当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/is category」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(パラメータに配列が指定できることを追記)
(en:Function_Reference/is_category 08:31, 8 September 2013 Ramiy 版を反映してクリーンアップ。)
1行目: 1行目:
==説明<!--Description-->==
+
<div id="Description">
この[[条件分岐タグ|条件分岐タグ]]は、カテゴリーアーカイブが表示されているかチェックします。TRUE または FALSE を返すブール関数です。
+
== 説明 ==
 +
</div>
 +
この[[条件分岐タグ]]は、カテゴリーアーカイブが表示されているかチェックします。
 +
TRUE または FALSE を返すブール関数です。
  
==使い方<!--Usage-->==
+
<div id="Usage">
<code><?php is_category($category); ?></code>
+
== 使い方 ==
 +
</div>
 +
<?php is_category($category); ?>
  
==パラメータ<!--Parameters-->==
+
<div id="Parameters">
{{Parameter|$category|mixed|カテゴリーID, カテゴリーのタイトルやカテゴリーのスラッグ、またはID, タイトル、スラッグの配列|optional}}
+
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
{{Parameter|$category|mixed|カテゴリー ID、カテゴリーのタイトル、カテゴリーのスラッグ。またはそれらの配列。|オプション}}
  
==戻り値<!--Return Values-->==
+
<div id="Return Values">
; <tt>(boolean)</tt> : カテゴリーアーカイブページであれば True、そうでなければ false  
+
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
; <tt>(真偽値)</tt> : カテゴリーアーカイブページであれば true、そうでなければ false  
  
==用例<!--Examples-->==
+
<div id="Examples">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
 
  is_category();
 
  is_category();
  // カテゴリーアーカイブが表示されているとき
+
  // 任意のカテゴリーアーカイブが表示されているとき
 
   
 
   
 
  is_category('9');
 
  is_category('9');
  // カテゴリーID9 のアーカイブが表示されているとき
+
  // カテゴリー ID が 9 のアーカイブが表示されているとき
 
   
 
   
 
  is_category('Stinky Cheeses');
 
  is_category('Stinky Cheeses');
24行目: 35行目:
 
  // カテゴリースラッグ "blue-cheese" のアーカイブが表示されているとき
 
  // カテゴリースラッグ "blue-cheese" のアーカイブが表示されているとき
 
   
 
   
  is_category(array(9,'blue-cheese','Stinky Cheeses'));
+
  is_category( array( 9, 'blue-cheese', 'Stinky Cheeses' ) );
  // カテゴリーID 9 か、''スラッグ''が "blue-cheese" か、''カテゴリー名''が "Stinky Cheeses" か、のいずれかのアーカイブが表示されているとき。ノート: 配列は、[[Version 2.5]] で追加されました。
+
  // カテゴリー ID 9、''スラッグ''が "blue-cheese"''カテゴリー名''が "Stinky Cheeses"、のいずれかのアーカイブが表示されているとき。
 +
// '''参考''':配列は[[Version 2.5|バージョン 2.5]] で追加されました。
  
== 注<!--Notes-->==
+
<div id="Notes">
* <tt>[[関数リファレンス/is_archive|is_archive()]]</tt> と [[カテゴリーテンプレート]]も参照してください。
+
== 参考 ==
 +
</div>
 +
* <tt>[[関数リファレンス/is_archive|is_archive()]]</tt> と[[カテゴリーテンプレート]]も参照してください。
 +
* [[カスタム分類]]の場合は <tt>[[関数リファレンス/is_tax|is_tax()]]</tt> を使ってください。
  
== 更新履歴<!--Change Log-->==
+
<div id="Change Log">
 +
== 更新履歴 ==
 +
</div>
 
[[Version 1.5|1.5.0]] で導入。
 
[[Version 1.5|1.5.0]] で導入。
  
== ソースファイル<!--Source File--> ==
+
<div id="Source File">
<!-- Need links to current source code files -->
+
== ソースファイル ==
 +
</div>
 
<tt>is_category()</tt> は {{Trac|wp-includes/query.php}} に含まれています。
 
<tt>is_category()</tt> は {{Trac|wp-includes/query.php}} に含まれています。
  
== 関連<!--Related-->==
+
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
  
 
{{Conditional Tags}}
 
{{Conditional Tags}}
43行目: 63行目:
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{DEFAULTSORT:Is_category}}
+
{{原文|Function_Reference/is_category|135252}} <!-- 08:31, 8 September 2013 Ramiy 版 -->
{{原文|Function_Reference/is_category|135252}}
+
  
 +
{{DEFAULTSORT:Is_category}}
 
[[Category:条件分岐タグ]]
 
[[Category:条件分岐タグ]]
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:関数]]
  
 
[[en:Function_Reference/is_category]]
 
[[en:Function_Reference/is_category]]

2014年8月3日 (日) 02:26時点における版

この条件分岐タグは、カテゴリーアーカイブが表示されているかチェックします。 TRUE または FALSE を返すブール関数です。

使い方

<?php is_category($category); ?>

パラメータ

$category
mixed) (オプション) カテゴリー ID、カテゴリーのタイトル、カテゴリーのスラッグ。またはそれらの配列。
初期値: なし

戻り値

(真偽値) 
カテゴリーアーカイブページであれば true、そうでなければ false

用例

is_category();
// 任意のカテゴリーアーカイブが表示されているとき

is_category('9');
// カテゴリー ID が 9 のアーカイブが表示されているとき

is_category('Stinky Cheeses');
// カテゴリー名 "Stinky Cheeses" のアーカイブが表示されているとき

is_category('blue-cheese');
// カテゴリースラッグ "blue-cheese" のアーカイブが表示されているとき

is_category( array( 9, 'blue-cheese', 'Stinky Cheeses' ) );
// カテゴリー ID が 9、スラッグが "blue-cheese"、カテゴリー名が "Stinky Cheeses"、のいずれかのアーカイブが表示されているとき。
// 参考:配列はバージョン 2.5 で追加されました。

参考

更新履歴

1.5.0 で導入。

ソースファイル

is_category()wp-includes/query.php に含まれています。

条件分岐タグis_404(), is_admin(), is_admin_bar_showing(), is_archive(), is_attachment(), is_author(), is_category(), is_comments_popup(), is_date(), is_day(), is_feed(), is_front_page(), is_home(), is_local_attachment(), is_main_query, /is_multi_author, is_month(), is_new_day(), is_page(), is_page_template(), is_paged(), is_plugin_active(), is_plugin_active_for_network() /en, is_plugin_inactive() /en, is_plugin_page() /en, is_post_type_archive(), is_preview() /en, is_search(), is_single(), is_singular(), is_sticky(), is_tag(), is_tax(), is_taxonomy_hierarchical(), is_time(), is_trackback(), is_year(), in_category(), in_the_loop(), is_active_sidebar(), is_active_widget(), is_blog_installed() /en, is_rtl(), is_dynamic_sidebar(), is_user_logged_in(), has_excerpt(), has_post_thumbnail(), has_tag(), pings_open(), email_exists(), post_type_exists(), taxonomy_exists(), term_exists(), username_exists() /en, wp_attachment_is_image(), wp_script_is()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/is_category最新版との差分