• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/wp register style」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(パラメータ節の冒頭見出しまで和訳。)
(パラメータ: パラメータのみ翻訳)
 
13行目: 13行目:
 
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
 
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
  
{{Parameter|$handle|string|Name of the stylesheet (which should be unique as it is used to identify the script in the whole system).}}
+
{{Parameter|$handle|文字列|スタイルシートの名称(これは全システムのなかでスクリプトを識別するために用いられるため、一意であるべきです。)}}
  
{{Parameter|$src|string|URL to the stylesheet. Example: <nowiki>'http://example.com/css/mystyle.css'</nowiki>. You should never hardcode URLs to local styles, use <tt>[[関数リファレンス/plugins_url | plugins_url()]]</tt> (for Plugins) and <tt>[[関数リファレンス/get_template_directory_uri | get_template_directory_uri()]]</tt> (for Themes) to get a proper URL.  Remote assets can be specified with a protocol-agnostic URL, i.e. '//otherdomain.com/css/theirstyle.css'.}}
+
{{Parameter|$src|文字列|スタイルシートのURL。 例: <nowiki>'http://example.com/css/mystyle.css'</nowiki>. あなたは、ローカルなスタイルをハードコードするべきではありません。 例えば: <tt>[[関数リファレンス/plugins_url | plugins_url()]]</tt> (プラグインの場合) または <tt>[[関数リファレンス/get_template_directory_uri | get_template_directory_uri()]]</tt> (テーマの場合) を用いて、適切なURLを取得できます。リモートの要素はプロトコルに依存しないURLで記述できます。つまり、 '//otherdomain.com/css/theirstyle.css' といった形式です。}}
  
{{Parameter|$deps|array|Array of handles of any stylesheets that this stylesheet depends on. Dependent stylesheets will be loaded before this stylesheet.|optional|array()}}
+
{{Parameter|$deps|array|このスタイルシートが依存する他のスタイルシートのハンドル配列、つまり、このスタイルシートより前に読み込まれる必要があるスタイルシート。依存関係がない場合は空の配列を指定。|オプション|<tt>array()</tt>}}
  
{{Parameter|$ver|string&#124;boolean|String specifying the stylesheet version number, if it has one. This parameter is used to ensure that the correct version is sent to the client regardless of caching, and so should be included if a version number is available and makes sense for the stylesheet. The version is appended to the stylesheet URL as a query string, such as  <tt>?ver&#61;3.5.1</tt>. By default, or if <tt>false</tt>, the WordPress version string is used. If <tt>null</tt> nothing is appended to the URL.|optional|false}}
+
{{Parameter|$ver|文字列&#124;真偽値|スタイルシートのバージョン番号を指定する文字列 (存在する場合) 。このパラメータはキャッシングに関わらず正しいバージョンがクライアントに送信されるようにするために使います。したがって、バージョン番号があってそれがスタイルシートに意味を持つ場合は含めるべきであす。バージョンは、クエリ文字列としてスタイルシートURLに、例えば <tt>?ver&#61;3.5.1</tt>のように追加されます。初期値または<tt>false</tt>の場合、WordPressのバージョン文字列が使われます。もしも<tt>null</tt>の場合、URLに追加しなくなります。|optional|false}}
  
{{Parameter|$media|string|String specifying the media for which this stylesheet has been defined. Examples: '<tt>all</tt>', '<tt>screen</tt>', '<tt>handheld</tt>', '<tt>print</tt>'. See this [http://www.w3.org/TR/CSS2/media.html#media-types list] for the full range of valid CSS-media-types.|optional|'all'}}
+
{{Parameter|$media|文字列&#124;真偽値|スタイルシートが定義されているメディアを指定する文字列。例: '<tt>all</tt>''<tt>screen</tt>''<tt>handheld</tt>''<tt>print</tt>'。有効な CSS-media-types の全容については[http://www.w3.org/TR/CSS2/media.html#media-types こちらの一覧]を参照してください。|オプション|<tt>'all'</tt>}}
  
