当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/set site transient」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(和訳しました。)
(Gblsmトーク)による第11331版を取り消し)
 
1行目: 1行目:
 +
{{CheckTrans}}
 +
 
<div id="Description">
 
<div id="Description">
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
  
基本的に <tt>[[関数リファレンス/get_transient|get_transient()]]</tt> と同様ですが、WordPress を[[用語集#マルチサイト|マルチサイト]]で使うときにネットワーク全体で利用できます。
+
基本的に <tt>[[関数リファレンス/set_transient|set_transient()]]</tt> と同様ですが、WordPress を[[用語集#マルチサイト|マルチサイト]]で使うときにネットワーク全体で利用できます。
 +
 
 +
違いは次のとおりです。
 +
* Transient の名前が [http://core.trac.wordpress.org/ticket/15058 40 文字以内でなければなりません]。
 +
* 有効期限を付けて <tt>[[関数リファレンス/set_transient|set_transient()]]</tt> で保存した Transient はオートロードされませんが、<tt>set_site_transient()</tt> で保存した Transient は毎回オートロードされます。
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
13行目: 19行目:
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Function_Reference/get_site_transient|153434}} <!-- 02:05, 15 August 2015 Gblsm 版 -->
+
{{原文|Function_Reference/set_site_transient|153433}} <!-- 02:04, 15 August 2015 Gblsm 版 -->
  
{{DEFAULTSORT:Get_site_transient}}
+
{{DEFAULTSORT:Set_site_transient}}
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:関数]]
  
[[en:Function_Reference/get_site_transient]]
+
[[en:Function_Reference/set_site_transient]]

2015年8月15日 (土) 14:23時点における最新版

この項目「関数リファレンス/set site transient」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

説明

基本的に set_transient() と同様ですが、WordPress をマルチサイトで使うときにネットワーク全体で利用できます。

違いは次のとおりです。

Transients API: set_transient(), get_transient(), delete_transient(), set_site_transient(), get_site_transient(), delete_site_transient(),


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/set_site_transient最新版との差分