• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「WordPress のアップグレード/詳細」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(未翻訳テンプレ追加、差分表示用に版番号追記)
(表記ゆれ)
 
(5人の利用者による、間の10版が非表示)
1行目: 1行目:
{{Notice|要見直し|一旦和訳してから、ページ構成・内容を見直します。}}
+
このページでは、バージョン '''1.5.x、2.0~2.6.5 から''' {{CurrentVersion}} への手動アップグレード手順を説明します。その他のバージョンならびに [[日本語で WordPress#WordPress ME|WordPress ME]] からアップグレードする場合、[[WordPress のアップグレード]]をご覧ください。
  
<div id="Detailed_Instructions">
+
<div class="important">
== 詳細説明書 ==
+
[[WordPress のアップグレード/アップグレードする前に|アップグレードする前に]]: 以下の作業に入る前に、新バージョンの動作環境などをご確認ください。
 
</div>
 
</div>
  
 
<div id="Overview_of_the_Upgrade_Process">
 
<div id="Overview_of_the_Upgrade_Process">
=== 作業の概要 ===
+
== アップグレード作業の流れ ==
 
</div>
 
</div>
# [[#Step 1: Backup your database|データベースをバックアップ]]。 詳しい説明は [[:en:Backing Up Your Database|Backing Up Your Database]] をご覧ください。
+
'''(注)''' バージョン 2.6 から、手順13 が加わりました。
# WordPress ディレクトリ内の [[#Step 2: Backup ALL your WordPress files|全ての WordPress ファイルをバックアップ]]。[[用語集#.htaccess<|<code>.htaccess</code>]] ファイルをお忘れなく。
+
 
# 取得した[[#Step 3: Verify the backups|バックアップの検証]]。ファイルが存在すること、使用可能な状態であるかを必ず確認。
+
# [[#Step 1: Back up your database|データベースをバックアップ]]。<!-- 詳しい説明は[[データベースのバックアップ]]をご覧ください。 -->
 +
# サーバ上にある[[#Step 2: Back up ALL your WordPress files|全ての WordPress ファイルをバックアップ]]。[[用語集#.htaccess|<code>.htaccess</code>]] ファイルをお忘れなく。
 +
# 取得した[[#Step 3: Verify the backups|バックアップファイルを検証]]。ファイルが存在するか、使える状態であるか。
 
# [[#Step 4: Deactivate ALL your Plugins|全てのプラグインを無効化]]。
 
# [[#Step 4: Deactivate ALL your Plugins|全てのプラグインを無効化]]。
# [[#Step 5: Ensure first four steps are completed|上記 4 ステップを確実に完了させる]]。上記 4 ステップが完了するまでは、アップグレードしないでください。
+
# [[#Step 5: Ensure first four steps are completed|以上 4 ステップを確実に完了させる]]。完了するまでアップグレードしないでください。
# http://wordpress.org/download/ から [[#Step 6: Download and extract the WordPress package|WordPress パッケージをダウンロード・展開]]。
+
# http://wordpress.org/download/ (日本語版は http://ja.wordpress.org/ )から[[#Step 6: Download and extract the WordPress package|新バージョンの WordPress パッケージをダウンロード、展開]]。
# サイト上の[[#Step 7: Delete the old WordPress files|WordPress ファイルを削除]]。ただし、次のものは'''<span style="color:red">削除しないでください</span>'''
+
# サーバ上の[[#Step 7: Delete the old WordPress files|古い WordPress ファイルを削除]]。ただし、次のものは'''<span style="color:red">削除せずに残す</span>'''こと。
 
#*<code><span style="color:red">wp-config.php</span></code> ファイル
 
#*<code><span style="color:red">wp-config.php</span></code> ファイル
#*<code><span style="color:red">wp-content</span></code> ディレクトリ -- 例外: <code>wp-content/cache</code> ディレクトリおよび <code>wp-content/plugins/widgets</code> ディレクトリは削除すること。
+
#*<code><span style="color:red">wp-content</span></code> ディレクトリ
#*<code><span style="color:red">wp-images</span></code> ディレクトリ
+
#** この中の <code>wp-content/cache</code> ディレクトリと <code>wp-content/plugins/widgets</code> ディレクトリは削除。
#*<code><span style="color:red">wp-includes/languages/</span></code> ディレクトリ -- 言語ファイルを使っている場合、このフォルダは削除しないこと。<!-- 場所変わったかも -->
+
#*<code><span style="color:red">wp-images</span></code> ディレクトリ(あれば)
#*<code><span style="color:red">.htaccess</span></code> ファイル -- <code>.htaccess</code> にカスタムルールを追加している場合、削除しないこと。
+
#*<code><span style="color:red">wp-includes/languages/</span></code> ディレクトリ (言語ファイルをあえてここに置いている場合)<!-- 推奨は wp-content/languages/ になった。 -->
#*<code><span style="color:red">robots.txt</span></code> ファイル -- ブログがルートにあって、このファイルを作成している場合、削除しないこと。
+
#*<code><span style="color:red">.htaccess</span></code> ファイル (<!-- <code>.htaccess</code> にカスタムルールを追加している場合 -->パーマリンク設定をしている場合)
# あなたのコンピュータのハードドライブからサイト上の適切な WordPress ディレクトリへ、[[#Step 8: Upload the new files|新ファイルをアップロード]]
+
#*<code><span style="color:red">robots.txt</span></code> ファイル (ブログがルートにあって、このファイルを作成している場合)
# [[#Step 9: Run the WordPress upgrade program|WordPress アップグレードプログラムを実行]]し、画面上の指示に従う。
+
# 上記 6 で展開した[[#Step 8: Upload the new files|新バージョンのファイルをサーバへアップロード]]
# [[#Step 10: Update Permalinks and .htaccess|パーマリンクと .htaccess を更新]]。パーマリンク構造を更新し、必要であればカスタムルールを [[用語集#.htaccess|<code>.htaccess</code>]] ファイルへマージ。
+
# ブラウザで管理画面にアクセスし、画面の指示に従って[[#Step 9: Run the WordPress upgrade program|データベースアップグレードプログラムを実行]]
# [[#Step 11: Install updated Plugins and Themes|更新済みプラグインとテーマをインストール]]。 [[:en:Plugins/Plugin_Compatibility/2.3|バージョン {{CurrentVersion}} で動作するプラグイン一覧]]を見直してください。[[:en:Themes/Theme_Compatibility/2.3|テーマが {{CurrentVersion}} 互換]]か確認して、載っていなければ、テーマの作者に新バージョンについて尋ねてみましょう。
+
# パーマリンク設定画面で[[#Step 10: Update Permalinks and .htaccess|パーマリンク構造を更新]]。必要であれば手動で [[用語集#.htaccess|<code>.htaccess</code>]] ファイルのカスタムルールを差し替える。
# [[#Step 12: Reactivate Plugins|プラグインを再び有効化]]。
+
# [[#Step 11: Install updated Plugins and Themes|プラグインとテーマを新バージョン対応版に更新]]。
# [[#Step 13: Review what has changed in WordPress|WordPress の変更点を見直す]]。
+
#* [[:en:Plugins/Plugin_Compatibility/{{CurrentVersion|major}}|バージョン {{CurrentVersion}} で動作するプラグイン一覧]]、配布元
 +
#* [[:en:Themes/Theme_Compatibility/{{CurrentVersion|major}}|バージョン {{CurrentVersion}} で動作するテーマ一覧]]、配布元
 +
# [[#Step 12: Reactivate Plugins|プラグインを有効化]]。
 +
# [[#Step 13: Add security key definitions to the wp-config.php file|wp-config.php ファイルにセキュリティ・キーの定義を追加する]]。
 +
# [[#Step 14: Review what has changed in WordPress|WordPress の変更点を見直す]]。
  
 
以上がアップグレード作業の概要です。続けてアップグレード手順の詳細をお読みください。
 
以上がアップグレード作業の概要です。続けてアップグレード手順の詳細をお読みください。
  
Remember, if you do encounter problems, re-read the Instructions below to insure you've followed the proper procedures and consult  [[WordPress のインストール#Common_Installation_Problems|Troubleshooting: Common Installation Problems]].
+
もしもトラブルが生じたら、下記の説明をもう一度読み直して、手順どおり正しく行ったかどうか確認してください。また、[[WordPress のインストール#Common_Installation_Problems|トラブルシューティング: よくあるインストールトラブル]]も参照してください。
  
{{NeedTrans|ほとんど}}
+
== バージョン 1.5.x、2.x(2.0~2.6.5)から {{CurrentVersion}} への詳細なアップグレード手順 ==
 +
以下は、上記手順のさらに詳しい説明書です。作業を始める前に、一通り目を通しておいてください。
  
