当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/has filter

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2015年6月7日 (日) 14:24時点におけるHideokamoto (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「== 説明 == 指定したフィルターが存在するかを確認します。 フィルターは、様々な種類のテキストがデータベースまたはブラ...」)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

説明

指定したフィルターが存在するかを確認します。

フィルターは、様々な種類のテキストがデータベースまたはブラウザ画面に送信される前に WordPress が変更を行うフックです。プラグインは、フィルター API を利用して、指定したテキストをその時点で変更する PHP 関数を実行できます。フィルターフックの一覧は プラグイン_API/フィルターフック一覧 を参照してください。

使い方

<?php has_filter ( string $tag, callback|bool $function_to_check = false ) ?>

パラメータ

$tag
文字列) (必須) 存在を確認したいフィルター名。
初期値: なし
$function_to_check
コールバック) (オプション) そのフックでの優先順位を返します。存在しない場合はfalseを返します。
初期値: false

戻り値

フィルターが登録されている場合はtrue、そうでない場合はfalseを返します。 $function_to_checkが指定されている場合、フックの優先順位を表す整数を返します。

利用方法

<?php
if ( ! has_filter( 'the_content', 'example_alter_the_content' ) )
    add_filter( 'the_content', 'prefix_alter_the_content' );
?>

更新履歴

新規導入: 2.5

ソースファイル

has_filter()wp-includes/plugin.php にあります。


関連資料

フィルター: has_filter(), add_filter(), apply_filters(), current_filter(), remove_filter(), remove_all_filters()


このページ「関数リファレンス/has filter」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/has_filter最新版との差分

この記事は翻訳時に編集が必要であるとマークされていました。その為Codex原文が大きく編集されている可能性があります。内容を確認される際は原文を参照していただき、可能であれば本項目へ反映させてください。よりよいCodexを作成するためのお手伝いをお願いします。