• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/wp update user」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(訳終わり)
 
(2人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
 +
== 説明<span id="Description"></span> ==
  
<div id="Description">
+
この関数はデータベース内の1件のユーザー情報を更新します。更新情報には配列としてユーザーメタ情報の複数の項目を含めることができますが、カスタムユーザーメタフィールドは更新しません。この関数が更新できるメタ情報は [[関数リファレンス/wp_insert_user|wp_insert_user()]] /[[:en:Function_Reference/wp_insert_user|en]] と同じです。
== 解説 ==
+
</div>
+
データベースのユーザーを更新します。
+
  
この関数は、データベース内の1つのユーザーを更新します。このアップデートでは、配列としてユーザメタデータの複数の部分を含めることができます。
+
ユーザーメタ情報の項目1つを更新するには、[[関数リファレンス/update_user_meta|update_user_meta()]] /[[:en:Function_Reference/update_user_meta|en]] を代わりに使ってください。
  
ユーザメタ情報の一部を更新する場合は、代わりに [[関数リファレンス/update_user_meta|update_user_meta()]] /[[:en:Function_Reference/update_user_meta|en]] を使用してください。
+
''新規''ユーザーを作成したり、パスワード変更メールを送らずに更新したりするには、[[関数リファレンス/wp_insert_user|wp_insert_user()]] /[[:en:Function_Reference/wp_insert_user|en]] を代わりに使ってください。
  
新規ユーザを作成する場合は、代わりに [[関数リファレンス/wp_insert_user|wp_insert_user()]] /[[:en:Function_Reference/wp_insert_user|en]]  を使用してください。
+
'''参考:''' 現在ログインしているユーザーのパスワードが更新されると、Cookie はクリアされます!
  
 +
=== 特記事項<span id="Special Note"></span> ===
  
: 現在ログインしているユーザのパスワードが更新された場合、Cookieはクリアされます。
+
<del>(バージョン3.6より前は) <tt>$userdata</tt> がキー 'ID' を含まなければ、新規ユーザーが作られてそのユーザー ID が返されます。</del> バージョン3.6以降、このようなことはありませんが、この動作は将来復活するかもしれません。[https://core.trac.wordpress.org/ticket/16731 チケット #16731] を見てください。
  
===特記事項===
+
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
  
<del>If <tt>$userdata</tt> does not contain an 'ID' key, then a new user will be created and the new user's ID will be returned.</del>
+
<?php wp_update_user( $userdata ) ?>
バージョン3.6以来、このようなことはありませんが、この動作は、将来的に復元することもできる。チケット[https://core.trac.wordpress.org/ticket/16731 ticket #16731]を参照してください。
+
  
 +
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
  
 +
{{Parameter|$userdata|mixed|ユーザー情報の配列、stdClass、[[クラスリファレンス/WP_User|WP_User]] オブジェクトのいずれか。}}
  
<div id="Usage">
+
== 戻り値<span id="Return Values"></span> ==
  
== 使い方 ==
+
; <tt>(mixed)</tt> : 成功するとユーザー ID を、それ以外の場合は [[クラスリファレンス/WP_Error|WP_Error]] オブジェクトを返します。
</div>
+
<pre>
+
&lt;?php wp_update_user( $userdata ) ?&gt;
+
</pre>
+
  
<div id="Parameters">
+
== 用例<span id="Examples"></span> ==
== パラメータ ==
+
</div>
+
{{Parameter|$userdata|配列|オブジェクト|ユーザー情報の配列または stdClass、または[[クラスリファレンス/WP_User|WP_User]] オブジェクト。}}
+
  
<div id="Return_Values">
+
以下の例はユーザープロフィールの項目「ウェブサイト」を更新する方法を示します:
  
== 戻り値 ==
 
</div>
 
; <tt>(整数|オブジェクト)</tt> : 更新に成功するとユーザIDを、失敗すると [[クラスリファレンス/WP_Error|WP_Error]] オブジェクトを返します。
 
<div id="Examples">
 
 
== 用例 ==
 
</div>
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
 
以下の例は、ユーザプロフィール項目の「ウェブサイト」を更新する方法を表しています。
 
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php
 
<?php
 
 
$user_id = 1;
 
$user_id = 1;
 
$website = 'http://wordpress.org';
 
$website = 'http://wordpress.org';
54行目: 37行目:
  
 
if ( is_wp_error( $user_id ) ) {
 
if ( is_wp_error( $user_id ) ) {
// There was an error, probably that user doesn't exist.
+
// エラー発生、おそらくユーザーが存在しなかった。
 
} else {
 
} else {
// Success!
+
// 成功!
 
