当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/wp auth check load」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(英語版をコピペ。)
 
(和訳完了。)
3行目: 3行目:
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
 +
ユーザーがログインしているか否かを確認するために、 auth check をロードする関数です。
 +
<tt>remove_action( 'admin_enqueue_scripts', 'wp_auth_check_load' );</tt> を用いることで、無効化することができます。
 +
 +
ログイン画面が不便な邪魔となる時などのために無効化することがができます。きめ細かいコントロールのために、フィルターから <tt>wp_auth_check_load</tt> を呼び出すことが可能です。
  
 
<div id="Parameters">
 
<div id="Parameters">
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
 
</div>
 
</div>
{{Parameter|$var|TYPE|Description.}}
+
{{Parameter|$var|TYPE|説明がここに}}
{{Parameter|$var|TYPE|Description.|optional|DEFAULT}}
+
{{Parameter|$var|TYPE|Description.|optional|説明がここに}}
  
 
<div id="Return">
 
<div id="Return">
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
 
</div>
 
</div>
{{Return||TYPE|Description.}}
+
{{Return||TYPE|説明がここに}}
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
23行目: 27行目:
 
== 使用例 ==
 
== 使用例 ==
 
</div>
 
</div>
Description text
+
''説明文''
 
<pre>
 
<pre>
Example code
+
サンプルコードがここ
 
</pre>
 
</pre>
  
37行目: 41行目:
 
</div>
 
</div>
 
<!-- Need links to current source code files -->
 
<!-- Need links to current source code files -->
<tt>wp_auth_check_load()</tt> is located in {{Trac|wp-whatever/file.php}}.
+
<tt>wp_auth_check_load()</tt> {{Trac|wp-includes/functions.php}} にあります。
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
45行目: 49行目:
  
  
{{原文|Function Reference/wp is writable|134404}}<!-- 08:13, 11 August 2013 Djkaz 版 -->
+
{{原文|Function Reference/wp is writable|134405}}<!-- 08:32, 11 August 2013 Djkaz 版 -->
  
  
 
[[Category:Functions]]
 
[[Category:Functions]]

2013年8月11日 (日) 17:33時点における版

この記事は翻訳時に編集が必要であるとマークされていました。その為Codex原文が大きく編集されている可能性があります。内容を確認される際は原文を参照していただき、可能であれば本項目へ反映させてください。よりよいCodexを作成するためのお手伝いをお願いします。

ユーザーがログインしているか否かを確認するために、 auth check をロードする関数です。 remove_action( 'admin_enqueue_scripts', 'wp_auth_check_load' ); を用いることで、無効化することができます。

ログイン画面が不便な邪魔となる時などのために無効化することがができます。きめ細かいコントロールのために、フィルターから wp_auth_check_load を呼び出すことが可能です。

パラメータ

$var
TYPE) (必須) 説明がここに
初期値: なし
$var
TYPE) (optional) Description.
初期値: 説明がここに

戻り値

(TYPE) 
説明がここに

使用法

<?php  ?>

使用例

説明文

サンプルコードがここ

改訂履歴

  • 3.6.0 にて導入されました。

ソースファイル

wp_auth_check_load()wp-includes/functions.php にあります。

Function ref links


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp is writable最新版との差分