当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/sanitize post」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(developer.wordpress.org/reference/functions/sanitize_post/ から流し込み。)
 
(和訳完了。)
 
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
{{CheckTrans}}
  
 
== 説明<span id="Description"></span> ==
 
== 説明<span id="Description"></span> ==
  
Sanitize every post field.
+
投稿のすべてのフィールドを無害化します。コンテキストに <tt>'raw'</tt> を指定すると、投稿オブジェクトまたは配列の整数フィールドだけが最小限の無害化を受けます。
 
+
If the context is ‘raw’, then the post object or array will get minimal sanitization of the integer fields.
+
  
 
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
 
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
13行目: 11行目:
 
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
 
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
  
{{Parameter|$post|object&#124;array|The WP_Post Object or Array}}
+
{{Parameter|$post|オブジェクト&#124;配列|WP_Post オブジェクトまたは配列(投稿フィールドをキーとする連想配列)}}
  
{{Parameter|$context|string|How to sanitize post fields. Accepts 'raw', 'edit', 'db', or 'display'.|Optional|<tt>'display'</tt>}}
+
{{Parameter|$context|文字列|投稿フィールドの無害化方法。<tt>'raw', 'edit', 'db', 'display'</tt> のいずれかを指定可能。|オプション|<tt>'display'</tt>}}
  
 
== 戻り値<span id="Return_Values"></span> ==
 
== 戻り値<span id="Return_Values"></span> ==
  
; (object&#124;array) : The now sanitized WP_Post Object or Array (will be the same type as $post).
+
; (オブジェクト&#124;配列) : 無害化された WP_Post オブジェクトまたは配列(パラメータ $post と同じ型)。
  
 
== 用例<span id="Examples"></span> ==
 
== 用例<span id="Examples"></span> ==
25行目: 23行目:
 
== 参考<span id="Notes"></span> ==
 
== 参考<span id="Notes"></span> ==
  
* Uses: [https://developer.wordpress.org/reference/functions/sanitize_post_field <tt>sanitize_post_field()</tt>]
+
* 内部で [[関数リファレンス/sanitize_post_field|<tt>sanitize_post_field()</tt>]] を使います。
  
 
== 変更履歴<span id="Change_Log"></span> ==
 
== 変更履歴<span id="Change_Log"></span> ==
  
Introduced: [[Version 2.3|2.3]]
+
新規導入: [[Version 2.3|2.3]]
  
 
== ソースファイル<span id="Source_File"></span> ==
 
== ソースファイル<span id="Source_File"></span> ==

2018年4月30日 (月) 21:18時点における最新版

この項目「関数リファレンス/sanitize post」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

説明

投稿のすべてのフィールドを無害化します。コンテキストに 'raw' を指定すると、投稿オブジェクトまたは配列の整数フィールドだけが最小限の無害化を受けます。

使い方

<?php sanitize_post( $post, $context ); ?>

パラメータ

$post
オブジェクト|配列) (必須) WP_Post オブジェクトまたは配列(投稿フィールドをキーとする連想配列)
初期値: なし
$context
文字列) (オプション) 投稿フィールドの無害化方法。'raw', 'edit', 'db', 'display' のいずれかを指定可能。
初期値: 'display'

戻り値

(オブジェクト|配列) 
無害化された WP_Post オブジェクトまたは配列(パラメータ $post と同じ型)。

用例

参考

変更履歴

新規導入: 2.3

ソースファイル

sanitize_post()wp-includes/post.php にあります。

関連項目

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: Reference / Functions / sanitize_post()