当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/is wp error」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/is_wp_error 19:01, 17 November 2013 Mistercat 版を流し込み。)
 
(最初の和訳。)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
 +
渡された変数が WordPress Error であるかチェックします。
  
== Description ==
+
その変数が PHP オブジェクトであり、かつ <tt>WP_Error</tt> クラスによって生成されたものであるか判定します。
Checks whether the passed variable is a WordPress Error.
+
  
Looks at the variable and determines if it is both a PHP object and one populated by the <tt>WP_Error</tt> class.
+
<div id="Usage">
 
+
== 使い方 ==
== Usage ==
+
</div>
 
  <?php is_wp_error( $thing ); ?>
 
  <?php is_wp_error( $thing ); ?>
  
== Parameters ==
+
<div id="Parameters">
{{Parameter|$thing|mixed|Any existing variable of a known or unknown type.}}
+
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
{{Parameter|$thing|mixed|任意の存在する変数。既知のタイプでも不明なタイプでも構わない。}}
  
== Return Values ==
+
<div id="Return Values">
; (boolean) : True, if <tt>WP_Error</tt>. False, if not <tt>WP_Error</tt>.
+
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
; (真偽値) : <tt>WP_Error</tt> なら true を、異なれば false を返す。
  
== Examples ==
+
<div id="Examples">
 +
== 例 ==
 +
</div>
 
<pre><nowiki>
 
<pre><nowiki>
 
if ( is_wp_error( $result ) ) {
 
if ( is_wp_error( $result ) ) {
23行目: 31行目:
 
</nowiki></pre>
 
</nowiki></pre>
  
== Notes ==
+
<div id="Notes">
 +
== 参考 ==
 +
</div>
 +
<!-- 今のところ無し。2-Aug-2014 -->
  
== Change Log ==
+
<div id="Change Log">
Since: 2.1.0
+
== 改訂履歴 ==
 +
</div>
 +
[[Version 2.1|2.1.0]] にて導入されました。
  
== Source File ==
+
<div id="Source File">
<!-- Need links to current source code files -->
+
== ソースファイル ==
<code>is_wp_error()</code> is located in {{Trac|wp-includes/class-wp-error.php}}.
+
</div>
 +
<code>is_wp_error()</code> {{Trac|wp-includes/class-wp-error.php}} にあります。
  
== Related ==
+
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
 
<!--
 
<!--
 
     To Do:
 
     To Do:

2014年8月2日 (土) 11:41時点における版

渡された変数が WordPress Error であるかチェックします。

その変数が PHP オブジェクトであり、かつ WP_Error クラスによって生成されたものであるか判定します。

使い方

<?php is_wp_error( $thing ); ?>

パラメータ

$thing
mixed) (必須) 任意の存在する変数。既知のタイプでも不明なタイプでも構わない。
初期値: なし

戻り値

(真偽値) 
WP_Error なら true を、異なれば false を返す。

if ( is_wp_error( $result ) ) {
   $error_string = $result->get_error_message();
   echo '<div id="message" class="error"><p>' . $error_string . '</p></div>';
}

参考

改訂履歴

2.1.0 にて導入されました。

ソースファイル

is_wp_error()wp-includes/class-wp-error.php にあります。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/is_wp_error最新版との差分