• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

WordPress のアップグレード/詳細

提供: WordPress Codex 日本語版
< WordPress のアップグレード
2008年5月5日 (月) 18:55時点におけるBono (トーク | 投稿記録)による版 (4 版)

移動先: 案内検索

要見直し: 一旦和訳してから、ページ構成・内容を見直します。このページのノートをご覧ください。

この項目「WordPress のアップグレード/詳細」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

作業の概要

  1. データベースをバックアップ。 詳しい説明は Backing Up Your Database をご覧ください。
  2. WordPress ディレクトリ内の 全ての WordPress ファイルをバックアップ.htaccess ファイルをお忘れなく。
  3. 取得したバックアップの検証。ファイルが存在すること、使用可能な状態であるかを必ず確認。
  4. 全てのプラグインを無効化
  5. 上記 4 ステップを確実に完了させる。上記 4 ステップが完了するまでは、アップグレードしないでください。
  6. http://wordpress.org/download/ から WordPress パッケージをダウンロード・展開
  7. サイト上の旧 WordPress ファイルを削除。ただし、次のものは削除しないでください
    • wp-config.php ファイル
    • wp-content ディレクトリ -- 例外: wp-content/cache ディレクトリおよび wp-content/plugins/widgets ディレクトリは削除すること。
    • wp-images ディレクトリ
    • wp-includes/languages/ ディレクトリ -- 言語ファイルを使っている場合、このフォルダは削除しないこと。
    • .htaccess ファイル -- .htaccess にカスタムルールを追加している場合、削除しないこと。
    • robots.txt ファイル -- ブログがルートにあって、このファイルを作成している場合、削除しないこと。
  8. あなたのコンピュータのハードドライブからサイト上の適切な WordPress ディレクトリへ、新ファイルをアップロード
  9. WordPress アップグレードプログラムを実行し、画面上の指示に従う。
  10. パーマリンクと .htaccess を更新。パーマリンク構造を更新し、必要であればカスタムルールを .htaccess ファイルへマージ。
  11. 更新済みプラグインとテーマをインストールバージョン 5.3 で動作するプラグイン一覧を見直してください。テーマが 5.3 互換か確認して、載っていなければ、テーマの作者に新バージョンについて尋ねてみましょう。
  12. プラグインを再び有効化
  13. WordPress の変更点を見直す

以上がアップグレード作業の概要です。続けてアップグレード手順の詳細をお読みください。

トラブルが生じたときは、手順を正しく行ったかを確認するため下記の説明をもう一度読み直してください。また トラブルシューティング: よくあるインストールトラブルも参照してください。

1.5.x, 2.0.x, 2.1.x, 2.2.x, 2.3.Xから 5.3 へのアップグレード手順詳細

上記手順の詳細を説明したガイドは以下のとおりです。作業を始める前に、説明の全てに目を通しておいてください。

手順 1: データベースをバックアップ

データベースのバックアップを取得してください。ユーザー、記事、個別ページ、リンク、カテゴリーなどのWordPressのデータは全てMySQLデータベースに保存されています。この手順の詳細に関してはBacking Up Your Databaseをお読みください。

アップグレードを始める前にデータベースをバックアップすることはとても大切です。もし何らかの理由でWordPressの‘旧'バージョンに戻さなくてはならなくなった時に、このバックアップからデータベースの修復が必要になるかもしれないからです。

手順 2: 全ての WordPress ファイルをバックアップ

WordPressディレクトリーの全てのファイルと.htaccessファイルのバックアップを取得してください。サーバーからローカルコンピューターに全てのWordPressファイルをダウンロードするには、通常FTPプログラムを使います。サーバーからローカルコンピューターに全てのWordPressファイルをダウンロードするには、詳しい説明はBacking Up Your WordPress Siteをお読みください。

WordPress のコアファイルに何らかの変更を加えている場合や、カスタマイズしたプラグインやテーマを使用している場合は、これらのファイルを正しくバックアップしてください。アップグレードを始める前にデータベースのバックアップをすることはとても大切です。もし何らかの理由でWordPressの‘旧'バージョンに戻さなくてはならなくなった時に、このバックアップからデータベースの修復が必要になるかもしれないからです。

