当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/get theme root

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2013年9月28日 (土) 23:26時点におけるDjkaz (トーク | 投稿記録)による版 (各章の名前と、戻り値まで翻訳完了。)

移動先: 案内検索

テーマディレクトリの絶対パスを取得します。この時、最後のスラッシュは記載されません。

使用法

<?php get_theme_root(); ?>

パラメーター

$stylesheet_or_template
string) (必須) テーマのスタイルシートまたはテンプレート名
初期値: なし

戻り値

(string) 
テーマディレクトリの絶対パス。ただし、最後のスラッシュは記載されません。

使用例

Number of Subdirectories in Themes Directory

The function below informs about the number of subdirectories in the themes directory. Note that this doesn't necessarily match the number of themes recognized by WordPress.

<?php
function display_themes_subdirs_count_info()
  $theme_root = get_theme_root();
  $files_array = glob("$theme_root/*", GLOB_ONLYDIR);
  echo "There are " . count($files_array) . " subdirectories in the " . $theme_root " directory"; 
}
?>

Example output:

There are 5 subdirectories in the /home/user/public_html/wp-content/themes directory.

改訂履歴

1.5.0 にて導入されました。

ソースファイル

get_theme_root()wp-includes/theme.php にあります。

テーマのパス: get_template(), get_template_directory(), get_template_directory_uri(), get_theme_roots() /en, get_theme_root(), get_theme_root_uri() /en, get_stylesheet() /en, get_stylesheet_uri(), get_stylesheet_directory(), get_stylesheet_directory_uri(), get_bloginfo()



最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get theme root 最新版との差分


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。