• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/is wp error」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(関連項目: {{Tag Footer}})
(en:Function Reference/is_wp_error 17:42, 19 December 2017 Joshwhatk 版を反映。)
 
1行目: 1行目:
<div id="Description">
+
== 説明<span id="Description"></span> ==
== 説明 ==
+
 
</div>
+
 
渡された変数が WordPress Error であるかチェックします。
 
渡された変数が WordPress Error であるかチェックします。
  
 
その変数が PHP オブジェクトであり、かつ <tt>WP_Error</tt> クラスによって生成されたものであるか判定します。
 
その変数が PHP オブジェクトであり、かつ <tt>WP_Error</tt> クラスによって生成されたものであるか判定します。
  
<div id="Usage">
+
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
== 使い方 ==
+
 
</div>
+
 
  <?php is_wp_error( $thing ); ?>
 
  <?php is_wp_error( $thing ); ?>
  
<div id="Parameters">
+
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
== パラメータ ==
+
 
</div>
+
 
{{Parameter|$thing|mixed|任意の存在する変数。既知のタイプでも不明なタイプでも構わない。}}
 
{{Parameter|$thing|mixed|任意の存在する変数。既知のタイプでも不明なタイプでも構わない。}}
  
<div id="Return Values">
+
== 戻り値<span id="Return_Values"></span> ==
== 戻り値 ==
+
 
</div>
+
 
; (真偽値) : <tt>WP_Error</tt> なら true を、異なれば false を返す。
 
; (真偽値) : <tt>WP_Error</tt> なら true を、異なれば false を返す。
  
<div id="Examples">
+
== 用例<span id="Examples"></span> ==
== 例 ==
+
 
</div>
+
 
<pre><nowiki>
 
<pre><nowiki>
 
if ( is_wp_error( $result ) ) {
 
if ( is_wp_error( $result ) ) {
31行目: 26行目:
 
</nowiki></pre>
 
</nowiki></pre>
  
<div id="Notes">
+
== 参考<span id="Notes"></span> ==
== 参考 ==
+
 
</div>
+
* WP_Error クラスの使い方について詳しくは [[クラスリファレンス/WP_Error]] を見てください。
<!-- 今のところ無し。2-Aug-2014 -->
+
 
 +
== 変更履歴<span id="Change_Log"></span> ==
  
<div id="Change Log">
+
[[Version 2.1|2.1.0]] : 新規導入。
== 改訂履歴 ==
+
</div>
+
[[Version 2.1|2.1.0]] にて導入されました。
+
  
<div id="Source File">
+
== ソースファイル<span id="Source_File"></span> ==
== ソースファイル ==
+
</div>
+
<code>is_wp_error()</code> は {{Trac|wp-includes/class-wp-error.php}} にあります。
+
  
<div id="Related">
+
<tt>is_wp_error()</tt> は {{Trac|wp-includes/load.php}} にあります。
== 関連項目 ==
+
</div>
+
<!--
+
    To Do:
+
    Need to find related functions.
+
    Need to create groups of functions and create templates to add them to a page quickly.
+
    Some functions may be related to many groups of functions.
+
-->
+
  
 +
== 関連項目<span id="Related"></span> ==
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Function Reference/is_wp_error|138215}} <!-- 19:01, 17 November 2013 Mistercat 版 -->
+
{{原文|Function Reference/is_wp_error|161992}} <!-- 17:42, 19 December 2017 Joshwhatk 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:Is_wp_error}}
 
{{DEFAULTSORT:Is_wp_error}}

2018年7月5日 (木) 14:07時点における最新版

説明

渡された変数が WordPress Error であるかチェックします。

その変数が PHP オブジェクトであり、かつ WP_Error クラスによって生成されたものであるか判定します。

使い方

<?php is_wp_error( $thing ); ?>

パラメータ

$thing
mixed) (必須) 任意の存在する変数。既知のタイプでも不明なタイプでも構わない。
初期値: なし

戻り値

(真偽値) 
WP_Error なら true を、異なれば false を返す。

用例

if ( is_wp_error( $result ) ) {
   $error_string = $result->get_error_message();
   echo '<div id="message" class="error"><p>' . $error_string . '</p></div>';
}

参考

変更履歴

2.1.0 : 新規導入。

ソースファイル

is_wp_error()wp-includes/load.php にあります。

関連項目

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/is_wp_error最新版との差分