当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/wp add id3 tag data

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2013年7月29日 (月) 22:27時点におけるDjkaz (トーク | 投稿記録)による版 (和訳完了。)

移動先: 案内検索

ファイルのメタデータに含まれる配列から、使用可能なID3V2、ID3v1、getID3データを取り出し、他の配列に入れ込む関数です。

  • コメントフィールド (ID3v1)
  • コメントフレーム (ID3v2)
  • 添付画像のMINE type、高さ、幅 (該当する場合)

パラメーター

&$metadata
Array) (必須) メタデータが入る配列。参照によって渡されます。
初期値: なし
$data
Array) (必須) ID3v2、ID3v1、getID3からのファイルメタデータ
初期値: なし

使い方

<?php wp_add_id3_tag_data( $metadata, $data ); ?> 

コード記述例

$metadata = array();
if ( ! class_exists( 'getID3' ) ) {
	require( ABSPATH . WPINC . '/ID3/class-getid3.php' );
}
$id3 = new getID3();
$data = $id3->analyze( $file );
wp_add_id3_tag_data( $metadata, $data );

変更履歴

ソースファイル

wp_add_id3_tag_data()wp-admin/includes/media.php にあります。

wp_read_video_metadata, wp_read_audio_metadata

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp add id3 tag data最新版との差分

この記事は翻訳時に編集が必要であるとマークされていました。その為Codex原文が大きく編集されている可能性があります。内容を確認される際は原文を参照していただき、可能であれば本項目へ反映させてください。よりよいCodexを作成するためのお手伝いをお願いします。