}
 
}
 
</pre>
 
</pre>
  
 +
== 参考<span id="Notes"></span> ==
  
<div id="Notes">
+
=== 内部で使用する関数 ===
  
== 注 ==
+
* [[関数リファレンス/get_userdata|<tt>get_userdata()</tt>]] - 渡された ID からユーザーに紐づく情報のオブジェクトを返します。
</div>
+
* [[関数リファレンス/wp_hash_password|<tt>wp_hash_password()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_hash_password|<tt>en</tt>]]
以下は内部で使用している関数です。
+
* [[関数リファレンス/wp_insert_user|<tt>wp_insert_user()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_insert_user|<tt>en</tt>]] - ユーザーを更新したり、存在しない場合に作成するために使われます。
 +
* [[関数リファレンス/wp_get_current_user|<tt>wp_get_current_user()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_get_current_user|<tt>en</tt>]]
 +
* [[関数リファレンス/wp_clear_auth_cookie|<tt>wp_clear_auth_cookie()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_clear_auth_cookie|<tt>en</tt>]]
 +
* [[関数リファレンス/wp_set_auth_cookie|<tt>wp_set_auth_cookie()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_set_auth_cookie|<tt>en</tt>]]
  
* Uses: [[関数リファレンス/get_userdata|<tt>get_userdata()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/get_userdata|<tt>en</tt>]] - 渡されたIDからユーザーに紐づく情報のオブジェクトを返します。
+
=== 引数の詳細 ===
* Uses: [[関数リファレンス/wp_hash_password|<tt>wp_hash_password()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_hash_password|<tt>en</tt>]]
+
* Uses: [[関数リファレンス/wp_insert_user|<tt>wp_insert_user()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_insert_user|<tt>en</tt>]]  - ユーザーを更新したり、存在しない場合に作成するために使われます。
+
* Uses: [[関数リファレンス/wp_get_current_user|<tt>wp_get_current_user()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_get_current_user|<tt>en</tt>]]
+
* Uses: [[関数リファレンス/wp_clear_auth_cookie|<tt>wp_clear_auth_cookie()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_clear_auth_cookie|<tt>en</tt>]]
+
* Uses: [[関数リファレンス/wp_set_auth_cookie|<tt>wp_set_auth_cookie()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/wp_set_auth_cookie|<tt>en</tt>]]
+
  
 +
配列 <tt>$userdata</tt> には次の項目を含めることができます。
  
 
{| border="0" cellspacing="5" summary="User data array fields."
 
{| border="0" cellspacing="5" summary="User data array fields."
|+ <tt>$userdata</tt>配列には次の項目を含めることができます。
 
 
|-
 
|-
 
! style="font-weight:bold" | 項目名
 
! style="font-weight:bold" | 項目名
155行目: 137行目:
 
|}
 
|}
  
注: <tt>user_pass</tt> はWordPressにより自動的にハッシュ化されるため、プレーンテキストである必要があります。
+
'''注意:''' <tt>user_pass</tt> は WordPress により自動的にハッシュ化されるため、プレーンテキストである必要があります。
  
 +
'''注意:''' <tt>user_pass</tt> を更新するとユーザーへ通知メールが送られます。
  
 +
== 変更履歴<span id="Change_Log"></span> ==
  
<div id="Change_Log">
+
* [[Version_3.5|3.5.0]]: stdClass または [[クラスリファレンス/WP_User|WP_User]] オブジェクトを受け取るようになりました。
 +
* [[Version 2.0|2.0.0]]: 新規導入
  
== 改訂履歴 ==
+
== ソースファイル<span id="Source_File"></span> ==
</div>
+
2.0.0: 導入されました。
+
3.5.0: stdClassまたはWP_Userオブジェクトを受け取ります。
+
  
<div id="Source File">
+
<tt>wp_update_user()</tt> は {{Trac|wp-includes/user.php}} にあります。
  
== ソースファイル ==
+
== 関連項目<span id="Related"></span> ==
</div>
+
<!-- Need links to current source code files -->
+
<tt>wp_update_user()</tt>は<tt>wp-includes/registration.php</tt>にあります。
+
 
+
<div id="Related">
+
== 関連情報 ==
+
</div>
+
  
 +
[[関数リファレンス/wp_insert_user|wp_insert_user()]], [[関数リファレンス/wp_create_user|wp_create_user()]]<br />
 
{{Current User Tags}}
 
{{Current User Tags}}
 +
, [[関数リファレンス/get_user_meta|get_user_meta()]] /[[:en:Function Reference/get_user_meta|en]]
  
