• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/is admin」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(注: 途中訳)
(en:Function_Reference/is_admin 16:19, 10 October 2013 Nikker 版を反映。)
1行目: 1行目:
 +
<div id-"Description">
 
==説明==
 
==説明==
この[[条件分岐タグ]]は、ダッシュボードまたは管理パネルが表示されているかどうかをチェックします。これは TRUE または FALSE の値を返す boolean 関数です。
+
</div>
  
<!--
+
この[[条件分岐タグ]]はダッシュボードまたは管理画面の表示中かどうかをチェックします。しかし現在のユーザーががダッシュボードまたは管理画面を見る権限を持つかどうか確かめる手段として使っては''いけません''(代わりに [[関数リファレンス/current_user_can|current_user_can()]] を使ってください)。これはアクセス中の URL が管理画面に含まれるなら <tt>true</tt> を、フロントエンドのページなら <tt>false</tt> を返す真偽値型の関数です。
This [[Conditional Tags|Conditional Tag]] checks if the Dashboard or the administration panel is attempting to be displayed. It ''should not'' be used as a means to verify whether the current user has permission to view the Dashboard or the administration panel (try [[Function_Reference/current_user_can|current_user_can()]] instead).
+
This is a boolean function that will return <tt>true</tt> if the URL being accessed is in the admin section, or <tt>false</tt> for a front-end page.
+
-->
+
  
 +
<div id="Usage">
 
==使い方==
 
==使い方==
<code><?php is_admin(); ?></code>
+
</div>
  
 +
<?php is_admin(); ?>
 +
 +
<div id="Parameters">
 
==パラメータ==
 
==パラメータ==
 +
</div>
 +
 
この関数に指定できるパラメータはありません。
 
この関数に指定できるパラメータはありません。
  
 +
<div id="Return_Values">
 
==戻り値==
 
==戻り値==
; <tt>(boolean)</tt> : ダッシュボード/管理パネルであれば True、そうでなければ false
+
</div>
  
 +
; <tt>(真偽値)</tt> : ダッシュボード/管理画面であれば true、そうでなければ false
 +
 +
<div id="Examples">
 
==用例==
 
==用例==
 +
</div>
 +
 
<pre>
 
<pre>
 
if ( ! is_admin() ) {
 
if ( ! is_admin() ) {
     echo "You are viewing the theme";
+
     echo "テーマを使って表示中";
 
} else {
 
} else {
     echo "You are viewing the WordPress Administration Panels";
+
     echo "WordPress 管理画面を表示中";
 
}
 
}
 
</pre>
 
</pre>
  
====
+
<div id="Notes">
* <tt>is_admin()</tt> は、wp-login.phpにアクセスしようとするとfalseを返します。
+
==参考==
* <tt>is_admin()</tt> は、ajaxリクエストをしようとしたときに<tt>true</tt>を返します。
+
</div>
* <tt>is_admin()</tt> は、 will return <tt>true</tt> load-scripts.php と load-styles.phpを呼び出すと<tt>true</tt>を返します。
+
* <tt>is_admin()</tt> は、セキュリティチェックのために使用するためのものでは''ありません''。
+
It will return true whenever the current URL is for a page on the admin side of WordPress.
+
It does not check if the user is logged in, nor if the user even has access to the page being requested.
+
  
これは、様々な目的のために使用するプラグインやテーマの便利な関数ですが、それはセキュアなリクエストかを検証するには適していません。
+
* <tt>is_admin()</tt> は wp-login.php にアクセスしようとすると <tt>false</tt> を返します。
 +
* <tt>is_admin()</tt> は ajax リクエストをしようとしたときに <tt>true</tt> を返します。
 +
* <tt>is_admin()</tt> は load-scripts.php と load-styles.php が呼び出されていると <tt>true</tt> を返します。
 +
* <tt>is_admin()</tt> はセキュリティチェックのために使うことを意図したもの''ではありません''。現在の URL が WordPress の管理画面側のページならいつでも true を返します。ユーザーがログイン中かチェックせず、要求されたページのアクセス権限を持つこともチェックしません。プラグインやテーマがいろいろな用途に使える便利な関数ですが、セキュアな要求であることを検証するには適しません。
  
