• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/register sidebars」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(関連: {{Sidebar Tags}})
(最新のマージ {{原文|Function Reference/register_sidebars|144422}}<!-- 09:06, 24 June 2014‎ Mcleod@spaceweb.nl 版 -->)
 
1行目: 1行目:
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
  
複数のサイドバーを作成します。
+
複数の[[Sidebars|サイドバー]]を作成します。
  
 
テーマで使用するサイドバーを1個または複数個登録します。ほとんどのテーマはサイドバーが1個です。このため、数パラメータはオプションで、デフォルト値は1です。
 
テーマで使用するサイドバーを1個または複数個登録します。ほとんどのテーマはサイドバーが1個です。このため、数パラメータはオプションで、デフォルト値は1です。
15行目: 15行目:
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php $args = array(
 
<?php $args = array(
'name'          => sprintf(__('Sidebar %d'), $i ),
+
'name'          => __('Sidebar %d'),
'id'            => 'sidebar-$i',
+
        'id'            => 'sidebar',         
 +
'description'  => '',
 +
'class'        => '',
 
'before_widget' => '<li id="%1$s" class="widget %2$s">',
 
'before_widget' => '<li id="%1$s" class="widget %2$s">',
 
'after_widget'  => '</li>',
 
'after_widget'  => '</li>',
25行目: 27行目:
 
== パラメータ ==<!-- Parameters -->
 
== パラメータ ==<!-- Parameters -->
  
{{Parameter|$number|整数|作成するサイドバーの数}}
+
{{Parameter|number|integer|作成するサイドバーの数|オプション|1}}
{{Parameter|$args|数値/配列|'name' と 'id' 値からサイドバーを作成|オプション}}
+
{{Parameter|args|数値/配列|'name' と 'id' 値からサイドバーを作成|オプション}}
 
:* <tt>name</tt> - サイドバー名
 
:* <tt>name</tt> - サイドバー名
:* <tt>id</tt> - サイドバー id
+
:* <tt>id</tt> - サイドバーのid (注: "%d" is added automatically to supplied 'id' value after the first; e.g., "Sidebar", "Sidebar-2", "Sidebar-3", etc.)
 +
:* <tt>description</tt> - Text description of what/where the sidebar is. Shown on widget management screen. (2.9以降)  (デフォルトは空)
 +
:* <tt>class</tt> - ウィジェットのHTMLに割り当てるCSSクラス名 (デフォルトは空)
 
:* <tt>before_widget</tt> - ウィジェットの前のテキスト  
 
:* <tt>before_widget</tt> - ウィジェットの前のテキスト  
 
:* <tt>after_widget</tt> - ウィジェットの後のテキスト  
 
:* <tt>after_widget</tt> - ウィジェットの後のテキスト  
35行目: 39行目:
  
 
オプション $args パラメータは連想配列で、アクティブウィジェットコールバックの最初の引数として渡されます。 (配列でなく文字列が渡された場合は、parse_str() を経て連想配列として渡されます。) これらの引数の基本的な使い方は、ウィジェットとタイトルを包む、テーマ固有の HTML タグを渡すことです。  
 
オプション $args パラメータは連想配列で、アクティブウィジェットコールバックの最初の引数として渡されます。 (配列でなく文字列が渡された場合は、parse_str() を経て連想配列として渡されます。) これらの引数の基本的な使い方は、ウィジェットとタイトルを包む、テーマ固有の HTML タグを渡すことです。  
 +
 +
== 戻り値<!--Return Values -->==
 +
なし
 +
  
 
== 用例 ==<!-- Example -->
 
== 用例 ==<!-- Example -->
52行目: 60行目:
 
== 変更履歴 ==<!-- Changelog -->
 
== 変更履歴 ==<!-- Changelog -->
  
* [[Version 2.2|2.2.0]] : 新規関数
+
* [[Version 2.2|2.2.0]] : 新規追加
  
 
== ソースファイル ==<!-- Source File -->
 
== ソースファイル ==<!-- Source File -->
58行目: 66行目:
 
