当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/switch to blog」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(翻訳完了)
(戻り値)
20行目: 20行目:
 
{{Return||bool|検証の結果、成功すればtrueが、失敗すればfalseが戻る}}
 
{{Return||bool|検証の結果、成功すればtrueが、失敗すればfalseが戻る}}
  
<tt>false</tt> もし <tt>$validate=true</tt> が戻ってきた場合、ブログが存在しないことを意味する; さもなくば <tt>true</tt> (今のブログへ「スイッチ」する場合であっても)
+
もし<tt>$validate=true</tt> が戻って来たがブログが存在しない場合、<tt>false</tt>; さもなくば <tt>true</tt> (今のブログへ「スイッチ」する場合であっても)
  
 
== ソースファイル ==
 
== ソースファイル ==

2013年5月10日 (金) 06:43時点における版

説明

今のブログから違うブログへスイッチする。switch_to_blog()は他のブログから投稿やその他情報を移行させるときに便利な機能です。

移行後にrestore_current_blog()を用いて、元に戻すこともできます。

移行できないモノは:

パラメーター

$new_blog
integer) (必須) スイッチしたい先のブログID
初期値: 今のブログID
$validate
boolean) (任意) 実行前に$new_blogの有無をチェックする
初期値: false

戻り値

(bool) 
検証の結果、成功すればtrueが、失敗すればfalseが戻る

もし$validate=true が戻って来たがブログが存在しない場合、false; さもなくば true (今のブログへ「スイッチ」する場合であっても)

ソースファイル

switch_to_blog()はwp-includes/ms-blogs.phpにあります。

切り替え後戻すときは、restore_current_blog()を用います。