<div id="Detailed_Upgrade_Instructions_for_1.5.x,_2.0.x,_2.1.x,_or_2.2.x_to_{{CurrentVersion}}">
+
2つ以上のメジャーリリースをまたいでアップグレードとしている場合は、衝突の可能性を避けデータベースを損傷するリスクを最小限に抑えるため段階的にアップグレードすることを検討してください。例えば、2.5 から {{CurrentVersion}} にアップグレードしようとする際は、まず 2.7 にアップグレードし、続いて 2.9 、そして最後に {{CurrentVersion}} へアップグレードしてください。つまり、アップグレードの際に<em>1つ</em>のリリースは飛ばしてもかまいませんが、<em>2つ</em>のリリースを飛ばすことは決してしないでください。
=== 1.5.x, 2.0.x, 2.1.x, or 2.2.x から {{CurrentVersion}} へのアップグレード手順詳細 ===
+
</div>
+
上記手順の詳細を説明したガイドは以下のとおりです。作業を始める前に、説明の全てに目を通しておいてください。
+
  
 
<div id="Step_1:_Back_up_your_database">
 
<div id="Step_1:_Back_up_your_database">
==== 手順 1: データベースをバックアップ ====
+
=== 手順 1: データベースをバックアップ ===
 
</div>
 
</div>
Perform a backup of your database.  All of your WordPress data, such as Users, Posts, Pages, Links, and Categories, are stored in your [[用語集#MySQL|MySQL]] [[データベース概要|database]].  Please read [[:en:Backing Up Your Database|Backing Up Your Database]] for a detailed explanation of this process.
+
データベースのバックアップを取得してください。WordPress の設定やユーザー、投稿・固定ページ・コメント・リンク・カテゴリーなどのデータは全て [[用語集#MySQL|MySQL]][[データベース概要|データベース]]に保存されています。この手順についての詳細は「[[データベースのバックアップ]]」をお読みください。
  
It is extremely important to back up your database before beginning the upgrade.  If, for some reason, you find it necessary to revert back to the 'old' version of WordPress, you may have to restore your database from these backups.
+
アップグレードを始める前にデータベースをバックアップすることはとても大切です。もし何らかの理由で WordPress の「旧」バージョンに戻さなくてはならなくなったときに、このバックアップから[[データベースの復元]]が必要になるかもしれないからです。<ref name="db_version">[[WordPress Versions|バージョン一覧]]で <code>db_version</code> が変更となっているバージョンでは、データベースの構造やデータの持ち方が変わるため、手順 9 で変換処理が行なわれます。旧バージョン用のデータベースに戻すにはバックアップファイルからの復元が必要です。</ref>
  
 
<div id="Step_2:_Back_up_ALL_your_WordPress_files">
 
<div id="Step_2:_Back_up_ALL_your_WordPress_files">
==== 手順 2: 全ての WordPress ファイルをバックアップ ====
+
=== 手順 2: 全ての WordPress ファイルをバックアップ ===
 
</div>
 
</div>
Back up ALL of your files in your WordPress directory and your [[用語集#.htaccess<|<tt>.htaccess</tt>]] file.  Typically, this process involves using an [[:en:FTP Clients|FTP program]] to download ALL your WordPress files from your host to your local computer.
+
WordPressディレクトリにある「全ての」ファイルと [[用語集#.htaccess<|<code>.htaccess</code>]]ファイルのバックアップを取得してください。今までにアップロードした画像や、管理画面から更新したプラグイン、編集したテーマファイルなどもここにあります。サーバからローカルコンピュータ(あなたの PC)に全ての WordPressファイルをダウンロードするには、通常 [[FTP クライアント]]を使います。詳しい説明は「[[WordPress のバックアップ#Backing_Up_Your_WordPress_Site|WordPress サイトのバックアップ]]」をお読みください。
Please read [[:en:WordPress_Backups#Backing_Up_Your_WordPress_Site|Backing Up Your WordPress Site]] for further explanation.
+
  
If you have made changes to any core WordPress files, or if you've got customized Plugins or Themes, you will want to have a good backup of those files.  It is extremely important to back up your files before beginning the upgrade.  If for some reason you find it necessary to revert back to the 'old' version of WordPress you will need to upload these files.
+
WordPress のコアファイルに何らかの変更を加えている場合や、カスタマイズしたプラグインやテーマを使用している場合は、これらのファイルを正しくバックアップしてください。アップグレードを始める前にこれらのファイルをバックアップすることはとても大切です。この後の作業でサーバ上のファイルを誤って消してしまったり、何らかの理由で WordPress の「旧」バージョンに戻さなくてはならなくなったときに、バックアップしたファイルの再アップロードが必要になるかもしれないからです。
  
 
<div id="Step_3:_Verify_the_backups">
 
<div id="Step_3:_Verify_the_backups">
==== 手順 3: バックアップの検証 ====
+
=== 手順 3: バックアップの検証 ===
 
</div>
 
</div>
Verify that the backups you created are there and usable.  '''This is the most important step in the upgrade process!'''
+
バックアップが正しく作成され、使用可能であるかどうか検証してください。'''アップグレード作業の中で一番大切な手順です!'''
The verification process involves making sure you can see the backup files on your local computer (or wherever you've stored them) and that you can navigate into any sub-folders.  If the files are in a zip file, make sure you can open the zip file.  
+
* バックアップファイルがローカルコンピュータ(もしくは保存した他の場所)で見られるかどうか。
 +
* バックアップファイルのサブフォルダも開けるかどうか。
 +
* ファイルが zipファイルの中にある場合は、解凍できるかどうか。
 +
* [[用語集#Text editor|テキストエディタ]]で <code>.sql</code> ファイルを開き、DB のテーブルとデータの中身を見られるか。
  
 
<div id="Step_4:_Deactivate_ALL_your_Plugins">
 
<div id="Step_4:_Deactivate_ALL_your_Plugins">
==== 手順 4: 全てのプラグインを無効化 ====
+
=== 手順 4: 全てのプラグインを無効化 ===
 
</div>
 
</div>
In your [[管理パネル|Administration panel]], under the Plugins choice, deactivate any Plugins. Because of the changes to WordPress, some Plugins may conflict with the upgrade process.
+
 
 +
[[管理画面]]で[[Plugins Installed SubPanel|プラグイン]]画面を開き、全てのプラグインを無効化してください。WordPress 本体が変わるので、プラグインによってはアップグレード処理と衝突する可能性があるからです。管理者メニューにアクセスできない場合は、[[FAQ/トラブルシューティング#.E7.AE.A1.E7.90.86.E3.83.91.E3.83.8D.E3.83.AB.E3.81.AB.E3.82.A2.E3.82.AF.E3.82.BB.E3.82.B9.E3.81.A7.E3.81.8D.E3.81.AA.E3.81.84.E3.81.A8.E3.81.8D.E3.81.AB.E5.85.A8.E3.83.97.E3.83.A9.E3.82.B0.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.92.E5.81.9C.E6.AD.A2.E3.81.99.E3.82.8B.E3.81.AB.E3.81.AF.EF.BC.9F|プラグインフォルダをリセット]]すればすべてのプラグインを無効化できます。
  
 
<div id="Step_5:_Ensure_first_four_steps_are_completed">
 
<div id="Step_5:_Ensure_first_four_steps_are_completed">
==== 手順 5: 上記 5 ステップを確実に完了させる ====
+
=== 手順 5: 上記 4 ステップを確実に完了させる ===
 
</div>
 
</div>
If you have not completed the first four procedures, STOP, and do them!  Do not attempt the upgrade unless you have completed the first four steps. 
+
もし最初の4ステップがまだ終わっていなければ、ここでストップして、まず4ステップに従ってください。最初の4ステップが終わるまでアップグレードはしないで下さい。
  
The best resource for problems with your upgrade is the [http://wordpress.org/support/ WordPress Support Forums], and if you have problems, the volunteers at the [http://wordpress.org/support/ WordPress Support Forums] will likely ask if you have completed the first four steps.
+
アップグレード時の問題解決で頼りになるのは [http://wordpress.org/support/ WordPressサポートフォーラム]です。トラブルが起きてフォーラムで質問すると、フォーラムのボランティアの人達は、最初の4ステップを終わらせたかどうか尋ねてきますよ。
  
 
<div id="Step_6:_Download_and_extract_the_WordPress_package">
 
<div id="Step_6:_Download_and_extract_the_WordPress_package">
==== 手順 6: WordPress パッケージをダウンロード・展開 ====
+
=== 手順 6: WordPress パッケージをダウンロード・展開 ===
 
</div>
 
</div>
Download and unzip the WordPress package from http://wordpress.org/download/.
+
http://wordpress.org/download/ (日本語版は http://ja.wordpress.org/ )から新バージョンの WordPressパッケージをダウンロードし、解凍します。
* If you will be uploading WordPress to a remote web server, download the WordPress package to your computer with your favorite web browser and unzip the package.
+
* この後 [[用語集#FTP|FTP]] でリモートウェブサーバへ WordPress をアップロードするのであれば、ウェブブラウザで自分のコンピュータに WordPressパッケージをダウンロードし、解凍してください。
* If you have [[用語集#Shell|shell]] access to your web server, and are comfortable using console-based tools, you may wish to download WordPress directly to your [[用語集#Web server|web server]]. You can do so using <tt>wget</tt> , <tt>lynx</tt> or another console-based web browser, which are valuable if you want to avoid [[用語集#FTP|FTPing]]. Place the package in a directory parallel to your current wordpress directory (like "uploads," for example). Then, unzip it using: <tt>gunzip -c wordpress-{{CurrentVersion}}.tar.gz | tar -xf -</tt> or by using: <tt>tar -xzvf latest.tar.gz </tt>  
+
* webサーバへ [[用語集#Shell|Shell]] でアクセスできて、コンソールベースのツールを使うことに抵抗がない場合は、WordPress を直接あなたの [[用語集#Web server|web サーバ]]へダウンロードすることも可能です。<code>wget</code>、または <code>lynx</code> 等のコンソールベースの webブラウザが使用可能で、[[用語集#FTP|FTP]] を行ないたくない場合に利用できます。 パッケージを現在の WordPressディレクトリと同階層のディレクトリ(例えば "uploads" など)に置き、次に、<code>gunzip -c wordpress-{{CurrentVersion}}.tar.gz | tar -xf -</code> または <code>tar -xzvf latest.tar.gz</code> で解凍します。
  
