2014年7月17日 (木) 20:25時点における版

WordPress 2.3 において現在のタクソノミーのスキーマを初めて導入しました。 古い WordPress 2.2 のテーブル構造に対してクエリを行うプラグインは動作しません。 カテゴリーAPIを使用するプラグインは大丈夫です。

新しいスキーマは昔の categogies、post2cat、link2cat テーブルを、もっと柔軟性のある三つの新しいテーブルに置き換えました。

  1. wp_terms
  2. wp_term_relationships
  3. wp_term_taxonomy

wp_terms

最初のテーブルは terms(ターム)です。 一つ一つのタームについて基本情報を格納します。

 term_id bigint(20) unsigned NOT NULL auto_increment,
 name varchar(200) NOT NULL default '',
 slug varchar(200) NOT NULL default '',
 term_group bigint(10) NOT NULL default 0,
 PRIMARY KEY  (term_id),
 UNIQUE KEY slug (slug),
 KEY name (name)
  • term_id はタームのユニークな ID です。
  • name はその通り、タームの名前です。
  • slug はユニークで、URL をフレンドリーな形に短縮する名前(スラッグ)です。
  • term_group は類似のタームをグループ化する為のものです。

wp_term_taxonomy

タームはカテゴリーやタグそのものではありません。 タームには term_taxonomy テーブルによってコンテキスト(何のタームであるか)が与えられなければなりません。

 term_taxonomy_id bigint(20) unsigned NOT NULL auto_increment,
 term_id bigint(20) unsigned NOT NULL default 0,
 taxonomy varchar(32) NOT NULL default '',
 description longtext NOT NULL,
 parent bigint(20) unsigned NOT NULL default 0,
 count bigint(20) NOT NULL default 0,
 PRIMARY KEY  (term_taxonomy_id),
 UNIQUE KEY term_id_taxonomy (term_id,taxonomy),
 KEY taxonomy (taxonomy)

この term_taxonomy テーブルはタームをタクソノミーに入れます。 それによってタームが、カテゴリー、タグ、またはカスタムタクソノミー(またはタクソノミーの組み合せ)になります。

  • term_id は terms テーブルにあるタームの ID です。
  • taxonomy はタームが入るタクソノミーを示します。デフォルトのタクソノミーは categorylink_category、そして post_tag です。
  • term_taxonomy_id はタームとタクソノミーの組み合せのユニークな ID です。

他のフィールドは、タクソノミーというコンテキストの中でのタームに関する情報を保持します。

  • parent フィールドは、あるタクソノミーの中でタームの親子関係を表します。
  • description は、あるタクソノミーにおけるタームの説明です。
  • count は、タームとタクソノミーの組み合せに関連付けられたオブジェクトの個数を表します。例えば category タクソノミーのタームの場合、count は、そのカテゴリーに入っている投稿の個数です。

wp_term_relationships

最後のテーブル term_relationships は、投稿やリンクなどのオブジェクトを、term_taxonomy テーブルにある term_taxonomy_id に関連付けます。

 object_id bigint(20) unsigned NOT NULL default 0,
 term_taxonomy_id bigint(20) unsigned NOT NULL default 0,
 term_order int(11) NOT NULL default 0,
 PRIMARY KEY  (object_id,term_taxonomy_id),
 KEY term_taxonomy_id (term_taxonomy_id)
  • object_id は投稿やリンクの ID です。
  • term_taxonomy_id は、あるタームとタクソノミーの組み合せを表す term_taxonomy テーブルの ID です。
  • term_order は、あるオブジェクトに付けられたタームの順序を指定できるようにします( チケット #5857 を参照)。

最新英語版: WordPress Codex » WordPress_Taxonomy最新版との差分