当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/is term」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/is term 04:12, 5 July 2012 Grawl 版を流し込み。)
 
(非推奨なので不要かもしれませんが最初の和訳。)
1行目: 1行目:
 
{{Deprecated}}
 
{{Deprecated}}
  
== Description ==
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
 +
<tt>ターム</tt>(項目)が存在するかチェックします。
  
Check if <tt>Term</tt> exists.
+
タームが定義されていればインデックスを返します。
 +
タームが存在しなければ <tt>0</tt> (<tt>false</tt>) を返します。
  
Returns the index of a defined term, or <tt>0</tt> (<tt>false</tt>) if the term doesn't exist.
+
<div id="Replace With">
 +
== 後継について ==
 +
</div>
 +
タームの存在をチェックするには [[関数リファレンス/term_exists|term_exists]] を使います。
 +
また、タームのアーカイブページを表示中かチェックするには [[関数リファレンス/is_tax|is_tax]] を、オプションの引数 $term を指定して使います。
  
== Replace With ==
+
<div id="Usage">
 +
== 使い方 ==
 +
</div>
 +
<?php is_term( $term, $taxonomy ) ?>
  
[[Function Reference/term_exists|term_exists]] for check that term exists or [[Function Reference/is_tax|is_tax]] with optional $term argument for check that you are in term archive.
+
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
{{Parameter|$term|整数&#124;文字列|チェックするターム}}
 +
{{Parameter|$taxonomy|文字列|タクソノミーの名前|オプション|&#39;&#39;}}
  
== Usage ==
+
<div id="Return Values">
<pre>
+
== 戻り値 ==
<?php is_term( $term, $taxonomy ) ?>
+
</div>
</pre>
+
; (mixed) : 存在する場合、タームの ID または<tt>タームのオブジェクト</tt>
  
== Parameters ==
+
<div id="Examples">
{{Parameter|$term|integer&#124;string|The term to check}}
+
== ==
{{Parameter|$taxonomy|string|The taxonomy name to use|optional|&#39;&#39;}}
+
</div>
 
+
== Return Values ==
+
; (mixed) : Get the term id or <tt>Term Object</tt>, if exists.
+
 
+
== Examples ==
+
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
 +
{{募集中||クリエイティブな例を求めています。外部サイトへのリンクでも構いません。|情報}}
  
== Notes ==
+
<div id="Notes">
* Uses global: (<tt>object</tt>) [[Class Reference/wpdb|<tt>$wpdb</tt>]]
+
== 注釈 ==
* Uses global: (<tt>object</tt>) <tt>$term</tt>
+
</div>
 +
* グローバル変数 (<tt>object</tt>) [[Class Reference/wpdb|<tt>$wpdb</tt>]] を使用します。
 +
* グローバル変数 (<tt>object</tt>) <tt>$term</tt> を使用します。
  
== Change Log ==
+
<div id="Change Log">
* Since: [[Version 2.3|2.3]]
+
== 改訂履歴 ==
* Deprecated: [[Version 3.0|3.0]]
+
</div>
 +
* [[Version 3.0|バージョン 3.0]] で非推奨になりました。
 +
* [[Version 2.3|バージョン 2.3]] で導入されました。
  
== Source File ==
+
<div id="Source File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
 
<!-- Need links to current source code files -->
 
<!-- Need links to current source code files -->
<tt>is_term()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/taxonomy.php}}.
+
<tt>is_term()</tt> {{Trac|wp-includes/taxonomy.php}} にありました。
  
== Related ==
+
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
 
{{Conditional Tags}}
 
{{Conditional Tags}}
  

2014年7月21日 (月) 21:46時点における版


この関数は 非推奨となりました。これは新しい関数に置き換えられた、またはサポート外になった、あるいは将来バージョンにて削除されるためです。この関数を用いる全てのコードは、置き換えとなる関数が存在する場合、書き換えられる必要があります。wp-includes/deprecated.phpもご参照ください。 これらの関数から適切なものを代わりに用いてください。

ターム(項目)が存在するかチェックします。

タームが定義されていればインデックスを返します。 タームが存在しなければ 0 (false) を返します。

後継について

タームの存在をチェックするには term_exists を使います。 また、タームのアーカイブページを表示中かチェックするには is_tax を、オプションの引数 $term を指定して使います。

使い方

<?php is_term( $term, $taxonomy ) ?>

パラメータ

$term
整数|文字列) (必須) チェックするターム
初期値: なし
$taxonomy
文字列) (オプション) タクソノミーの名前
初期値: ''

戻り値

(mixed) 
存在する場合、タームの ID またはタームのオブジェクト

情報募集中 クリエイティブな例を求めています。外部サイトへのリンクでも構いません。 該当部分を編集するか、このページのノートまたはフォーラム等で教えてください。


注釈

  • グローバル変数 (object) $wpdb を使用します。
  • グローバル変数 (object) $term を使用します。

改訂履歴

ソースファイル

is_term()wp-includes/taxonomy.php にありました。

条件分岐タグis_404(), is_admin(), is_admin_bar_showing(), is_archive(), is_attachment(), is_author(), is_category(), is_comments_popup(), is_date(), is_day(), is_feed(), is_front_page(), is_home(), is_local_attachment(), is_main_query, /is_multi_author, is_month(), is_new_day(), is_page(), is_page_template(), is_paged(), is_plugin_active(), is_plugin_active_for_network() /en, is_plugin_inactive() /en, is_plugin_page() /en, is_post_type_archive(), is_preview() /en, is_search(), is_single(), is_singular(), is_sticky(), is_tag(), is_tax(), is_taxonomy_hierarchical(), is_time(), is_trackback(), is_year(), in_category(), in_the_loop(), is_active_sidebar(), is_active_widget(), is_blog_installed() /en, is_rtl(), is_dynamic_sidebar(), is_user_logged_in(), has_excerpt(), has_post_thumbnail(), has_tag(), pings_open(), email_exists(), post_type_exists(), taxonomy_exists(), term_exists(), username_exists() /en, wp_attachment_is_image(), wp_script_is()


タームタグ: is_term(), term_exists(), get_objects_in_term(), get_term(), get_term_by(), get_term_children(), get_term_link(), get_terms(), get_the_terms(), get_the_term_list(), has_term(), sanitize_term(), the_terms(), get_object_taxonomies() is_object_in_taxonomy() the_taxonomies() wp_get_object_terms(), wp_set_object_terms(), wp_get_post_terms(), wp_set_post_terms(), wp_delete_object_term_relationships()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/is term最新版との差分