The WordPress package will be extracted into a folder called <tt>wordpress</tt>.
+
WordPressパッケージは <code>wordpress</code> というフォルダの中に展開されます。
  
 
<div id="Step_7:_Delete_the_old_WordPress_files">
 
<div id="Step_7:_Delete_the_old_WordPress_files">
==== 手順 7: WordPress ファイルを削除 ====
+
=== 手順 7: 古い WordPress ファイルを削除 ===
 
</div>
 
</div>
'''Why Delete?''' Generally, it is a good idea to delete whatever is possible because the uploading (or upgrading through cPanel) process may not correctly overwrite an existing file and that may cause problems later.
 
  
'''<span style="color:red">DO NOT DELETE</span> these folders and files:'''
+
一部のファイルを除き、サーバ上にある旧バージョンの WordPress ファイルを削除します。([[#Step_2:_Back_up_ALL_your_WordPress_files|バックアップ]]は取ってありますね?)
*<code>wp-config.php</code> file;
+
*<code>wp-content</code> folder;
+
*<code>wp-images</code> folder;
+
*<code>wp-includes/languages/</code> folder--if you are using a language file, do not delete this folder;.
+
*<code>.htaccess</code> file--if you have added custom rules to your <code>.htaccess</code>, do not delete it;
+
*Custom Content and/or Plugins--if you have any images or other custom content or Plugins inside the <code>wp-content</code> folder, do NOT delete them.
+
  
'''Delete these Files and Folders:'''
+
'''どうして削除するの?''' アップロード(または cPanel を使ったアップグレード)処理中に既存のファイルが正しく上書きされなかったり、不要な旧ファイルが残ったり、それが後で問題を生じさせたりすることがあるので、一般的に、可能なものは全て削除しておくほうが良いのです。
*<code>wp-* (except for those above), readme.html, wp.php, xmlrpc.php, and license.txt; </code> files; Typically files in your root or wordpress folder.  Again, don't delete the <code>wp-config.php</code> file.
+
*<code>wp-admin</code> folder;
+
*<code>wp-includes</code> folder; If using a language file remember don't delete the <code>wp-includes/languages/</code> folder
+
*<code>wp-content/cache</code> folder; You only see this folder if you are upgrading FROM WordPress 2.0.
+
*<code>wp-content/plugins/widgets</code> folder; You only see this folder if you previously installed the Sidebar Widgets plugin.  The Sidebar Widgets code conflicts with the built-in widget ability.
+
'''How to Delete?''' There are several ways to delete the files from your WordPress site.  You can use your FTP Client, or if you have access to Telenet or SSH you can use that.  Some host providers also provide the ability to delete files and folders.
+
  
;Using FTP to delete files and folders :The same [[:en:FTP_Clients|FTP client]] you use for [[:en:Uploading_WordPress_to_a_remote_host|uploading]] can be used to delete files and folders.  If your [[:en:FTP_Clients|FTP client]] does not appear to permit you to delete non-empty folders, check the available options for your [[:en:FTP_Clients|FTP client]]. You'll usually find an option that permits deleting non-empty folders. Deleting non-empty folders is a quick and thorough method cleaning out an old installation of WordPress.  It is recommended that once the deleting is done, you switch back to the original setting for safety reasons.
+
'''削除する/してはいけないファイル一覧''':
  
;Using Telnet or SSH to delete file :If you have a command-line login (telnet or ssh), you can enter the following commands to make backup copies of the files you need to keep and to delete ONLY the wordpress files in your directory (plus .htaccess). If you've customized other files (like <code>index.php</code>) not included by the <code>cp</code> commands below, copy them as well:
+
取り消し線が引かれたディレクトリ・ファイルは削除、それ以外は残します。必要なファイルを削除しないよう注意深く作業してください。
 +
 
 +
* <code>public_html/</code> (ドキュメントルートディレクトリ)
 +
** <code>robots.txt</code> -- 残す
 +
** <code>.htaccess</code> <span class="attn">注1</span>
 +
** <code>index.php</code> <span class="attn">注1</span>
 +
** <code>wordpress ディレクトリ</code>
 +
*** <code><s>'''wp-admin/'''</s></code> -- 削除 <span class="attn">注2</span>
 +
*** <code>wp-content/</code>
 +
**** <code><s>'''cache/'''</s></code> -- 削除(2.0.x からアップグレードする場合にのみ存在)
 +
**** <code><s>'''languages/'''</s></code> -- 削除
 +
**** <code>plugins/</code>
 +
***** <code><s>'''widgets/'''</s></code> -- 削除([http://wordpress.org/extend/plugins/widgets/ Sidebar Widgets] プラグイン用ディレクトリ)<ref><code>plugins/widgets/</code> ディレクトリは、過去に[http://wordpress.org/extend/plugins/widgets/ Sidebar Widgets](サイドバーウィジェット)プラグインをインストールしたことがある場合にのみ存在します。このプラグインのコードは WordPress 本体に組み込まれた[[Appearance Widgets SubPanel|ウィジェット機能]]/[[:en:Appearance Widgets SubPanel|en]] と競合して問題が起きます。</ref>
 +
**** <code>themes/</code>
 +
***** <code><s>'''default/'''</s></code> (本体同梱デフォルトテーマ)新バージョンに差し替え
 +
***** <code><s>'''classic/'''</s></code> (本体同梱クラシックテーマ)新バージョンに差し替え
 +
**** <code>uploads/</code> -- アップロード画像
 +
*** <code>wp-images/</code> (1.5.x 以前から使っているときにのみ存在)
 +
*** <code><s>'''wp-includes/'''</s></code> -- 直下の <code>languages/</code> が不要であればまるごと削除
 +
**** <code>languages/</code> (言語ファイルの古い置き場所 <ref>[[Version 2.1|バージョン 2.1]] から、言語ファイルの標準の置き場所は <code>wp-content/languages/</code> になりました。設定変更は不要で、言語ファイルの置き場所を変えるだけで自動的にそれが使われます。</ref>) -- あえてここに置きたい場合はこれだけ残す。<code>wp-content/languages/</code> に切り替えてよければ削除(次回のアップグレードから <code>wp-includes/</code> ごと削除できるようになる)
 +
*** <code>.htaccess</code> -- 残す(パーマリンクのカスタムルールを追加してある場合に存在)
 +
*** <code>wp-config.php</code> -- 残す
 +
*** <code><s>'''index.php'''</s></code> 以下全て削除 (注1')
 +
*** <code><s>'''license.txt'''</s></code>
 +
*** <code><s>'''readme.html'''</s></code>
 +
*** <code><s>'''wp-app.php'''</s></code>
 +
*** ...
 +
 
 +
'''注意''':
 +
* <span class="attn">注1</span> [[Giving WordPress Its Own Directory|訪問者のアクセスをルートにしたまま WordPress ファイルを専用ディレクトリにまとめている]]場合、ドキュメントルートディレクトリに <code>.htaccess</code> と <code>index.php</code> がある。<code>.htaccess</code> は削除せずに残し、<code>index.php</code> は新バージョンで複製元ファイル(注1')に変更があれば作り直す。
 +
* <span class="attn">注2</span> [[セーフモードによる制限と対処方法|セーフモード対応]]で <code>wp-admin/.htaccess</code> を置いている場合、<code>.htaccess</code> のみ残し、<code>wp-admin/</code> 下のその他のファイルは削除。
 +
* コンテンツ、カスタマイズしたプラグイン・テーマ -- 画像等のメディアファイル、ならびに、その他カスタマイズしたコンテンツやプラグイン等が <code>wp-content</code> ディレクトリ内にある場合は削除しないこと。
 +
* コアファイルのカスタマイズは、新バージョンでも必要かどうかを確認の上、必要であれば新バージョンのファイルを元に作り直してください。
 +
 
