当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/wp unslash」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(英語版をコピペ)
 
(和訳完了。)
1行目: 1行目:
==Description==
+
{{Copyedit}}
  
Remove slashes from a string or array of strings.
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
 +
配列または文字列からスラッシュ <tt>"/"</tt> を削除する関数です。
  
This should be used to remove slashes from data passed to core API that expects data to be unslashed. Use this instead of <tt>[[Function_Reference/stripslashes_deep | stripslashes_deep()]]</tt>.
+
この関数は、スラッシュが入っていないデータを必要とするコア API 向けのデータを用意する時に使われるものです。
 +
<tt>[[Function_Reference/stripslashes_deep | stripslashes_deep()]]</tt> の代わりに使ってください。
  
== Usage ==
+
<div id="Parameters">
%%% <?php wp_unslash( $value ); ?> %%%
+
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
{{Parameter|$value| array または string|スラッシュを削除する配列または文字列}}
  
== Parameters ==
 
  
{{Parameter|$value|string&#124;array|String or array of strings to unslash.}}
+
<div id="Return">
 +
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
{{Return|| array または string |スラッシュが削除された値 (<tt>$value</tt>)}}
  
== Return ==
+
<div id="Usage">
 +
== 使用法 ==
 +
</div>
 +
<?php wp_unslash( $value ); ?>
  
{{Return||string&#124;array|Unslashed <tt>$value</tt>.}}
+
<div id="Example">
 +
== 使用例 ==
 +
</div>
 +
この関数は [[Function_Reference/stripslashes_deep|stripslashes_deep()]] の代わりに用いることができます。
 +
この関数は再帰的なものであるため、配列に対して用いる場合、全てのサブ配列からもスラッシュを削除します。
  
== Example ==
 
This function can be used in replacement of [[Function_Reference/stripslashes_deep|stripslashes_deep()]] and . It is a recursive function and so, when an array is given, it will remove slashes in all sub-arrays too.
 
 
<pre>
 
<pre>
 
$arr = array(
 
$arr = array(
25行目: 38行目:
  
 
$arr = wp_unslash( $arr );
 
$arr = wp_unslash( $arr );
 +
 
/*
 
/*
  Outputs:  
+
  出力結果は以下:  
 
  array(
 
  array(
 
       "Is your name O'reilly?",
 
       "Is your name O'reilly?",
34行目: 48行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
== Change Log ==
+
<div id="Change Log">
* Since: [[Version 3.6|3.6.0]]
+
== 改訂履歴 ==
 +
</div>
 +
* [[Version 3.6|3.6.0]] にて導入されました。
  
== Source File ==
+
<div id="Source File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
<tt>wp_unslash()</tt> は {{Trac|wp-includes/formatting.php}} にあります。
  
<tt>wp_unslash()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/formatting.php}}.
+
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
 +
{{Slash Tags}}
 +
{{Tag Footer}}
  
== Related ==
 
  
{{Slash Tags}}
+
{{原文|Function Reference/wp unslash|134393}}<!--  03:34, 11 August 2013 Djkaz 版 -->
  
{{Tag Footer}}
 
  
 
[[Category:Functions]]
 
[[Category:Functions]]
 
{{Copyedit}}
 

2013年8月11日 (日) 12:35時点における版

この記事は翻訳時に編集が必要であるとマークされていました。その為Codex原文が大きく編集されている可能性があります。内容を確認される際は原文を参照していただき、可能であれば本項目へ反映させてください。よりよいCodexを作成するためのお手伝いをお願いします。

配列または文字列からスラッシュ "/" を削除する関数です。

この関数は、スラッシュが入っていないデータを必要とするコア API 向けのデータを用意する時に使われるものです。 stripslashes_deep() の代わりに使ってください。

パラメータ

$value
array または string) (必須) スラッシュを削除する配列または文字列
初期値: なし


戻り値

( array または string ) 
スラッシュが削除された値 ($value)

使用法

<?php wp_unslash( $value ); ?>

使用例

この関数は stripslashes_deep() の代わりに用いることができます。 この関数は再帰的なものであるため、配列に対して用いる場合、全てのサブ配列からもスラッシュを削除します。

$arr = array(
        "Is your name O\'reilly?",
        "Person\'s Assets"
       };

$arr = wp_unslash( $arr );

/*
 出力結果は以下: 
 array(
      "Is your name O'reilly?",
      "Person's Assets"
 };
*/

改訂履歴

  • 3.6.0 にて導入されました。

ソースファイル

wp_unslash()wp-includes/formatting.php にあります。

スラッシュ関連の関数: wp_slash(), wp_unslash(), stripslashes_deep(), addslashes_gpc()

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp unslash最新版との差分