 
== Return Values ==
 
== Return Values ==

2018年6月8日 (金) 08:59時点における最新版

このページ「関数リファレンス/wp register style」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

説明

後で wp_enqueue_style() に渡すために、CSS スタイルファイルを安全に登録します。

使い方

<?php wp_register_style( $handle, $src, $deps, $ver, $media ); ?>

重要: アクション wp_enqueue_scripts /en を使ってこの関数を呼び出してください。 アクションではないところから呼び出すと問題を引き起こす場合があります。詳しくは Trac チケット #17916 を見てください。

パラメータ

$handle
文字列) (必須) スタイルシートの名称(これは全システムのなかでスクリプトを識別するために用いられるため、一意であるべきです。)
初期値: なし
$src
文字列) (必須) スタイルシートのURL。 例: 'http://example.com/css/mystyle.css'. あなたは、ローカルなスタイルをハードコードするべきではありません。 例えば: plugins_url() (プラグインの場合) または get_template_directory_uri() (テーマの場合) を用いて、適切なURLを取得できます。リモートの要素はプロトコルに依存しないURLで記述できます。つまり、 '//otherdomain.com/css/theirstyle.css' といった形式です。
初期値: なし
$deps
array) (オプション) このスタイルシートが依存する他のスタイルシートのハンドル配列、つまり、このスタイルシートより前に読み込まれる必要があるスタイルシート。依存関係がない場合は空の配列を指定。
初期値: array()
$ver
文字列|真偽値) (optional) スタイルシートのバージョン番号を指定する文字列 (存在する場合) 。このパラメータはキャッシングに関わらず正しいバージョンがクライアントに送信されるようにするために使います。したがって、バージョン番号があってそれがスタイルシートに意味を持つ場合は含めるべきであす。バージョンは、クエリ文字列としてスタイルシートURLに、例えば ?ver=3.5.1のように追加されます。初期値またはfalseの場合、WordPressのバージョン文字列が使われます。もしもnullの場合、URLに追加しなくなります。
初期値: false
$media
文字列|真偽値) (オプション) スタイルシートが定義されているメディアを指定する文字列。例: 'all'、'screen'、'handheld'、'print'。有効な CSS-media-types の全容についてはこちらの一覧を参照してください。
初期値: 'all'

Return Values

(bool)
Whether the style has been registered. True on success, false on failure.

Examples

In a Plugin (outside a PHP class)

// Register style sheet.
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'register_plugin_styles' );

/**
 * Register style sheet.
 */
function register_plugin_styles() {
	wp_register_style( 'my-plugin', plugins_url( 'my-plugin/css/plugin.css' ) );
	wp_enqueue_style( 'my-plugin' );
}
  • Assumes the Plugin directory is named 'my-plugin'.
  • Assumes the Plugin style sheet is named 'plugin.css'.

In a Plugin (inside a PHP class)

class my_plugin {

	/**
	 * @TODO Add class constructor description.
	 */
	function __construct() {
		// Register style sheet.
		add_action( 'wp_enqueue_scripts', array( $this, 'register_plugin_styles' ) );
	}

	/**
	 * Register and enqueue style sheet.
	 */
	public function register_plugin_styles() {
		wp_register_style( 'my-plugin', plugins_url( 'my-plugin/css/plugin.css' ) );
		wp_enqueue_style( 'my-plugin' );
	}
}
  • Assumes the Plugin class name is 'my_plugin'.
  • Assumes the Plugin directory is named 'my-plugin'.
  • Assumes the Plugin style sheet is named 'plugin.css'.

Notes

Change Log

  • Since: 2.1 (BackPress version: r79)

Source File

wp_register_style() is located in wp-includes/functions.wp-styles.php.

Resources

Related




関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp register style最新版との差分

最新英語版: Reference / Functions / wp_register_style()