 +
<!-- 削除する/しないファイルを上にまとめたのでコメントアウト by bono
 +
'''<span style="color:red">削除してはいけない</span>ファイルとディレクトリ:'''
 +
*<code>wp-config.php</code> ファイル
 +
*<code>wp-content</code> ディレクトリ
 +
*<code>wp-images</code> ディレクトリ -- バージョン 1.5.x 以前で使用
 +
*<code>wp-includes/languages/</code> ディレクトリ -- 言語ファイルをあえてここに置いている場合は削除しないこと。(次回のアップグレードを楽にするには、<code>wp-content/languages/</code> に移動するとよいでしょう <ref>[[Version 2.1|バージョン 2.1]] から、言語ファイルの標準の置き場所は <code>wp-content/languages/</code> になりました。</ref>)
 +
*<code>.htaccess</code>ファイル -- パーマリンクのカスタムルールを追加してある場合は削除しないこと
 +
*コンテンツおよびカスタマイズしたプラグイン・テーマ -- 画像、および、その他のカスタマイズしたコンテンツやプラグイン等が <code>wp-content</code> ディレクトリ内にある場合は、絶対に削除しないこと。
 +
 
 +
'''削除するファイルとディレクトリ:'''
 +
*(上記以外の)<code>wp-*, readme.html, wp.php, xmlrpc.php, license.txt</code> などのファイル -- 通常はルートまたは wordpressディレクトリにあります。<code>wp-config.php</code> は削除しないこと! '''Note''': some files such as wp.php may not exist in later versions such as 2.7.
 +
*<code>wp-admin</code> ディレクトリ
 +
*<code>wp-includes</code> ディレクトリ -- この中の <code>wp-includes/languages/</code> ディレクトリに言語ファイルを置いている場合、<code>wp-includes/languages/</code> ディレクトリは削除しないよう気をつけてください。
 +
*<code>wp-content/cache</code> ディレクトリ -- WordPress 2.0.x からアップグレードする場合にのみ存在します。
 +
*<code>wp-content/plugins/widgets</code> ディレクトリ -- 過去に[http://wordpress.org/extend/plugins/widgets/ Sidebar Widgets](サイドバーウィジェット)プラグインをインストールしたことがある場合にのみ存在します。このプラグインのコードは WordPress 本体に組み込まれた[[Appearance Widgets SubPanel|ウィジェット機能]]/[[:en:Appearance Widgets SubPanel|en]] と競合して問題が起きます。
 +
* コアファイルのカスタマイズは、新バージョンでも必要かどうかを確認の上、必要であれば新バージョンのファイルを元に作り直してください。
 +
-->
 +
 
 +
'''どうやって削除するの?''' サーバ<!-- WordPressのサイト -->からファイルを削除する方法はいくつかあります。[[FTP クライアント]]を使うこともできますし、もし使えるなら Telenet や SSH でもアクセスできます。ファイルやフォルダを削除するツールを用意しているホスティングプロバイダ(レンタルサーバ)もあります。
 +
 
 +
;FTPを使って削除する場合
 +
:[[Uploading WordPress to a remote host|アップロード]]/[[:en:Uploading WordPress to a remote host|en]] に使う [[FTP クライアント]]をファイルとフォルダの削除に使用できます。
 +
: 空でないフォルダを削除できないときは、[[FTP クライアント]]のオプション設定をチェックしてください。空でないファイルを削除する権限を与えるオプションがあるはずです。空でないファイルの削除によって、WordPressの古いインストールを手早く完全に一掃できます。ファイルの削除が完了したら、安全上の理由から FTP の設定を元に戻すことをお勧めします(うっかりディレクトリごと削除してしまうことを防ぐため)。
 +
 
 +
;Telenet や SSH を使って削除する場合
 +
:コマンドラインでログイン(telnet または SSH)できる場合は、以下のコマンドを使って、必要なファイルのバックアップコピーを作成したり、ディレクトリの中の WordPressファイル(と <code>.htaccess</code>ファイル)「だけを」削除する事が出来ます。下記の <code>cp</code> コマンド以外にもカスタマイズしたファイルがある場合(例: <code>index.php</code>)は、そのファイルもコピーしてください。
 
:* <code>mkdir backup</code>
 
:* <code>mkdir backup</code>
 
:* <code>cp wp-config.php .htaccess backup</code>
 
:* <code>cp wp-config.php .htaccess backup</code>
111行目: 164行目:
 
:* <code>rm -rf wp-admin wp-includes</code>
 
:* <code>rm -rf wp-admin wp-includes</code>
 
:* <code>cp backup/wp-config.php .</code>
 
:* <code>cp backup/wp-config.php .</code>
:* After you have finished with the upgrade, you can restore any customizations to your templates or plugins from your backup directory. For example, use <code>cp backup/index.php .</code> to restore <code>index.php</code>.
+
:* アップグレードが終了した後、カスタマイズされたテンプレートやプラグインをバックアップディレクトリから復元(リストア)することができます。例えば、<code>index.php</code> をリストアするには <code>cp backup/index.php .</code> を使います。
: Alternatively, using SSH, you could copy <code>wp-config.php, .htaccess</code>, and any content files you've added or altered into the ''new'' wordpress directory. Then, rename the old one (to archive it), and move the new one into its place.
+
:SSH を使った別のやり方としては、
 +
:# まず、新たに別名で wordpressディレクトリを作り、<code>wp-config.php</code> および <code>.htaccess</code>、追加/変更したコンテンツファイルをその中にコピーします。
 +
:# 次に、旧ディレクトリの名前を変更(リネーム)して(退避させ)、新しいディレクトリをその場所に移動させます(=本番の wordpressディレクトリ名にリネーム)。
 +
 
 +
訳注: 最後の方法は、FTP のときにも応用すると、ファイルの削除する/しないに気を使わなくて済むので楽かと思います。
  
 
<div id="Step_8:_Upload_the_new_files">
 
<div id="Step_8:_Upload_the_new_files">
==== 手順 8: 新ファイルをアップロード ====
+
 
 +
=== 手順 8: 新ファイルをアップロード ===
 
</div>
 
</div>
With the new upgrade on your local computer, and using [[用語集#FTP|FTP]], [[:en:Uploading_WordPress_to_a_remote_host|upload]] the new files to your site server just as you did when you first installed WordPress.  See [[:en:Using FileZilla|Using FileZilla]] and [[:en:Uploading_WordPress_to_a_remote_host|Uploading WordPress to a remote host]] for  detailed guidelines in using an FTP Client to upload.
+
ローカルコンピューターにあるアップグレード用の新ファイルを [[用語集#FTP|FTP]] を使って、サイトのサーバーに[[:en:Uploading_WordPress_to_a_remote_host|アップロード]]してください。この際、手順7で残したファイルは上書きしないように注意します。FTPプログラムを使ってアップロードする時の詳しいガイドラインは[[:en:Using FileZilla|Using FileZilla]][[:en:Uploading_WordPress_to_a_remote_host|Uploading WordPress to a remote host]]をご覧下さい。
  
'''NOTE: If you did not delete the <code>wp-content</code> folder, you will need to overwrite some files during the upload.'''  
+
'''注意: wp-content フォルダーを削除しなかった場合は、アップロード中にいくつかのファイルを上書きする必要があります。'''
  
The <code>wp-content</code> folder holds your WordPress Themes and Plugins.  These should remain.  Upload everything else first, then upload only those WordPress files that are new or changed to your new <code>wp-content</code> folder. Overwrite any old versions of default plugins with the new ones.
+
<code>wp-content</code>フォルダーにはWordPressのテーマとプラグインが含まれています。これらはそのままにしてください。それ以外のものを先に全てアップロードして、その後、新しいものや変更のあったWordPressのファイルだけを新しい<code>wp-content</code>フォルダーにアップロードしてください。 デフォルトのプラグインの旧バージョンは新しいもので上書きしてください。
  
The WordPress default theme has changed so you will want to upload the <code>wp-content/themes/default</code> folder.  If you have custom changes to the default theme, those changes will need to be reviewed and installed after the upgrade.
+
WordPressのデフォルトのテーマにも変更がありますので、<code>wp-content/themes/default</code>フォルダーにアップロードしてください。デフォルトのテーマをカスタマイズしている場合は、アップグレードした後で変更点を見直してインストールする必要があります。
  
 
<div id="Step_9:_Run_the_WordPress_upgrade_program">
 
<div id="Step_9:_Run_the_WordPress_upgrade_program">
==== 手順 9:WordPress アップグレードプログラムを実行 ====
+
=== 手順 9: WordPress データベース・アップグレードプログラムを実行 ===
 
</div>
 
</div>
Run the WordPress upgrade script by accessing <tt>wp-admin/upgrade.php</tt> in your favorite web browser and follow the instructions presented on your screen.
+
Webブラウザで管理画面(<code>wp-admin/</code>)に行きます。WordPress がデータベースのアップグレードの要否をチェックして、必要であれば、次のリンクが表示されます。
* If WordPress is installed in the root directory, point your browser to: <tt><nowiki>http://example.com/wp-admin/upgrade.php</nowiki></tt>
+
 
* If WordPress is installed in its own subdirectory called <tt>blog</tt>, for example, point your browser to: <tt><nowiki>http://example.com/blog/wp-admin/upgrade.php</nowiki></tt>
+
This link will lead you to run the WordPress upgrade script by accessing <tt>wp-admin/upgrade.php</tt>. Follow the instructions presented on your screen.
 +
 