手順 3: バックアップの検証

バックアップが正しく作成され、使用可能であるかどうか検証してください。アップグレードの過程の中で一番大切な手順です! バックアップファイルがローカルコンピューター(もしくはバックアップを保存したそれ以外の場所)で見れるかどうかと、サブフォルダーの中にも入っていけるかどうかという確認作業を必ずしてください。ファイルがzipファイルの中にある場合は、解凍できるかどうかも確認してください。

手順 4: 全てのプラグインを無効化

管理パネルでプラグインを選択して、全てのプラグインを無効化してください。WordPressの変更により、プラグインによってはアップグレードの過程で障害になる可能性もあるからです。

手順 5: 上記 5 ステップを確実に完了させる

もし最初の4ステップがまだ終わっていなければ、ここでストップして、まず4ステップに従ってください。最初の4ステップが終わるまでアップグレードはしないで下さい。

アップグレード時の問題を解決するのにいちばん良いリソースはWordPressサポートフォーラムです。トラブルがあってフォーラムで質問した場合、フォーラムのボランティアの人達は、最初の4ステップを終わらせたかどうか尋ねてきますよ。

手順 6: WordPress パッケージをダウンロード・展開

http://wordpress.org/download/ からWordPressパッケージをダウンロードして解凍してください。

  • リモートウェブサーバーにWordPressをアップロードする予定の場合は、ブラウザーからコンピューターにWordPressパッケージをダウンロードして解凍してください。
  • Shellアクセス権限があり、コンソールベースのツールの使用に抵抗がない場合は、WordPressをweb serverに直接ダウンロードすることも可能です。wgetlynxやその他のコンソールベースのブラウザーなどの使用可能で、 FTPを使用したくない場合に利用できます。 パッケージを現在のWordPressディレクトリー(例:"uploads" など)とパラレルなディレクトリーに入れ、その後、gunzip -c wordpress-5.3.tar.gz | tar -xf -tar -xzvf latest.tar.gz で解凍します。

WordPressパッケージがwordpressというフォルダーの中に展開されます。

手順 7: 旧 WordPress ファイルを削除

どうして削除するの? アップロードの過程(またはcPanelを使ってのアップグレードの過程)で既存のファイルが正しく上書きされなかったり、それが後で問題を生じさせたりすることがあるので、一般的に、可能なものは全て削除するほうが良いのです。

削除してはいけないファイルとフォルダー:

  • wp-config.phpファイル
  • wp-contentフォルダー
  • wp-imagesフォルダー
  • wp-includes/languages/フォルダー (言語ファイルを使用している場合は削除しないこと)
  • .htaccessファイル (カスタムルールを.htaccessに追加した場合は削除しないこと)
  • カスタマイズしたContentとプラグイン (画像やその他のカスタマイズしたContent、プラグインがwp-contentフォルダー内にある場合は、絶対に削除しないこと)

削除するファイルとフォルダー:

  • (上記以外の)wp-* , readme.html, wp.php, xmlrpc.php, license.txtなどのファイル(基本的にはルートまたはwordpressフォルダーにあるファイル。ただしwp-config.phpは削除しないでください。
  • wp-adminフォルダー
  • wp-includesフォルダー (言語ファイルを使用している場合、wp-includes/languages/フォルダーは削除しないよう気をつけてください。)
  • wp-content/cacheフォルダー (WordPress 2.0からアップグレードする場合のみ、このフォルダーが存在します。)
  • wp-content/plugins/widgetsフォルダー (前回のインストールでサイドバーウィジェットプラグインをインストールしてあった場合のみ、このフォルダーが存在します。サイドバーウィジェットのコードはビルトインされたウィジェットに障害を与えます。)

どうやって削除するの? Wordpressのサイトからファイルを削除する方法はいくつかあります。FTPプログラムを使用することもできますし、もしアクセス権があれば TelenetやSSHを使用する事も出来ます。ファイルやフォルダーを削除する方法を提供しているホスト(host providers)もあります。

