当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

テンプレート:Query Tags

提供: WordPress Codex 日本語版
2013年10月27日 (日) 13:08時点におけるNao (トーク | 投稿記録)による版 (コード・ドキュメンテーション: 英語リンクを削除。)

移動先: 案内検索

記事

コード・ドキュメンテーション

  • クラス: WP_Query - WP_Query クラスの詳細な全容
  • オブジェクト: $wpdb - $wpdb オブジェクトの使い方全容
  • 関数: get_query_var()
  • 関数: query_posts() - 追加のカスタムクエリを作成
  • 関数: get_post() - 項目の ID を取得しデータベース内にあるその投稿のレコードを返す
  • 関数: get_posts() - 投稿の配列を返すことに特化した関数
  • 関数: get_pages() - ページの配列を返すことに特化した関数
  • 関数: have posts() - クエリが投稿を返すか否かを判断する条件関数
  • 関数: the_post() - クエリ後に自動的にループを設定する
  • 関数: rewind_posts() - 現状のループをリセットする
  • 関数: setup_postdata() - ループ内で個別の結果を得るためのクエリデータを設定する
  • 関数: wp_reset_postdata() - 直前のクエリを復元する (通常はループ内の別のループの後に用いられる)
  • 関数: wp_reset_query()
  • 関数: is_main_query() - 変更されるクエリがメインのクエリであることを確認する
  • アクションフック: pre_get_posts - WordPressクエリが実行される前に変更する
  • アクションフック: the_post - post クエリの後で post オブジェクトを変更する
  • フィルターフック: found_posts - WP_Query オブジェクトの found_posts 値を変更する

最新英語版: WordPress Codex » Template:Query_Tags最新版との差分