 +
Note: Make sure the database user name registered to WordPress has permission to create, modify, and delete database tables before you do this step. If you installed WordPress in the standard way, and nothing has changed since then, you are fine.
 +
 
 +
手動でアップグレードスクリプトを実行したい場合:
 +
* WordPressがルートディレクトリにインストールされている場合: <tt><nowiki>http://example.com/wp-admin/upgrade.php</nowiki></tt>
 +
* WordPressが<tt>blog</tt>という名前のサブディレクトリにインストールされている場合(例): <tt><nowiki>http://example.com/blog/wp-admin/upgrade.php</nowiki></tt>
 +
 
 +
もしもアップグレード後にログインできなくなったら、ブラウザの Cookie を削除してみてください。
  
 
<div id="Step_10:_Update_Permalinks_and_.htaccess">
 
<div id="Step_10:_Update_Permalinks_and_.htaccess">
==== 手順 10:パーマリンクと .htaccess を更新 ====
+
=== 手順 10: パーマリンクと .htaccess を更新 ===
 
</div>
 
</div>
In your [[:en:Permalinks_Options_SubPanel|Options->Permalinks]] panel update your Permalink Structure and, if necessary, place the rules in your [[用語集#.htaccess<|<tt>.htaccess</tt>]] file.  Also see [[パーマリンクの使い方|Using Permalinks]] for details regarding Permalinks and the [[用語集#.htaccess<|<tt>.htaccess</tt>]] file.
+
[[管理画面]] > [[管理画面#Permalinks|設定]] > [[Settings Permalinks SubPanel|パーマリンク設定]]画面にて、パーマリンク構造を更新してください。必要であれば [[用語集#.htaccess<|<tt>.htaccess</tt>]]ファイルにカスタムルールを追加してください。パーマリンクと[[用語集#.htaccess<|<tt>.htaccess</tt>]]ファイルに関する詳細は[[パーマリンクの使い方]]をご覧下さい。
  
 
<div id="Step_11:_Install_updated_Plugins_and_Themes">
 
<div id="Step_11:_Install_updated_Plugins_and_Themes">
==== 手順 11: 更新済みプラグインとテーマをインストール ====
+
=== 手順 11: 最新版のプラグインとテーマをインストール ===
 
</div>
 
</div>
Please review the [[:en:Plugins/Plugin_Compatibility/2.2|list of Plugins that work in Version 2.2.x]].  You will want to upload and install any new versions of your Plugins and Themes.  Check with the author of those Plugins and Themes for the updated versions.
+
WordPress の新バージョンに対応しているプラグインとテーマを確認するため、[[:en:Plugins/Plugin_Compatibility|プラグイン互換性リスト]]および[[:en:Themes/Theme_Compatibility|テーマ互換性リスト]]、または、プラグイン・テーマの配布元サイトを参照してください。必要に応じて、使用しているプラグインやテーマの新バージョンをアップロード、インストールしましょう。
  
 
<div id="Step_12:_Reactivate_Plugins">
 
<div id="Step_12:_Reactivate_Plugins">
==== 手順 12: プラグインを再び有効化 ====
+
=== 手順 12: プラグインを再び有効化 ===
 
</div>
 
</div>
Use your Administration Panel, Plugins, to activate your Plugins.
+
管理画面から、使用するプラグインを有効化してください。[http://wordpress.org/extend/plugins/ 公式プラグインディレクトリ]のページで新しいバージョンの WordPress への対応情報がないプラグインは、一つずつ有効化し、問題がないかどうかテストしていってください。正しく動作するようなら、そのプラグインの公式ディレクトリ内ページでテスト結果をフィードバックするとよいでしょう。
<!--Please note that if you are using the new WordPress Database Backup Plugin you may need to change the permissions on your <code>wp-content</code> folder to make it writeable by your webserver (either mode 666 or even 777).  See [[:en:Changing_File_Permissions|Changing File Permissions]] for more details.
+
-->
+
  
<div id="Step_13:_Review_what_has_changed_in_WordPress">
+
<div id="Step_13:_Add_security_key_definitions_to_the_wp-config.php_file">
==== 手順 13: WordPress の変更点を見直す ====
+
=== 手順 13: ''wp-config.php'' ファイルにセキュリティ・キーの定義を追加する ===
 
</div>
 
</div>
Please review these resources to see what's new in WordPress
+
最新版の WordPress では、ユーザの Cookie に格納される情報をより強固な暗号化で守るため、AUTH_KEY および SECURE_AUTH_KEY、LOGGED_IN_KEY、NONCE_KEY という 4つの'''セキュリティ・キー'''を使います。
  
*[[Version 2.3|Version 2.3 Details]]
+
あなたのサーバから <code>wp-config.php</code> ファイルをダウンロードして[[用語集#テキストエディタ|テキストエディタ]]で開き、これらの定義が入っているか確認しましょう。行が見つからないか、値が初期値のままだったら、[[wp-config.php の編集#Security Keys|wp-config.php の編集]]の説明に従って行を追加/修正し、更新した wp-config.php ファイルを再びサーバへアップロードしてください。
*[http://wordpress.org/development/2007/09/wordpress-23/ WordPress Development Blog: WordPress 2.3 Announcement]
+
 
 +
<div id="Step_14:_Review_what_has_changed_in_WordPress">
 +
=== 手順 14: WordPress の変更点を見直す ===
 +
</div>
 +
WordPressの最新情報は以下の資料を参照してください。
 +
* [[Version {{CurrentVersion}}|バージョン {{CurrentVersion}} の詳細]]
 +
* [http://wordpress.org/development/ WordPress 開発ブログ]
 +
* [http://ja.wordpress.org/#blog WordPress 日本語ローカルサイト ブログ](開発ブログの和訳および日本語版についての情報)
 +
* 古いバージョンからアップグレードしたときは、[[WordPress Versions|今までのバージョン情報]]も確認。
  
 
<div id="Special_note_for_Fantastico_Upgrades">
 
<div id="Special_note_for_Fantastico_Upgrades">
===== Special note for Fantastico Upgrades =====
+
== Fantastico によるアップグレードの特記事項 ==
 
</div>
 
</div>
When using the Fantastico upgrade process to upgrade from a pre-Version 2.2, Fantastico will use the wp-config-sample.php file to regenerate a new wp-config.php file.  By doing this, two new values, DB_CHARSET and DB_COLLATE, are placed into the wp-config.php file.  Those lines should be deleted from your wp-config.php if you are upgrading from a pre-Version 2.2 (like 2.0.10 or 2.1.3) to Version {{CurrentVersion}}. A detailed explanation about DB_CHARSET and DB_COLLATE can be found in [[wp-config.php の編集|Editing wp-config.php]].
+
バージョン2.2以前のバージョンからのアップグレードを Fantastico で行う場合、Fantastico は新しい wp-config.php を作成する時に、wp-config-sample.php を使用します。これによって、DB_CHARSET と DB_COLLATE という新しい2つの値が wp-config.php に書き込まれます。2.0.10や2.1.3などの2.2以前のバージョンから{{CurrentVersion}}にアップグレードする際には、この行は wp-config.php から削除する必要があります。DB_CHARSET と DB_COLLATE についての詳しい説明は [[wp-config.php の編集]]をご覧下さい。
 +
 
  
 
<!-- saving for later upgrades
 
<!-- saving for later upgrades
===Upgrade 2.0.6 to {{CurrentVersion}} ===
+
== Upgrade 2.0.6 to {{CurrentVersion}} ==
  
 
This is a security upgrade. Information can be found in the
 
This is a security upgrade. Information can be found in the
185行目: 258行目:
 
**end of saving for later upgrade  
 
**end of saving for later upgrade  
 
-->
 
-->
 
<div id="Other_languages">
 
== 他言語 ==
 
</div>
 
{| class="wikitable"
 
|-
 
! Language (english, native) !! Version (new to old) !! Remark
 
|-
 
| Chinese, 简体中文 || [http://www.owind.com/pub/computer/wordpress/2007/08/05/wordpress-222/ 2.2.1 to 2.2.2], [http://www.owind.com/pub/computer/wordpress/2007/05/16/wordpress-22-released/ 2.1 to 2.2], [http://www.owind.com/pub/computer/wordpress/2007/04/03/wordpress-213-and-2010/ 2.1.2 to 2.1.3], [http://www.owind.com/pub/computer/2007/02/21/wordpress-211-and-209/ 2.1 to 2.1.1], [http://www.owind.com/pub/computer/2007/02/21/wordpress-211-and-209/ 2.0.7 to 2.0.9], [http://www.owind.com/pub/computer/2007/01/17/wordpress-207/ 2.0.6 to 2.0.7], [http://www.owind.com/pub/computer/2006/11/03/wordpress-205/ 2.0.4 to 2.0.5]
 
|-
 
| Hungarian, magyar nyelv || [http://dokumentacio.word-press.hu/WordPress_2-1-3  2.1.2 to 2.1.3], [http://dokumentacio.word-press.hu/Frissites-2-x-verziorol-2-1-s-verziora  2.x to 2.1], [http://word-press.hu none specified]
 
