• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/have comments」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(関連: 原文タグ)
(用例)
21行目: 21行目:
  
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
Twentytenの <tt>comments.php</tt> テンプレートを元に例: Comments title (and more) is displayed only when comments are available:
+
Twentytenの <tt>comments.php</tt> テンプレートを元に例: コメントのタイトル (以上) はコメントは利用可能である場合にのみ表示する:
  
 
<pre>
 
<pre>

2015年8月7日 (金) 20:39時点における版


説明

Determines whether there are any Comments to loop over or not.

使い方

This function relies upon the global $wp_query object to be set - this is usually the case from within The Loop.

Warning: this function will always return "false" until after comments_template has been called. If you need to check for comments before calling comments_template, use get_comments_number instead.

<?php $have_comments = have_comments(); ?>

パラメータ

なし

戻り値

(bool) 
現在のクエリに利用可能なコメントがついている場合にはtrue、そうでなければfalse を返す。

用例

Twentytenの comments.php テンプレートを元に例: コメントのタイトル (以上) はコメントは利用可能である場合にのみ表示する:

<?php if ( have_comments() ) : ?>
	<h3 id="comments-title"><?php
		printf(
			_n( 'One Response to %2$s', '%1$s Responses to %2$s', get_comments_number(), 'twentyten' ),
			number_format_i18n( get_comments_number() ),
			'<em>' . get_the_title() . '</em>' 
		);
	?></h3>
// [and more, of course...]
<?php else : // or, if we don't have comments:
	if ( ! comments_open() ) : ?>
		<p class="nocomments"><?php _e( 'Comments are closed.', 'twentyten' ); ?></p>
	<?php endif; // end ! comments_open() ?>
<?php endif; // end have_comments() ?>

  • Uses global: (object) $wp_query to determine if comments are available (via have_comments method).

更新履歴

新規導入: 2.2.0

ソースファイル

have_comments()wp-includes/query.phpにあります。

関連

  • the_comment


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


このページ「関数リファレンス/have comments」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/have_comments最新版との差分