<tt>register_sidebars()</tt> は {{Trac|wp-includes/widgets.php}} にあります。
 
<tt>register_sidebars()</tt> は {{Trac|wp-includes/widgets.php}} にあります。
  
{{原文|Function Reference/register_sidebars|78591}}<!-- 22:24, 29 September 2009 Guikubivan 版 -->
+
{{原文|Function Reference/register_sidebars|144422}}<!-- 09:06, 24 June 2014‎ Mcleod@spaceweb.nl  版 -->
  
 
== 関連 ==<!-- Related -->
 
== 関連 ==<!-- Related -->

2015年7月2日 (木) 07:52時点における最新版

説明

複数のサイドバーを作成します。

テーマで使用するサイドバーを1個または複数個登録します。ほとんどのテーマはサイドバーが1個です。このため、数パラメータはオプションで、デフォルト値は1です。

args 配列パラメータは 'name' を含み、複数のサイドバーがある場合は、これがサイドバーの番号の前に付加されます。

使い方

<?php register_sidebars( $number, $args ); ?>

デフォルトの使い方

<?php $args = array(
	'name'          => __('Sidebar %d'),
        'id'            => 'sidebar',          
	'description'   => '',
	'class'         => '',
	'before_widget' => '<li id="%1$s" class="widget %2$s">',
	'after_widget'  => '</li>',
	'before_title'  => '<h2 class="widgettitle">',
	'after_title'   => '</h2>' ); ?>

パラメータ

number
integer) (オプション) 作成するサイドバーの数
初期値: 1
args
数値/配列) (オプション) 'name' と 'id' 値からサイドバーを作成
初期値: なし
  • name - サイドバー名
  • id - サイドバーのid (注: "%d" is added automatically to supplied 'id' value after the first; e.g., "Sidebar", "Sidebar-2", "Sidebar-3", etc.)
  • description - Text description of what/where the sidebar is. Shown on widget management screen. (2.9以降) (デフォルトは空)
  • class - ウィジェットのHTMLに割り当てるCSSクラス名 (デフォルトは空)
  • before_widget - ウィジェットの前のテキスト
  • after_widget - ウィジェットの後のテキスト
  • before_title - タイトルの前のテキスト
  • after_title -タイトルの後のテキスト

オプション $args パラメータは連想配列で、アクティブウィジェットコールバックの最初の引数として渡されます。 (配列でなく文字列が渡された場合は、parse_str() を経て連想配列として渡されます。) これらの引数の基本的な使い方は、ウィジェットとタイトルを包む、テーマ固有の HTML タグを渡すことです。

戻り値

なし


用例

この例は、1個のサイドバー(名前 Sidebar)を作成します。

register_sidebars();

この例は、2個のサイドバー(名前 “Foobar 1″ と “Foobar 2″) を作成します。

register_sidebars(2, array('name'=>'Foobar %d'));

この例は、2個のサイドバー(タイトルの前後が <h1> と </h1>)を作成します。

register_sidebars(2, array('before_title'=>'<h1>','after_title'=>'</h1>'));

変更履歴

ソースファイル

register_sidebars()wp-includes/widgets.php にあります。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/register_sidebars最新版との差分

関連

サイドバー: is_active_sidebar(), is_dynamic_sidebar(), dynamic_sidebar(), register_sidebars(), register_sidebar(), unregister_sidebar(), wp_register_sidebar_widget() / en, wp_unregister_sidebar_widget() / en, wp_get_sidebars_widgets() / en, wp_set_sidebars_widgets() / en,



ウィジェット API: is_active_widget(), the_widget(), register_widget(), unregister_widget() / en, wp_register_widget_control() / en, wp_unregister_widget_control() / en, wp_convert_widget_settings() / en, wp_get_widget_defaults() / en, wp_widget_description() / en



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。