|-
 
| Italian, italiano || [http://www.andreabeggi.net/2007/01/26/screencast-aggiornare-wordpress/ none specified], [http://www.valent-blog.eu/2007/04/25/aggiornare-wordpress/ none specified]
 
|-
 
| Spain, Castellano || [http://www.davidsuarez.es/?p=203 2.2 to 2.2.1], [http://www.davidsuarez.es/?p=215 2.2.1 to 2.2.2]
 
|-
 
| Thai, ภาษาไทย || [http://www.thaiwp.com/upgrade-wordpress-203-to-204/ 2.0.3 to 2.0.4]
 
|-
 
| Turkish, Türkçe || [http://www.valent-blog.eu/2007/04/25/aggiornare-wordpress/ none specified], [http://www.wordpress-tr.com/belgeler/Surum_yukseltme none specified]
 
|-
 
| Ukrainian, украї́нська мо́ва || [http://hip.org.ua/services/wordpress-upg-to21/ 2.0.x to 2.1], [http://ribel.org.ua/?p=97/ 2.0.5 to 2.0.6], [http://hip.org.ua/services/wordpress-upg-to206/ 2.0.4 and 2.0.5 to 2.0.6], [http://hip.org.ua/services/wordpress-upg-204to205/ 2.0.4 to 2.0.5]
 
|}
 
 
Unidentified languages
 
* [http://cys.kr/wp/2007/02/10/208 워드프레스 1.5.x , 2.0.x 에서 2.1로 업그레이드하기]<br />
 
* [http://cys.kr/wp/2006/10/31/197 WP 2.0.4에서 2.0.5로 업데이트하는 방법]
 
* [http://bemike.org/blog/2007/01/07/upgrading-wodpress-from-205-to-206.html 简体中文:升级 WordPress 2.0.5 到 2.0.6 的步骤]
 
  
 
<div id="Troubleshooting">
 
<div id="Troubleshooting">
 
== トラブルシューティング ==
 
== トラブルシューティング ==
 
</div>
 
</div>
;Scrambled Layout or Errors :If your blog looks scrambled now or features line errors, an old plugin that doesn't work with the new code may be the culprit. In your WordPress [[管理パネル|Administration Panel]], deactivate all plugins that do not come with WordPress by default. Re-activate them one by one.
+
;レイアウトの崩れやエラー :ブログのレイアウトが崩れていたり、エラーメッセージが表示されている場合は、新コード上では動かない古いプラグインが犯人の可能性があります。WordPressの[[管理画面|管理画面]]で、デフォルトのプラグイン以外のプラグインを全て無効化してください。その後、プラグインをひとつずつ有効化してください。
;Made Custom Changes/Hacks? :If you have made changes to other WordPress files ("hacked" WordPress), you are supposed to keep track of your changes. You will have to transfer your edits into the new code. [[:Category:バージョン|WordPress Versions]] lists the files that have changed in each release.
+
;カスタマイズやハックをしましたか? :その他のWordPressファイルを変更している場合は(WordPressを"ハックした" 場合)、自分が行った変更をきちんと把握しておくというのが前提です。編集したコードを新コードに書き写す必要があります。[[:Category:バージョン|WordPress バージョン]]にリリースごとの変更ファイルの一覧があります。
;Resist Using Old Code :Upgrading gives you the newest and best code. Using your old code, no matter how  much you have customised it, almost certainly will cause problems. The temptation just to use your old modified code will be great, but the chances of errors are much greater.
+
;旧コードを使い続けたい :アップグレードは最新でベストなコードを提供します。どれだけたくさんカスタマイズをしていても、旧コードを使うとほとんど必ずと言っていいほど問題が生じます。変更を加えた旧コード使うという試みは悪くはないですが、エラーが生じる可能性は大きくなります。
;Can I Go Back to Old Versions :You can, but it is usually not recommended to rollback (revert) your current version to an older version. That is because newer versions often include security updates and a rollback may put your site at risk. Second, the change between the database structure between versions may cause complications in maintaining your site content, posts, comments, and plugins that are dependent upon the information stored in the database. If you are still intent on this, proceed at your own risk. '''Please note, that without a backup of your entire site and your database, made prior to your upgrade attempt, a successful rollback is near impossible.''' Delete all WordPress files except for <tt>wp-config</tt>. [[:en:Uploading_WordPress_to_a_remote_host|Upload]] the files from your backup to your server and [[:en:Restoring_Your_Database_From_Backup|restore your database backup]]. Remember, you must have good backups for the rollback to work.  For older WordPress versions, a rollback might not work.
+
;旧バージョンに戻せますか? :戻すことはできますが、最新バージョンから旧バージョンにロールバックする(バージョンを戻す)ことは通常お勧めできません。新バージョンはセキュリティアップデートが含まれることが多く、旧バージョンに戻すとサイトにセキュリティ上の問題を残す可能性があります。また、バージョン間のデータベース構造の変更のためにサイトのコンテンツ、記事、コメントなどを維持するのが難しくなったり、データベースに保存されている情報を利用しているプラグインに問題が生じたりします。それでも旧バージョンに戻したい場合は、自己責任で行ってください。'''アップグレードを試みる前にサイト全てのバックアップとデータベースのバックアップをしなければ、ロールバックはほぼ不可能だと思ってください。''' wp-config.php以外の全てのWordPressファイルを削除し、バックアップしたファイルをサーバーに[[Uploading WordPress to a remote host|アップロード]]/[[:en:Uploading WordPress to a remote host|en]]した後、[[データベースの復元|バックアップファイルからデータベースを復元]]をしてください。ロールバックには正常に動作するバックアップが必ず必要です。WordPressのバージョンによってはロールバックできないこともあります。
;Get More Help :If you get any errors following an upgrade, check [[WordPress のインストール#Common_Installation_Problems|Troubleshooting: Common Installation Problems]], [[:en:Troubleshooting|Troubleshooting]], and the [http://codex.wordpress.org/Category:Installation Codex Installation Category of Articles].  If you can't find an answer, post a clear question on the [http://www.wordpress.org/support WordPress Suppport Forums]. You will be asked if you have used any old code. You'll be told to change it then, so you may as well change it now :)
+
;もっと詳しく :アップグレード後エラーが発生する場合は、[[WordPress のインストール#Common_Installation_Problems|トラブルシューティング: よくあるインストールトラブル]]や、[[Troubleshooting|トラブルシューティング]]/[[:en:Troubleshooting|en]]、[[:Category:設置|Codex の「設置」カテゴリのページ]]/[[:en:Category:Installation|en]]をご覧下さい。探している答えが見つからない場合は、[http://www.wordpress.org/support WordPress Suppport Forums]で質問の内容を詳しく投稿してください。その際、古いコードを使っていないか、使っているならそれを変更するように必ず勧められますので、質問する前に変更しておきましょう。
  
<div id="Old_Upgrade_Information">
+
<div id="Other_languages">
== 過去のアップグレード情報 ==
+
== 他言語版 WordPress ==
 
</div>
 
</div>
If you are considering upgrading to WordPress Version {{CurrentVersion}}, but you are at Version 1.2, then follow the 1.2 to 1.5 upgrade as describe in [[:en:Upgrade_1.2_to_1.5|Upgrading From WordPress Version 1.2 to 1.5]].  Once you are upgraded to Version 1.5.x, then follow the instructions as listed above to upgrade from 1.5 to {{CurrentVersion}}.
 
  
{{原文|Upgrading WordPress Extended|41764}}
+
他言語版の最新バージョンについては [[:en:Upgrading WordPress Extended#Other languages|英語版Codex]] を参照。
 +
 
 +
{{原文|Upgrading WordPress Extended|139310}}<!-- 2013-12-12 MichaelH 版 -->
 +
 
 +
== 脚注 ==
 +
<references />
  
 
{{DEFAULTSORT:あつふくれえとしようさい}}
 
{{DEFAULTSORT:あつふくれえとしようさい}}
235行目: 285行目:
  
 
[[en:Upgrading WordPress Extended]]
 
[[en:Upgrading WordPress Extended]]
 +
<!--[[zh-cn:升级 WordPress 进阶]]-->

2015年8月5日 (水) 14:44時点における最新版

このページでは、バージョン 1.5.x、2.0~2.6.5 から 5.3 への手動アップグレード手順を説明します。その他のバージョンならびに WordPress ME からアップグレードする場合、WordPress のアップグレードをご覧ください。

