• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/is ssl」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/is_ssl 00:40, 31 December 2016 Robertcalise 版を流し込み。)
 
(和訳完了。)
 
1行目: 1行目:
== Description ==
+
== 説明<span id="Description"></span> ==
Checks if SSL is being used.
+
現在 SSL を使用中かどうかチェックします。
  
== Usage ==
+
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
 
  <?php is_ssl() ?>
 
  <?php is_ssl() ?>
  
== Parameters ==
+
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
This tag has no parameters.
+
この関数はパラメータを持ちません。
  
== Return Values ==
+
== 戻り値<span id="Return Values"></span> ==
; (bool) : Returns true or false
+
; (真偽値) : true (SSL を使用中) または false (使用中ではない) を返します。
  
== Examples ==
+
== 用例<span id="Examples"></span> ==
 
<pre><?php  
 
<pre><?php  
 
   if (is_ssl()) {
 
   if (is_ssl()) {
     //action to take for page using SSL
+
     //SSL を使っているページ用の動作
 
   }
 
   }
 
?></pre>
 
?></pre>
  
== Notes ==
+
== 参考<span id="Notes"></span> ==
Returns true if the page is using SSL (checks if HTTPS or on Port 443).
+
ページが SSL を使用中なら true を返します (<tt>HTTPS</tt> またはポート443)
  
NB: this won't work for websites behind some load balancers, especially Network Solutions hosted websites. To bodgy up a fix, save [https://gist.github.com/webaware/4688802 this gist] into the plugins folder and enable it. For details, read [http://snippets.webaware.com.au/snippets/wordpress-is_ssl-doesnt-work-behind-some-load-balancers/ WordPress is_ssl() doesn’t work behind some load balancers].
+
注意: これはロードバランサーに隠れた Web サイト (特に Network Solutions がホストしているサイト) ではちゃんと働きません。とりあえず直すには、[https://gist.github.com/webaware/4688802 この gist] plugins フォルダーへ保存して有効にします。詳しくは [http://snippets.webaware.com.au/snippets/wordpress-is_ssl-doesnt-work-behind-some-load-balancers/ WordPress is_ssl() doesn’t work behind some load balancers] を読んでください。
  
Websites behind load balancers or reverse proxies that support HTTP_X_FORWARDED_PROTO can be fixed by adding the following code to the wp-config.php file, above the require_once call:
+
<tt>HTTP_X_FORWARDED_PROTO</tt> をサポートするロードバランサーまたはリバースプロキシーに隠れた Web サイトの場合は、下記のコードを wp-config.php ファイル内の <code>require_once</code> 呼び出しの手前へ挿入します:
  
if (isset($_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO']) && $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO'] == 'https')
+
<pre>
    $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
+
if (isset($_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO']) && $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO'] == 'https')
 +
    $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
 +
</pre>
  
== Change Log ==
+
== 変更履歴<span id="Change Log"></span> ==
Since: 2.6.0
+
2.6.0 : 新規導入。
  
== Source File ==
+
== ソースファイル<span id="Source File"></span> ==
<tt>is_ssl()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/load.php|trunk|959}}. For versions of WordPress prior to 4.6.0, it was located in {{Trac|wp-includes/functions.php|tags/4.5.4|4018}}.
+
<tt>is_ssl()</tt> {{Trac|wp-includes/load.php}} にあります。
 +
WordPress 4.6.0 より前は {{Trac|wp-includes/functions.php}} にありました。
  
== Related ==
+
== 関連項目<span id="Related"></span> ==
  
 
[https://developer.wordpress.org/reference/functions/is_ssl/ WordPress Code Reference :  is_ssl()]
 
[https://developer.wordpress.org/reference/functions/is_ssl/ WordPress Code Reference :  is_ssl()]
  
[[Function Reference/force_ssl_admin | force_ssl_admin() ]]
+
[[関数リファレンス/force_ssl_admin|force_ssl_admin()]] /[[:en:Function Reference/force_ssl_admin|en]]
  
[[Function Reference/force_ssl_content | force_ssl_content() ]]
+
[[関数リファレンス/force_ssl_content|force_ssl_content()]] /[[:en:Function Reference/force_ssl_content|en]]
  
[[Administration_Over_SSL]]
+
[[管理画面での SSL 通信]]
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
48行目: 51行目:
 
{{原文|Function Reference/is_ssl|159365}} <!-- 00:40, 31 December 2016 Robertcalise 版 -->
 
{{原文|Function Reference/is_ssl|159365}} <!-- 00:40, 31 December 2016 Robertcalise 版 -->
  
{{DEFAULTSORT:Home_url}}
+
{{DEFAULTSORT:Is_ssl}}
[[Category:Functions]]
+
[[Category:関数]]
[[Category:New_page_created]]
+
  
 
[[en:Function Reference/is_ssl]]
 
[[en:Function Reference/is_ssl]]

2018年3月3日 (土) 20:57時点における最新版

説明

現在 SSL を使用中かどうかチェックします。

使い方

<?php is_ssl() ?>

パラメータ

この関数はパラメータを持ちません。

戻り値

(真偽値) 
true (SSL を使用中) または false (使用中ではない) を返します。

用例

<?php 
  if (is_ssl()) {
    //SSL を使っているページ用の動作
  }
?>

参考

ページが SSL を使用中なら true を返します (HTTPS またはポート443)。

注意: これはロードバランサーに隠れた Web サイト (特に Network Solutions がホストしているサイト) ではちゃんと働きません。とりあえず直すには、この gist を plugins フォルダーへ保存して有効にします。詳しくは WordPress is_ssl() doesn’t work behind some load balancers を読んでください。

HTTP_X_FORWARDED_PROTO をサポートするロードバランサーまたはリバースプロキシーに隠れた Web サイトの場合は、下記のコードを wp-config.php ファイル内の require_once 呼び出しの手前へ挿入します:

if (isset($_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO']) && $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO'] == 'https')
    $_SERVER['HTTPS'] = 'on';

変更履歴

2.6.0 : 新規導入。

ソースファイル

is_ssl()wp-includes/load.php にあります。 WordPress 4.6.0 より前は wp-includes/functions.php にありました。

関連項目

WordPress Code Reference : is_ssl()

force_ssl_admin() /en

force_ssl_content() /en

管理画面での SSL 通信


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/is_ssl最新版との差分