==更新履歴==
+
<div id="Change_Log">
Since: 1.5.1
+
==変更履歴==
 +
</div>
  
 +
新規導入: 1.5.1
 +
 +
<div id="Source_File">
 
==ソースファイル==
 
==ソースファイル==
<!-- Need links to current source code files -->
+
</div>
<tt>is_admin()</tt> は {{Trac|wp-includes/load.php}} に含まれています。
+
  
==関連==
+
<tt>is_admin()</tt> は {{Trac|wp-includes/load.php}} にあります。
 +
 
 +
<div id="Related">
 +
==関連項目==
 +
</div>
  
 
{{Conditional Tags}}
 
{{Conditional Tags}}
48行目: 64行目:
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{NeedTrans}}
+
{{原文|Function_Reference/is_admin|154702}} <!-- 09:52, 23 November 2015 Gblsm 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:Is_admin}}  
 
{{DEFAULTSORT:Is_admin}}  
{{原文|Function_Reference/is_admin|136951}}<!--  16:19, 10 October 2013‎ Nikker 版 -->
 
 
 
[[Category:条件分岐タグ]]
 
[[Category:条件分岐タグ]]
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:関数]]
  
 
[[en:Function_Reference/is_admin]]
 
[[en:Function_Reference/is_admin]]

2015年11月23日 (月) 19:13時点における版

説明

この条件分岐タグはダッシュボードまたは管理画面の表示中かどうかをチェックします。しかし現在のユーザーががダッシュボードまたは管理画面を見る権限を持つかどうか確かめる手段として使ってはいけません(代わりに current_user_can() を使ってください)。これはアクセス中の URL が管理画面に含まれるなら true を、フロントエンドのページなら false を返す真偽値型の関数です。

使い方

<?php is_admin(); ?>

パラメータ

この関数に指定できるパラメータはありません。

戻り値

(真偽値) 
ダッシュボード/管理画面であれば true、そうでなければ false

用例

if ( ! is_admin() ) {
     echo "テーマを使って表示中";
} else {
     echo "WordPress 管理画面を表示中";
}

参考

  • is_admin() は wp-login.php にアクセスしようとすると false を返します。
  • is_admin() は ajax リクエストをしようとしたときに true を返します。
  • is_admin() は load-scripts.php と load-styles.php が呼び出されていると true を返します。
  • is_admin() はセキュリティチェックのために使うことを意図したものではありません。現在の URL が WordPress の管理画面側のページならいつでも true を返します。ユーザーがログイン中かチェックせず、要求されたページのアクセス権限を持つこともチェックしません。プラグインやテーマがいろいろな用途に使える便利な関数ですが、セキュアな要求であることを検証するには適しません。

変更履歴

新規導入: 1.5.1

ソースファイル

is_admin()wp-includes/load.php にあります。

条件分岐タグis_404(), is_admin(), is_admin_bar_showing(), is_archive(), is_attachment(), is_author(), is_category(), is_comments_popup(), is_date(), is_day(), is_feed(), is_front_page(), is_home(), is_local_attachment(), is_main_query, /is_multi_author, is_month(), is_new_day(), is_page(), is_page_template(), is_paged(), is_plugin_active(), is_plugin_active_for_network() /en, is_plugin_inactive() /en, is_plugin_page() /en, is_post_type_archive(), is_preview() /en, is_search(), is_single(), is_singular(), is_sticky(), is_tag(), is_tax(), is_taxonomy_hierarchical(), is_time(), is_trackback(), is_year(), in_category(), in_the_loop(), is_active_sidebar(), is_active_widget(), is_blog_installed() /en, is_rtl(), is_dynamic_sidebar(), is_user_logged_in(), has_excerpt(), has_post_thumbnail(), has_tag(), pings_open(), email_exists(), post_type_exists(), taxonomy_exists(), term_exists(), username_exists() /en, wp_attachment_is_image(), wp_script_is()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/is_admin最新版との差分