FTPを使って削除する場合 
アップロード に使うFTPクライアントをファイルやフォルダーを削除するのに使用することができます。もしFTPクライアントが空でないフォルダーを削除する権限を与えてくれないようなら、FTPクライアントのオプション設定をチェックしてください。空でないファイルを削除する権限を与える、というオプションがあるはずです。空でないファイルを削除することによって、WordPressの古いインストールを手早く完全にきれいにすることができます。ファイルの削除が完了したら、セキュリティ上の理由からFTPの設定をもとに戻すことをお勧めします。
TelenetやSSHを使って削除する場合 
コマンドラインを使ってログインできる場合 (telnetやSSH)は、以下のコマンドを使って、必要なファイルのバックアップのコピーを作成したり、ディレクトリの中のWordPressファイル(と .htaccessファイル)だけを削除する事が出来ます。下記のcpコマンドに含まれていないカスタマイズされた他のファイル(例: index.php)がある場合は、そのファイルもコピーしてください。
  • mkdir backup
  • cp wp-config.php .htaccess backup
  • cp -R wp-content backup
  • rm wp*.php .htaccess license.txt readme.html xmlrpc.php
  • rm -rf wp-admin wp-includes
  • cp backup/wp-config.php .
  • アップグレードが終了した後、バックアップディレクトリからカスタマイズされたテンプレートやプラグインの修復することができます。例えば、cp backup/index.php .を使ってindex.phpが修復されます。
その他の方法としてSSHを使用する場合、wp-config.php.htaccess、追加または変更したcontentファイルをnew wordpressディレクトリにコピーしてください。その後、旧ディレクトリ名を変更し、新ディレクトリをその場所に移動させてください。

手順 8: 新ファイルをアップロード

ローカルコンピューターにあるアップグレード用の新ファイルとFTPを使って、初めてWordPressをインストールした時の要領で、新ファイルをサイトのサーバーにアップロードしてください。FTPプログラムを使ってアップロードする時の詳しいガイドラインはUsing FileZillaUploading WordPress to a remote hostをご覧下さい。

注意: wp-content フォルダーを削除しなかった場合は、アップロード中にいくつかのファイルを上書きする必要があります。

wp-contentフォルダーにはWordPressのテーマとプラグインが含まれています。これらはそのままにしてください。それ以外のものを先に全てアップロードして、その後、新しいものや変更のあったWordPressのファイルだけを新しいwp-contentフォルダーにアップロードしてください。 デフォルトのプラグインの旧バージョンは新しいもので上書きしてください。

WordPressのデフォルトのテーマにも変更がありますので、wp-content/themes/defaultフォルダーにアップロードしてください。デフォルトのテーマをカスタマイズしている場合は、アップグレードした後で変更点を見直してインストールする必要があります。

手順 9:WordPress アップグレードプログラムを実行

ブラウザーからwp-admin/upgrade.phpにアクセスして、WordPressアップグレードスクリプトを実行し、画面の指示に従ってください。

  • WordPressがルートディレクトリにインストールされている場合: http://example.com/wp-admin/upgrade.php
  • WordPressがblogという名前のサブディレクトリにインストールされている場合(例): http://example.com/blog/wp-admin/upgrade.php

Options->Permalinksより、パーマリンク構造をアップグレードしてください。必要であればに.htaccessファイルにカスタムルールを追加してください。パーマリンクと.htaccessファイルに関する詳細はパーマリンクの使い方をご覧下さい。

手順 11: 更新済みプラグインとテーマをインストール

en:Plugins/Plugin_Compatibility/バージョン2.3.xで使用可能なプラグインのリストを参照してください。使用しているプラグインやテーマの新バージョンをアップロード、インストールしたい場合は、そのプラグインやテーマの作者にアップデートされたバージョンを確認してください。

手順 12: プラグインを再び有効化

管理パネルから使用するプラグインを有効化してください。

手順 13: WordPress の変更点を見直す

WordPressの最新情報は以下のリソースを参照してください。

Special note for Fantastico Upgrades

バージョン2.2以前のバージョンからのアップグレードをFantasticoで行う場合、Fantasticoは新しいwp-config.phpを作成する時に、wp-config-sample.phpを使用します。これによって、DB_CHARSETと DB_COLLATEという新しい2つの値がwp-config.phpに書き込まれます。2.0.10や2.1.3などの2.2以前のバージョンから 5.3にアップグレードする際には、このラインはwp-config.phpから削除する必要があります。DB_CHARSETと DB_COLLATEについての詳しい説明はwp-config.phpmp編集をご覧下さい。


