当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/wp get post revision

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2018年4月29日 (日) 10:16時点におけるGblsm (トーク | 投稿記録)による版 (関連項目: 誤記訂正)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

この項目「関数リファレンス/wp get post revision」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

説明

投稿リビジョンを取得します。

使い方

<?php wp_get_post_revision( $post, $output, $filter ); ?>

パラメータ

$post
整数|オブジェクト) (必須) 取得したい投稿リビジョンの ID または WP_Post オブジェクト。
初期値: なし
$output
文字列) (オプション) 戻り値のタイプ。OBJECT, ARRAY_A, or ARRAY_N のいずれか。それぞれ WP_Post オブジェクト、連想配列、インデックスが数値の配列に対応。
初期値: 'OBJECT'
$filter
文字列) (オプション) 無害化フィルター。sanitize_post() /en を見てください。
初期値: 'raw'

戻り値

(オブジェクト|配列|null) 
成功するとリビジョンの WP_Post オブジェクトまたは配列を、失敗(リビジョンが存在しない)すると null を返します。

用例

参考

  • get_post() を使ってリビジョン(投稿)を取得します。

変更履歴

新規導入: 2.6

ソースファイル

wp_get_post_revision()wp-includes/revision.php にあります。

関連項目


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: Reference / Functions / wp_get_post_revision()