当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/set site transient

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2015年8月15日 (土) 14:19時点におけるGblsm (トーク | 投稿記録)による版 (和訳しました。)

移動先: 案内検索

この項目「関数リファレンス/set site transient」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

説明

基本的に set_transient() と同様ですが、WordPress をマルチサイトで使うときにネットワーク全体で利用できます。

違いは次のとおりです。

Transients API: set_transient(), get_transient(), delete_transient(), set_site_transient(), get_site_transient(), delete_site_transient(),


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/set_site_transient最新版との差分