当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/wp create user」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(残りを和訳。クリーンアップ。)
 
1行目: 1行目:
<div id="Description">
+
== 説明<span id="Description"></span> ==
== 解説 ==
+
</div>
+
  
[[関数リファレンス/wp_create_user|wp_create_user]]関数はWordPressのデータベースに新しいユーザを登録することを可能にします。この関数は変数をエスケープするために$wpdbクラスを使い、データベース挿入の前にプリペアド・ステートメントを適用します。したがって、これらの値から配列を作成するために、[http://php.net/compact PHP compact()]関数が使われます。To create a user with additional parameters, use [[関数リファレンス/wp_insert_user|wp_insert_user()]]/[[:en:Function_Reference/wp_insert_user|en]].
+
関数 [[関数リファレンス/wp_create_user|wp_create_user()]] を使えば WordPress のデータベースへ新しいユーザーを登録できます。この関数は変数の値をデータベースへ挿入する準備として、$wpdb クラスを使ってエスケープします。そして [http://php.net/compact PHP compact()] 関数を使って、それらの値から配列を作ります。追加のパラメーターを指定してユーザーを登録するには、[[関数リファレンス/wp_insert_user|wp_insert_user()]] を使ってください。
  
<div id="Usage">
+
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
== 使用法 ==
+
</div>
+
  
<pre>
+
<?php wp_create_user( $username, $password, $email ); ?>
&lt;?php wp_create_user( $username, $password, $email ); ?&gt;
+
</pre>
+
  
<div id="Example">
+
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
== 使用例 ==
+
 
</div>
+
{{Parameter|$username|文字列|作成するユーザーのユーザー名。}}
wp-admin/upgrade-functions.phpで使われている例を挙げます:
+
{{Parameter|$password|文字列|作成するユーザーのパスワード。}}
 +
{{Parameter|$email|文字列|作成するユーザーのメールアドレス。|オプション|空文字列}}
 +
 
 +
== 戻り値<span id="Returns"></span> ==
 +
 
 +
成功すると、作成されたユーザーの ID を返します。
 +
 
 +
失敗すると(ユーザー名またはメールアドレスが既に登録済み)以下の値とメッセージのいずれかを持つ [[クラスリファレンス/WP_Error|WP_Error オブジェクト]] を返します。
 +
* ''empty_user_login'', ログイン名が入力されていないため、ユーザーを作成できませんでした。<!-- Cannot create a user with an empty login name. -->
 +
* ''existing_user_login'', このユーザー名はすでに登録されています。<!-- This username is already registered. -->
 +
* ''existing_user_email'', このメールアドレスはすでに登録されています。<!-- This email address is already registered. -->
 +
 
 +
== 用例<span id="Examples"></span> ==
 +
 
 +
<tt>wp-admin/includes/upgrade.php</tt> での使用例を示します:
  
 
<pre>
 
<pre>
$user_id = username_exists( $user_name );
+
$user_id = username_exists($user_name);
if ( !$user_id and email_exists($user_email) == false ) {
+
$user_password = trim($user_password);
$random_password = wp_generate_password( $length=12, $include_standard_special_chars=false );
+
$email_password = false;
$user_id = wp_create_user( $user_name, $random_password, $user_email );
+
if ( !$user_id && empty($user_password) ) {
 +
$user_password = wp_generate_password( 12, false );
 +
$message = __('<strong><em>Note that password</em></strong> carefully! It is a <em>random</em> password that was generated just for you.');
 +
$user_id = wp_create_user($user_name, $user_password, $user_email);
 +
update_user_option($user_id, 'default_password_nag', true, true);
 +
$email_password = true;
 +
} elseif ( ! $user_id ) {
 +
// Password has been provided
 +
$message = '<em>'.__('Your chosen password.').'</em>';
 +
$user_id = wp_create_user($user_name, $user_password, $user_email);
 
} else {
 
} else {
$random_password = __('User already exists. Password inherited.');
+
$message = __('User already exists. Password inherited.');
 
