当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/wp get post categories

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2014年8月17日 (日) 21:55時点におけるGblsm (トーク | 投稿記録)による版 (en:Function Reference/wp_get_post_categories 18:40, 30 November 2013 Mistercat 版を和訳。)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

この関数 wp_get_post_categories() は投稿に付けられたカテゴリーのリストを取得します。

テーマプラグインの内部で使う互換性維持用レイヤーです。 またタクソノミーの複雑さを避けて簡単に使えるようにする抽象化レイヤーでもあります。

使い方

<?php wp_get_post_categories( $post_id, $args ); ?>

パラメータ

$post_id
整数) (オプション) 投稿 ID
初期値: 0
$args
配列) (オプション) デフォルトを上書きする引数。
初期値: 配列

$args のデフォルトは次のとおりです:

$defaults = array( 'fields' => 'ids' );

戻り値

(配列) 
カテゴリー ID のリストが入った配列。

用例

下記の例はカテゴリーを取得する方法と、各カテゴリーの追加情報を取得する方法を示します。

$post_categories = wp_get_post_categories( $post_id );
$cats = array();
	
foreach( $post_categories as $c ){
	$cat = get_category( $c );
	$cats[] = array( 'name' => $cat->name, 'slug' => $cat->slug );
}

参考

変更履歴

バージョン 2.1.0 にて導入されました。

ソースファイル

wp_get_post_categories()wp-includes/post.php にあります。


カテゴリータグ: the_category(), the_category_rss(), single_cat_title(), category_description(), wp_dropdown_categories(), wp_list_categories(), get_the_category(), get_the_category_by_ID(), get_category_by_slug(), get_the_category_list(), get_category_parents(), get_category_link(), is_category(), in_category() , wp_get_object_terms()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp_get_post_categories最新版との差分