当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/load theme textdomain」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(ソースファイル)
(パラメータの説明文和訳)
14行目: 14行目:
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
  
{{Parameter|$domain|文字列|Unique identifier for retrieving translated strings.}}
+
{{Parameter|$domain|文字列|テキストドメイン。(翻訳ファイルを識別するために必要な個別識別子)}}
{{Parameter|$path|unknown|The directory where the .mo file can be found (without the trailing slash).|オプション|false}}
+
{{Parameter|$path|unknown|.moファイルの存在するディレクトリを指定します。(最後にスラッシュは必要ありません)|オプション|false}}
 +
 
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
 
テキストドメインを取得できた場合はTRUEを、取得に失敗した場合はFALSEを返します。
 
テキストドメインを取得できた場合はTRUEを、取得に失敗した場合はFALSEを返します。

2015年6月7日 (日) 16:23時点における版

このページ「関数リファレンス/load theme textdomain」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

説明

テーマ翻訳ファイルを読み込みます。

If the current locale exists as a .mo file in the theme's root directory, it will be included in the translated strings by the $domain.

.moファイルはsv_SE.mo(スウェーデン)の様に、必ずロケールに一致した名前にしてください。

使い方

<?php load_theme_textdomain( $domain, $path ) ?>

パラメータ

$domain
文字列) (必須) テキストドメイン。(翻訳ファイルを識別するために必要な個別識別子)
初期値: なし
$path
unknown) (オプション) .moファイルの存在するディレクトリを指定します。(最後にスラッシュは必要ありません)
初期値: false

戻り値

テキストドメインを取得できた場合はTRUEを、取得に失敗した場合はFALSEを返します。

用例

用例その1

load_theme_textdomain() 関数はアクションフックのafter_setup_themeにフックさせる必要があります。

add_action('after_setup_theme', 'my_theme_setup');
function my_theme_setup(){
    load_theme_textdomain('my_theme', get_template_directory() . '/languages');
}

テーマの翻訳ファイル(.mo)の名前はは必ず言語名だけにしてください。(例:languages/de_DE.mo)

日本語の場合はlanguades/ja.moとなります。


Unlike plugin language files, a name like my_theme-de_DE.mo will NOT work. Although plugin language files allow you to specify the text-domain in the filename, this will NOT work with themes. Language files for themes should include the language shortcut ONLY.

用例その2

you can use this example if you wish to switch theme language using a variable passed within the URL, for example to load the Tamazikht language, your URL would look like; www.example.com/?l=tz_MA, this will search for a .mo file with name tz_MA.mo in the language directory inside your theme.

// CHANGE LOCAL LANGUAGE
// must be called before load_theme_textdomain()
add_filter( 'locale', 'my_theme_localized' );
function my_theme_localized( $locale )
{
	if ( isset( $_GET['l'] ) )
	{
		return sanitize_key( $_GET['l'] );
	}

	return $locale;
}
// SET THEME LANGUAGES DIRECTORY
// Theme translations can be filed in the my_theme/languages/ directory
// Wordpress translations can be filed in the wp-content/languages/ directory
load_theme_textdomain( 'my_theme_textdomain', get_template_directory().'/languages' );

Internationalization and localization (other correct spellings are internationalisation and localisation) are means of adapting computer software to different languages.

l10n is an abbreviation for localization. i18n 18 stands for the number of letters between the first i and last n in internationalization.

更新履歴

新規導入: 1.5.0

ソースファイル

load_theme_textdomain()wp-includes/l10n.php にあります。

関連資料

WordPress Theme Support Generator http://generatewp.com/theme-support/

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/load_theme_textdomain

この記事は翻訳時に編集が必要であるとマークされていました。その為Codex原文が大きく編集されている可能性があります。内容を確認される際は原文を参照していただき、可能であれば本項目へ反映させてください。よりよいCodexを作成するためのお手伝いをお願いします。