アップグレードする前に: 以下の作業に入る前に、新バージョンの動作環境などをご確認ください。

(注) バージョン 2.6 から、手順13 が加わりました。

  1. データベースをバックアップ
  2. サーバ上にある全ての WordPress ファイルをバックアップ.htaccess ファイルをお忘れなく。
  3. 取得したバックアップファイルを検証。ファイルが存在するか、使える状態であるか。
  4. 全てのプラグインを無効化
  5. 以上 4 ステップを確実に完了させる。完了するまでアップグレードしないでください。
  6. http://wordpress.org/download/ (日本語版は http://ja.wordpress.org/ )から新バージョンの WordPress パッケージをダウンロード、展開
  7. サーバ上の古い WordPress ファイルを削除。ただし、次のものは削除せずに残すこと。
    • wp-config.php ファイル
    • wp-content ディレクトリ
      • この中の wp-content/cache ディレクトリと wp-content/plugins/widgets ディレクトリは削除。
    • wp-images ディレクトリ(あれば)
    • wp-includes/languages/ ディレクトリ (言語ファイルをあえてここに置いている場合)
    • .htaccess ファイル (パーマリンク設定をしている場合)
    • robots.txt ファイル (ブログがルートにあって、このファイルを作成している場合)
  8. 上記 6 で展開した新バージョンのファイルをサーバへアップロード
  9. ブラウザで管理画面にアクセスし、画面の指示に従ってデータベースアップグレードプログラムを実行
  10. パーマリンク設定画面でパーマリンク構造を更新。必要であれば手動で .htaccess ファイルのカスタムルールを差し替える。
  11. プラグインとテーマを新バージョン対応版に更新
  12. プラグインを有効化
  13. wp-config.php ファイルにセキュリティ・キーの定義を追加する
  14. WordPress の変更点を見直す

以上がアップグレード作業の概要です。続けてアップグレード手順の詳細をお読みください。

もしもトラブルが生じたら、下記の説明をもう一度読み直して、手順どおり正しく行ったかどうか確認してください。また、トラブルシューティング: よくあるインストールトラブルも参照してください。

バージョン 1.5.x、2.x(2.0~2.6.5)から 5.3 への詳細なアップグレード手順

以下は、上記手順のさらに詳しい説明書です。作業を始める前に、一通り目を通しておいてください。

2つ以上のメジャーリリースをまたいでアップグレードとしている場合は、衝突の可能性を避けデータベースを損傷するリスクを最小限に抑えるため段階的にアップグレードすることを検討してください。例えば、2.5 から 5.3 にアップグレードしようとする際は、まず 2.7 にアップグレードし、続いて 2.9 、そして最後に 5.3 へアップグレードしてください。つまり、アップグレードの際に1つのリリースは飛ばしてもかまいませんが、2つのリリースを飛ばすことは決してしないでください。

手順 1: データベースをバックアップ

データベースのバックアップを取得してください。WordPress の設定やユーザー、投稿・固定ページ・コメント・リンク・カテゴリーなどのデータは全て MySQLデータベースに保存されています。この手順についての詳細は「データベースのバックアップ」をお読みください。

アップグレードを始める前にデータベースをバックアップすることはとても大切です。もし何らかの理由で WordPress の「旧」バージョンに戻さなくてはならなくなったときに、このバックアップからデータベースの復元が必要になるかもしれないからです。[1]

手順 2: 全ての WordPress ファイルをバックアップ

WordPressディレクトリにある「全ての」ファイルと .htaccessファイルのバックアップを取得してください。今までにアップロードした画像や、管理画面から更新したプラグイン、編集したテーマファイルなどもここにあります。サーバからローカルコンピュータ(あなたの PC)に全ての WordPressファイルをダウンロードするには、通常 FTP クライアントを使います。詳しい説明は「WordPress サイトのバックアップ」をお読みください。

WordPress のコアファイルに何らかの変更を加えている場合や、カスタマイズしたプラグインやテーマを使用している場合は、これらのファイルを正しくバックアップしてください。アップグレードを始める前にこれらのファイルをバックアップすることはとても大切です。この後の作業でサーバ上のファイルを誤って消してしまったり、何らかの理由で WordPress の「旧」バージョンに戻さなくてはならなくなったときに、バックアップしたファイルの再アップロードが必要になるかもしれないからです。

手順 3: バックアップの検証

バックアップが正しく作成され、使用可能であるかどうか検証してください。アップグレード作業の中で一番大切な手順です!

  • バックアップファイルがローカルコンピュータ(もしくは保存した他の場所)で見られるかどうか。
  • バックアップファイルのサブフォルダも開けるかどうか。
  • ファイルが zipファイルの中にある場合は、解凍できるかどうか。
  • テキストエディタ.sql ファイルを開き、DB のテーブルとデータの中身を見られるか。

手順 4: 全てのプラグインを無効化

管理画面プラグイン画面を開き、全てのプラグインを無効化してください。WordPress 本体が変わるので、プラグインによってはアップグレード処理と衝突する可能性があるからです。管理者メニューにアクセスできない場合は、プラグインフォルダをリセットすればすべてのプラグインを無効化できます。

手順 5: 上記 4 ステップを確実に完了させる

もし最初の4ステップがまだ終わっていなければ、ここでストップして、まず4ステップに従ってください。最初の4ステップが終わるまでアップグレードはしないで下さい。

アップグレード時の問題解決で頼りになるのは WordPressサポートフォーラムです。トラブルが起きてフォーラムで質問すると、フォーラムのボランティアの人達は、最初の4ステップを終わらせたかどうか尋ねてきますよ。

手順 6: WordPress パッケージをダウンロード・展開

http://wordpress.org/download/ (日本語版は http://ja.wordpress.org/ )から新バージョンの WordPressパッケージをダウンロードし、解凍します。

  • この後 FTP でリモートウェブサーバへ WordPress をアップロードするのであれば、ウェブブラウザで自分のコンピュータに WordPressパッケージをダウンロードし、解凍してください。
  • webサーバへ Shell でアクセスできて、コンソールベースのツールを使うことに抵抗がない場合は、WordPress を直接あなたの web サーバへダウンロードすることも可能です。wget、または lynx 等のコンソールベースの webブラウザが使用可能で、FTP を行ないたくない場合に利用できます。 パッケージを現在の WordPressディレクトリと同階層のディレクトリ(例えば "uploads" など)に置き、次に、gunzip -c wordpress-5.3.tar.gz | tar -xf - または tar -xzvf latest.tar.gz で解凍します。

WordPressパッケージは wordpress というフォルダの中に展開されます。

手順 7: 古い WordPress ファイルを削除

一部のファイルを除き、サーバ上にある旧バージョンの WordPress ファイルを削除します。(バックアップは取ってありますね?)

どうして削除するの? アップロード(または cPanel を使ったアップグレード)処理中に既存のファイルが正しく上書きされなかったり、不要な旧ファイルが残ったり、それが後で問題を生じさせたりすることがあるので、一般的に、可能なものは全て削除しておくほうが良いのです。

削除する/してはいけないファイル一覧

取り消し線が引かれたディレクトリ・ファイルは削除、それ以外は残します。必要なファイルを削除しないよう注意深く作業してください。

  • public_html/ (ドキュメントルートディレクトリ)
    • robots.txt -- 残す
    • .htaccess 注1
    • index.php 注1
    • wordpress ディレクトリ
      • wp-admin/ -- 削除 注2
      • wp-content/
        • cache/ -- 削除(2.0.x からアップグレードする場合にのみ存在)
        • languages/ -- 削除
        • plugins/
        • themes/
          • default/ (本体同梱デフォルトテーマ)新バージョンに差し替え
          • classic/ (本体同梱クラシックテーマ)新バージョンに差し替え
        • uploads/ -- アップロード画像
      • wp-images/ (1.5.x 以前から使っているときにのみ存在)
      • wp-includes/ -- 直下の languages/ が不要であればまるごと削除
        • languages/ (言語ファイルの古い置き場所 [3]) -- あえてここに置きたい場合はこれだけ残す。wp-content/languages/ に切り替えてよければ削除(次回のアップグレードから wp-includes/ ごと削除できるようになる)
      • .htaccess -- 残す(パーマリンクのカスタムルールを追加してある場合に存在)
      • wp-config.php -- 残す
      • index.php 以下全て削除 (注1')
      • license.txt
      • readme.html
      • wp-app.php
      • ...

注意

  • 注1 訪問者のアクセスをルートにしたまま WordPress ファイルを専用ディレクトリにまとめている場合、ドキュメントルートディレクトリに .htaccessindex.php がある。.htaccess は削除せずに残し、index.php は新バージョンで複製元ファイル(注1')に変更があれば作り直す。
  • 注2 セーフモード対応wp-admin/.htaccess を置いている場合、.htaccess のみ残し、wp-admin/ 下のその他のファイルは削除。
  • コンテンツ、カスタマイズしたプラグイン・テーマ -- 画像等のメディアファイル、ならびに、その他カスタマイズしたコンテンツやプラグイン等が wp-content ディレクトリ内にある場合は削除しないこと。
  • コアファイルのカスタマイズは、新バージョンでも必要かどうかを確認の上、必要であれば新バージョンのファイルを元に作り直してください。


どうやって削除するの? サーバからファイルを削除する方法はいくつかあります。FTP クライアントを使うこともできますし、もし使えるなら Telenet や SSH でもアクセスできます。ファイルやフォルダを削除するツールを用意しているホスティングプロバイダ(レンタルサーバ)もあります。

