当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/wp trim excerpt

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2013年7月7日 (日) 19:36時点におけるDjkaz (トーク | 投稿記録)による版 (和訳完了。)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

必要に応じて投稿から抜粋を生成する関数。

抜粋の文字数は55単語であり、それを超えるものは' [...]'が付加される。もし文字数が55単語以下であった場合はそのまま表示される。

(注) 日本語のように語句の間を半角スペースで区切らない言語では「55単語」を判定できないため、抜粋できずに本文のほとんどが出力されてしまうことがあります。

WordPress 日本語版では、この問題を含むマルチバイト関連の問題に対処するために WP Multibyte Patch プラグインを同梱しています。このプラグインを使用すると、110文字まで(設定により変更可)を抜粋文として出力できます。

使い方

<?php wp_trim_excerpt( $text ) ?>

パラメータ

$text
文字列) (必須) 抜粋の文字列。もし抜粋が空に設定されていた場合は生成される。抜粋にテキストが入っていた場合はそのまま返される。その場合は短縮されない

The excerpt. If set to empty an excerpt is generated. If you supply text it will be returned untouched. It will not be shortened.

初期値: なし

戻り値

(string) 
抜粋の文字列。

用例


Notes

変更履歴

ソースファイル

wp_trim_excerpt()wp-includes/formatting.php にあります。

the_excerpt_rss

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp trim excerpt最新版との差分