当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/wp create category

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2014年8月17日 (日) 13:39時点におけるGblsm (トーク | 投稿記録)による版 (en:Function_Reference/wp_create_category 18:38, 17 November 2013 Mistercat 版を反映して残りを和訳。)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

説明

この関数は、カテゴリー名と(オプションで)親カテゴリーを指定して「シンプルな」カテゴリーを作成します。

使い方

<?php wp_create_category( $cat_name, $parent ); ?>

パラメータ

$cat_name
文字列) (必須) 作成するカテゴリー名
初期値: なし
$parent
整数) (オプション) 親カテゴリーのカテゴリー ID
初期値: なし

戻り値

(真偽値) 
カテゴリーの作成に失敗した場合は 0 (false) を返します。カテゴリーが作成された場合は、作成されたカテゴリー ID を返します。

用例

簡単にカテゴリーを作成するには:

wp_create_category( 'My category name' );

「Uncategorized」カテゴリー(カテゴリー ID が 0 のカテゴリー)の子カテゴリーとして作成するには:

wp_create_category( 'Child of Uncategorized', 0 );

作成した新規カテゴリーのカテゴリー ID を変数に代入するには:

$id = wp_create_category( 'Child of Uncategorized', 0 );

  • wp_create_category()wp_insert_category() に対するラッパー関数です。
  • シンプルさを目的としたラッパー関数のため、複雑なカスタムのタクソノミー要素を作成するのには向いていません。
  • カテゴリーが既にある場合は、複製されず、以前からあったカテゴリーの ID を返します。

ソースファイル

wp_create_category()wp-admin/includes/taxonomy.php に含まれています。

関連

カテゴリータグ: the_category(), the_category_rss(), single_cat_title(), category_description(), wp_dropdown_categories(), wp_list_categories(), get_the_category(), get_the_category_by_ID(), get_category_by_slug(), get_the_category_list(), get_category_parents(), get_category_link(), is_category(), in_category() , wp_insert_category()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp_create_category最新版との差分