• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/wp kses post」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(新規追加)
(相違点なし)

2015年6月16日 (火) 09:26時点における版

説明

投稿コンテンツの許可されたHTMLタグのコンテンツをサニタイズ(無害化)します。

投稿内容は、フォームからの'post'タイプのページの内容ではなく、$_POST データを指します。


使い方

<?php wp_kses_post( $data ); ?>

パラメータ

$data
文字列) (required) フィルターする投稿コンテンツ
初期値: なし

戻り値

(文字列) 
許可されたHTMLタグで、そのままの属性の、フィルタリングされた投稿コンテンツ。

更新履歴

新規導入: 2.9

ソースファイル

wp_kses_post()wp-includes/kses.phpにあります。

関連


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp_kses_post最新版との差分