• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/the taxonomies」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(説明)
(説明)
3行目: 3行目:
 
</div>
 
</div>
  
このテンプレートタグを[[The Loop|ループ]]の中で使うと、ある投稿に付けられたタクソノミー([[カスタム分類]])とそのタームへのリンクを、投稿 ID の指定無しに表示できます。
+
このテンプレートタグを[[The Loop|ループ]]の中で使うと、投稿に関連付けられたカテゴリー、およびタクソノミー([[カスタム分類]])が表示され、それぞれのターム(分類)へのリンクを、投稿 ID の指定無しに表示できます。
 
また、特定の投稿に付けられたタクソノミーを表示するためにループの外で使うこともできます。
 
また、特定の投稿に付けられたタクソノミーを表示するためにループの外で使うこともできます。
  

2014年12月31日 (水) 09:09時点における版

このテンプレートタグをループの中で使うと、投稿に関連付けられたカテゴリー、およびタクソノミー(カスタム分類)が表示され、それぞれのターム(分類)へのリンクを、投稿 ID の指定無しに表示できます。 また、特定の投稿に付けられたタクソノミーを表示するためにループの外で使うこともできます。

使い方

<?php the_taxonomies( $args ); ?>

パラメータ

post
整数) (オプション) タクソノミーを取得する投稿の ID 。
初期値: 0
before
文字列) (オプション) タクソノミーのリストの前に表示する。
初期値: なし
sep
文字列) (オプション) 各タクソノミーをこの値(文字列)で区切る。
初期値: ' '
after
文字列) (オプション) タクソノミーのリストの後に表示する。
初期値: なし
template
文字列) (オプション) タクソノミーのリストを表示するために使うテンプレート。
初期値: '%s: %l.'

戻り値

タクソノミーに入っているタームへのリンクをリストにしたもの。

タクソノミー名: <a href="http://example.com/term_slug/">ターム名</a>, <a href="http://example.com/term_slug-2/">ターム名 2</a>, and <a href="http://example.com/term_slug-3/">ターム名 3</a>, .

<?php the_taxonomies('before=<ul>&after=</ul>'); ?> 
<?php 
  $args = array(
    // 現在の投稿をデフォルトにする
    'post' => 0,
    'before' => '<p class="meta">',
    // これはデフォルト
    'sep' => ' ',
    'after' => '</p>',
    // これはデフォルト
    'template' => '%s: %l.'
  );
  the_taxonomies($args); 
?>

ソースファイル

the_taxonomies()wp-includes/taxonomy.php にあります。

get_the_taxonomies, the_tags, the_category

カスタム分類: get_taxonomy(), taxonomy_exists(), register_taxonomy(), get_taxonomies(), the_taxonomies(), get_taxonomy_labels(), get_taxonomy_template(), is_object_in_taxonomy(), get_the_taxonomies(), get_post_taxonomies(), get_object_taxonomies(), is_taxonomy_hierarchical()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/the taxonomies最新版との差分