FTPを使って削除する場合
アップロード/en に使う FTP クライアントをファイルとフォルダの削除に使用できます。
空でないフォルダを削除できないときは、FTP クライアントのオプション設定をチェックしてください。空でないファイルを削除する権限を与えるオプションがあるはずです。空でないファイルの削除によって、WordPressの古いインストールを手早く完全に一掃できます。ファイルの削除が完了したら、安全上の理由から FTP の設定を元に戻すことをお勧めします(うっかりディレクトリごと削除してしまうことを防ぐため)。
Telenet や SSH を使って削除する場合
コマンドラインでログイン(telnet または SSH)できる場合は、以下のコマンドを使って、必要なファイルのバックアップコピーを作成したり、ディレクトリの中の WordPressファイル(と .htaccessファイル)「だけを」削除する事が出来ます。下記の cp コマンド以外にもカスタマイズしたファイルがある場合(例: index.php)は、そのファイルもコピーしてください。
  • mkdir backup
  • cp wp-config.php .htaccess backup
  • cp -R wp-content backup
  • rm wp*.php .htaccess license.txt readme.html xmlrpc.php
  • rm -rf wp-admin wp-includes
  • cp backup/wp-config.php .
  • アップグレードが終了した後、カスタマイズされたテンプレートやプラグインをバックアップディレクトリから復元(リストア)することができます。例えば、index.php をリストアするには cp backup/index.php . を使います。
SSH を使った別のやり方としては、
  1. まず、新たに別名で wordpressディレクトリを作り、wp-config.php および .htaccess、追加/変更したコンテンツファイルをその中にコピーします。
  2. 次に、旧ディレクトリの名前を変更(リネーム)して(退避させ)、新しいディレクトリをその場所に移動させます(=本番の wordpressディレクトリ名にリネーム)。

訳注: 最後の方法は、FTP のときにも応用すると、ファイルの削除する/しないに気を使わなくて済むので楽かと思います。

手順 8: 新ファイルをアップロード

ローカルコンピューターにあるアップグレード用の新ファイルを FTP を使って、サイトのサーバーにアップロードしてください。この際、手順7で残したファイルは上書きしないように注意します。FTPプログラムを使ってアップロードする時の詳しいガイドラインはUsing FileZillaUploading WordPress to a remote hostをご覧下さい。

注意: wp-content フォルダーを削除しなかった場合は、アップロード中にいくつかのファイルを上書きする必要があります。

wp-contentフォルダーにはWordPressのテーマとプラグインが含まれています。これらはそのままにしてください。それ以外のものを先に全てアップロードして、その後、新しいものや変更のあったWordPressのファイルだけを新しいwp-contentフォルダーにアップロードしてください。 デフォルトのプラグインの旧バージョンは新しいもので上書きしてください。

WordPressのデフォルトのテーマにも変更がありますので、wp-content/themes/defaultフォルダーにアップロードしてください。デフォルトのテーマをカスタマイズしている場合は、アップグレードした後で変更点を見直してインストールする必要があります。

手順 9: WordPress データベース・アップグレードプログラムを実行

Webブラウザで管理画面(wp-admin/)に行きます。WordPress がデータベースのアップグレードの要否をチェックして、必要であれば、次のリンクが表示されます。

This link will lead you to run the WordPress upgrade script by accessing wp-admin/upgrade.php. Follow the instructions presented on your screen.

Note: Make sure the database user name registered to WordPress has permission to create, modify, and delete database tables before you do this step. If you installed WordPress in the standard way, and nothing has changed since then, you are fine.

手動でアップグレードスクリプトを実行したい場合:

  • WordPressがルートディレクトリにインストールされている場合: http://example.com/wp-admin/upgrade.php
  • WordPressがblogという名前のサブディレクトリにインストールされている場合(例): http://example.com/blog/wp-admin/upgrade.php

もしもアップグレード後にログインできなくなったら、ブラウザの Cookie を削除してみてください。

管理画面 > 設定 > パーマリンク設定画面にて、パーマリンク構造を更新してください。必要であれば .htaccessファイルにカスタムルールを追加してください。パーマリンクと.htaccessファイルに関する詳細はパーマリンクの使い方をご覧下さい。

手順 11: 最新版のプラグインとテーマをインストール

WordPress の新バージョンに対応しているプラグインとテーマを確認するため、プラグイン互換性リストおよびテーマ互換性リスト、または、プラグイン・テーマの配布元サイトを参照してください。必要に応じて、使用しているプラグインやテーマの新バージョンをアップロード、インストールしましょう。

手順 12: プラグインを再び有効化

管理画面から、使用するプラグインを有効化してください。公式プラグインディレクトリのページで新しいバージョンの WordPress への対応情報がないプラグインは、一つずつ有効化し、問題がないかどうかテストしていってください。正しく動作するようなら、そのプラグインの公式ディレクトリ内ページでテスト結果をフィードバックするとよいでしょう。

手順 13: wp-config.php ファイルにセキュリティ・キーの定義を追加する

最新版の WordPress では、ユーザの Cookie に格納される情報をより強固な暗号化で守るため、AUTH_KEY および SECURE_AUTH_KEY、LOGGED_IN_KEY、NONCE_KEY という 4つのセキュリティ・キーを使います。

あなたのサーバから wp-config.php ファイルをダウンロードしてテキストエディタで開き、これらの定義が入っているか確認しましょう。行が見つからないか、値が初期値のままだったら、wp-config.php の編集の説明に従って行を追加/修正し、更新した wp-config.php ファイルを再びサーバへアップロードしてください。

手順 14: WordPress の変更点を見直す

WordPressの最新情報は以下の資料を参照してください。

Fantastico によるアップグレードの特記事項

バージョン2.2以前のバージョンからのアップグレードを Fantastico で行う場合、Fantastico は新しい wp-config.php を作成する時に、wp-config-sample.php を使用します。これによって、DB_CHARSET と DB_COLLATE という新しい2つの値が wp-config.php に書き込まれます。2.0.10や2.1.3などの2.2以前のバージョンから5.3にアップグレードする際には、この行は wp-config.php から削除する必要があります。DB_CHARSET と DB_COLLATE についての詳しい説明は wp-config.php の編集をご覧下さい。


トラブルシューティング

レイアウトの崩れやエラー 
ブログのレイアウトが崩れていたり、エラーメッセージが表示されている場合は、新コード上では動かない古いプラグインが犯人の可能性があります。WordPressの管理画面で、デフォルトのプラグイン以外のプラグインを全て無効化してください。その後、プラグインをひとつずつ有効化してください。
カスタマイズやハックをしましたか? 
その他のWordPressファイルを変更している場合は(WordPressを"ハックした" 場合)、自分が行った変更をきちんと把握しておくというのが前提です。編集したコードを新コードに書き写す必要があります。WordPress バージョンにリリースごとの変更ファイルの一覧があります。
旧コードを使い続けたい 
アップグレードは最新でベストなコードを提供します。どれだけたくさんカスタマイズをしていても、旧コードを使うとほとんど必ずと言っていいほど問題が生じます。変更を加えた旧コード使うという試みは悪くはないですが、エラーが生じる可能性は大きくなります。
旧バージョンに戻せますか? 
戻すことはできますが、最新バージョンから旧バージョンにロールバックする(バージョンを戻す)ことは通常お勧めできません。新バージョンはセキュリティアップデートが含まれることが多く、旧バージョンに戻すとサイトにセキュリティ上の問題を残す可能性があります。また、バージョン間のデータベース構造の変更のためにサイトのコンテンツ、記事、コメントなどを維持するのが難しくなったり、データベースに保存されている情報を利用しているプラグインに問題が生じたりします。それでも旧バージョンに戻したい場合は、自己責任で行ってください。アップグレードを試みる前にサイト全てのバックアップとデータベースのバックアップをしなければ、ロールバックはほぼ不可能だと思ってください。 wp-config.php以外の全てのWordPressファイルを削除し、バックアップしたファイルをサーバーにアップロード/enした後、バックアップファイルからデータベースを復元をしてください。ロールバックには正常に動作するバックアップが必ず必要です。WordPressのバージョンによってはロールバックできないこともあります。
もっと詳しく 
アップグレード後エラーが発生する場合は、トラブルシューティング: よくあるインストールトラブルや、トラブルシューティング/enCodex の「設置」カテゴリのページ/enをご覧下さい。探している答えが見つからない場合は、WordPress Suppport Forumsで質問の内容を詳しく投稿してください。その際、古いコードを使っていないか、使っているならそれを変更するように必ず勧められますので、質問する前に変更しておきましょう。

他言語版 WordPress

他言語版の最新バージョンについては 英語版Codex を参照。

最新英語版: WordPress Codex » Upgrading WordPress Extended最新版との差分

脚注

  1. バージョン一覧db_version が変更となっているバージョンでは、データベースの構造やデータの持ち方が変わるため、手順 9 で変換処理が行なわれます。旧バージョン用のデータベースに戻すにはバックアップファイルからの復元が必要です。
  2. plugins/widgets/ ディレクトリは、過去にSidebar Widgets(サイドバーウィジェット)プラグインをインストールしたことがある場合にのみ存在します。このプラグインのコードは WordPress 本体に組み込まれたウィジェット機能/en と競合して問題が起きます。
  3. バージョン 2.1 から、言語ファイルの標準の置き場所は wp-content/languages/ になりました。設定変更は不要で、言語ファイルの置き場所を変えるだけで自動的にそれが使われます。