他言語

Language (english, native) Version (new to old) Remark
Chinese, 简体中文 2.2.1 to 2.2.2, 2.1 to 2.2, 2.1.2 to 2.1.3, 2.1 to 2.1.1, 2.0.7 to 2.0.9, 2.0.6 to 2.0.7, 2.0.4 to 2.0.5
Hungarian, magyar nyelv 2.1.2 to 2.1.3, 2.x to 2.1, none specified
Italian, italiano none specified, none specified
Spain, Castellano 2.2 to 2.2.1, 2.2.1 to 2.2.2
Thai, ภาษาไทย 2.0.3 to 2.0.4
Turkish, Türkçe none specified, none specified
Ukrainian, украї́нська мо́ва 2.0.x to 2.1, 2.0.5 to 2.0.6, 2.0.4 and 2.0.5 to 2.0.6, 2.0.4 to 2.0.5

Unidentified languages

トラブルシューティング

レイアウトの崩れやエラー 
ブログのレイアウトが崩れていたり、エラーメッセージが表示されている場合は、新コード上では動かない古いプラグインが犯人の可能性があります。WordPressの管理パネルで、デフォルトのプラグイン以外のプラグインを全て無効化してください。その後、プラグインをひとつずつ有効化してください。
カスタマイズやハックをしましたか? 
その他のWordPressファイルを変更している場合は(WordPressを"ハックした" 場合)、自分が行った変更をきちんと把握しておくというのが前提です。編集したコードを新コードに書き写す必要があります。WordPress バージョンにリリースごとの変更ファイルの一覧があります。
旧コードを使い続けたい 
アップグレードは最新でベストなコードを提供します。どれだけたくさんカスタマイズをしていても、旧コードを使うとほとんど必ずと言っていいほど問題が生じます。変更を加えた旧コード使うという試みは悪くはないですが、エラーが生じる可能性は大きくなります。
旧バージョンに戻せますか? 
戻すことはできますが、最新バージョンから旧バージョンにロールバックする(バージョンを戻す)ことは通常お勧めできません。新バージョンはセキュリティアップデートが含まれることが多く、旧バージョンに戻すとサイトにセキュリティ上の問題を残す可能性があります。また、バージョン間のデータベース構造の変更のためにサイトのコンテンツ、記事、コメントなどを維持するのが難しくなったり、データベースに保存されている情報を利用しているプラグインに問題が生じたりします。それでも旧バージョンに戻したい場合は、自己責任で行ってください。アップグレードを試みる前にサイト全てのバックアップとデータベースのバックアップをしなければ、ロールバックはほぼ不可能だと思ってください。 wp-config.php以外の全てのWordPressファイルを削除し、バックアップしたファイルをサーバーにアップロードした後、データベースのバックアップの修復をしてください。ロールバックには正常に動作するバックアップが必ず必要です。WordPressのバージョンによってはロールバックできないこともあります。
もっと詳しく 
アップグレード後エラーが発生する場合は、トラブルシューティング: よくあるインストールトラブルや、TroubleshootingCodex Installation Category of Articlesをご覧下さい。探している答えが見つからない場合は、WordPress Suppport Forumsで質問の内容を詳しく投稿してください。その際、古いコードを使っていないか、使っているならそれを変更するように必ず勧められますので、質問する前に変更しておきましょう。

過去のアップグレード情報

WordPress1.2からWordPress5.3へのアップグレードを検討中の方は、まず、Upgrading From WordPress Version 1.2 to 1.5 に書かれている1.2から1.5へのアップグレードを行ってください。1.5.xにアップグレードした後、上記のリンクの1.5から5.3へのアップグレードの説明に従ってください。


最新英語版: WordPress Codex » Upgrading WordPress Extended最新版との差分