• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/set site transient」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(和訳しました。)
(Gblsmトーク)による第11331版を取り消し)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
(相違点なし)

2015年8月15日 (土) 14:23時点における最新版

この項目「関数リファレンス/set site transient」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

説明

基本的に set_transient() と同様ですが、WordPress をマルチサイトで使うときにネットワーク全体で利用できます。

違いは次のとおりです。

Transients API: set_transient(), get_transient(), delete_transient(), set_site_transient(), get_site_transient(), delete_site_transient(),


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/set_site_transient最新版との差分