}
 
}
 
</pre>
 
</pre>
  
<div id="Parameters">
+
== 参考<span id="Notes"></span> ==
== パラメータ ==
+
</div>
+
{{Parameter|$username|string|作成されるユーザ名です}}
+
{{Parameter|$password|string|作成されるユーザーのパスワードです}}
+
{{Parameter|$email|string|作成されるユーザーのemailです。|optional}}
+
  
<div id="Returns">
+
== 変更履歴<span id="Change_Log"></span> ==
== 戻り値 ==
+
</div>
+
成功時に作成されたユーザーのIDを返します。
+
In case of failure (username or email already exists) the function returns an [[クラスリファレンス/WP_Error|error object]], with these possible values and messages;
+
* ''empty_user_login'', Cannot create a user with an empty login name.
+
* ''existing_user_login'', This username is already registered.
+
* ''existing_user_email'', This email address is already registered.
+
  
== ソースファイル ==
+
新規導入: 2.0.0
<tt>wp_create_user()</tt> は {{Trac|wp-includes/user.php}} にあります.
+
 
 +
== ソースファイル<span id="Source_File"></span> ==
 +
 
 +
<tt>wp_create_user()</tt> は {{Trac|wp-includes/user.php}} にあります。
 +
 
 +
== 関連項目<span id="Related"></span> ==
 +
 
 +
[[関数リファレンス/wp_insert_user|wp_insert_user()]], [[関数リファレンス/wp_update_user|wp_update_user()]]
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Function_Reference/wp_create_user|}}
+
{{原文|Function_Reference/wp_create_user|151780}} <!-- 16:13, 24 May 2015 Hnle 版 -->
  
 +
{{DEFAULTSORT:Wp_create_user}}
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:関数]]
 
  
 
[[en:Function_Reference/wp_create_user]]
 
[[en:Function_Reference/wp_create_user]]

2017年5月5日 (金) 16:24時点における最新版

説明

関数 wp_create_user() を使えば WordPress のデータベースへ新しいユーザーを登録できます。この関数は変数の値をデータベースへ挿入する準備として、$wpdb クラスを使ってエスケープします。そして PHP の compact() 関数を使って、それらの値から配列を作ります。追加のパラメーターを指定してユーザーを登録するには、wp_insert_user() を使ってください。

使い方

<?php wp_create_user( $username, $password, $email ); ?>

パラメータ

$username
文字列) (必須) 作成するユーザーのユーザー名。
初期値: なし
$password
文字列) (必須) 作成するユーザーのパスワード。
初期値: なし
$email
文字列) (オプション) 作成するユーザーのメールアドレス。
初期値: 空文字列

戻り値

成功すると、作成されたユーザーの ID を返します。

失敗すると(ユーザー名またはメールアドレスが既に登録済み)以下の値とメッセージのいずれかを持つ WP_Error オブジェクト を返します。

  • empty_user_login, ログイン名が入力されていないため、ユーザーを作成できませんでした。
  • existing_user_login, このユーザー名はすでに登録されています。
  • existing_user_email, このメールアドレスはすでに登録されています。

用例

wp-admin/includes/upgrade.php での使用例を示します:

$user_id = username_exists($user_name);
$user_password = trim($user_password);
$email_password = false;
if ( !$user_id && empty($user_password) ) {
	$user_password = wp_generate_password( 12, false );
	$message = __('<strong><em>Note that password</em></strong> carefully! It is a <em>random</em> password that was generated just for you.');
	$user_id = wp_create_user($user_name, $user_password, $user_email);
	update_user_option($user_id, 'default_password_nag', true, true);
	$email_password = true;
} elseif ( ! $user_id ) {
	// Password has been provided
	$message = '<em>'.__('Your chosen password.').'</em>';
	$user_id = wp_create_user($user_name, $user_password, $user_email);
} else {
	$message = __('User already exists. Password inherited.');
}

参考

変更履歴

新規導入: 2.0.0

ソースファイル

wp_create_user()wp-includes/user.php にあります。

関連項目

wp_insert_user(), wp_update_user()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/wp_create_user最新版との差分