<!--
+
{{Tag Footer}}
    To Do:
+
    Need to find related functions.
+
    Need to create groups of functions and create templates to add them to a page quickly.
+
    Some functions may be related to many groups of functions.
+
-->
+
  
{{原文|Function_Reference/wp_update_user|151538}} <!-- 01:09, 12 May 2015‎ Miccweb 版 -->
+
{{原文|Function_Reference/wp_update_user|158132}} <!-- 21:27, 22 August 2016 Bcole808 版 -->
  
 +
{{DEFAULTSORT:Wp_update_user}}
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:wp2.0]]
 
[[Category:wp2.0]]
 
[[Category:wp3.5]]
 
[[Category:wp3.5]]
 +
 +
[[en:Function Reference/wp_update_user]]
 +
[[ko:Function Reference/wp_update_user]]

2017年5月5日 (金) 17:44時点における最新版

説明

この関数はデータベース内の1件のユーザー情報を更新します。更新情報には配列としてユーザーメタ情報の複数の項目を含めることができますが、カスタムユーザーメタフィールドは更新しません。この関数が更新できるメタ情報は wp_insert_user() /en と同じです。

ユーザーメタ情報の項目1つを更新するには、update_user_meta() /en を代わりに使ってください。

新規ユーザーを作成したり、パスワード変更メールを送らずに更新したりするには、wp_insert_user() /en を代わりに使ってください。

参考: 現在ログインしているユーザーのパスワードが更新されると、Cookie はクリアされます!

特記事項

(バージョン3.6より前は) $userdata がキー 'ID' を含まなければ、新規ユーザーが作られてそのユーザー ID が返されます。 バージョン3.6以降、このようなことはありませんが、この動作は将来復活するかもしれません。チケット #16731 を見てください。

使い方

<?php wp_update_user( $userdata ) ?>

パラメータ

$userdata
mixed) (必須) ユーザー情報の配列、stdClass、WP_User オブジェクトのいずれか。
初期値: なし

戻り値

(mixed) 
成功するとユーザー ID を、それ以外の場合は WP_Error オブジェクトを返します。

用例

以下の例はユーザープロフィールの項目「ウェブサイト」を更新する方法を示します:

<?php
$user_id = 1;
$website = 'http://wordpress.org';

$user_id = wp_update_user( array( 'ID' => $user_id, 'user_url' => $website ) );

if ( is_wp_error( $user_id ) ) {
	// エラー発生、おそらくユーザーが存在しなかった。
} else {
	// 成功!
}		

参考

内部で使用する関数

引数の詳細

配列 $userdata には次の項目を含めることができます。

項目名 項目内容 関連フィルタ
ID 更新するユーザのユーザID (none)
user_pass プレーンテキストパスワード pre_user_pass
user_login ログインするためのユーザーのユーザー名を含む文字列。WordPressはユーザー名を変更することはできませんので、関数はこのフィールドを変更することはできない点に、ご注意ください。 pre_user_login
user_nicename URLに含まれる文字列。デフォルトは'user_login'の値 pre_user_nicename
user_url WebサイトのURL pre_user_url
user_email メールアドレス pre_user_email
display_name サイトに表示される文字列。デフォルトは'user_login'の値 pre_user_display_name
nickname ニックネーム。デフォルトは'user_login'の値 pre_user_nickname
first_name pre_user_first_name
last_name pre_user_last_name
description ユーザに関する説明 pre_user_description
rich_editing リッチエディタ使用の有効・無効を設定。空でない場合はFalse (none)
user_registered ユーザ情報の登録日時(形式:Y-m-d H:i:s) (none)
role ユーザ権限を設定するための文字列 (none)
jabber Jabber アカウント (none)
aim AOL IM アカウント (none)
yim Yahoo IM アカウント (none)
show_admin_bar_front フロントエンドに管理バーを表示する (none)

注意: user_pass は WordPress により自動的にハッシュ化されるため、プレーンテキストである必要があります。

注意: user_pass を更新するとユーザーへ通知メールが送られます。

変更履歴

  • 3.5.0: stdClass または WP_User オブジェクトを受け取るようになりました。
  • 2.0.0: 新規導入

ソースファイル

wp_update_user()wp-includes/user.php にあります。

関連項目

wp_insert_user(), wp_create_user()
カレントユーザー関数: get_current_user_id()/ en, get_currentuserinfo(), wp_get_current_user()/ en, wp_set_current_user(), current_user_can(), current_user_can_for_blog()/ en , get_user_meta() /en


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/wp_update_user最新版との差分