• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get template directory uri」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(翻訳済、div無)
({{CheckTrans})
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
{{CheckTrans}}
+
 
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
[[Templates|テンプレート]] ディレクトリの URI を取得する。SSL が存在するかチェックする。
+
有効化している [[Templates|テンプレート]] ディレクトリの URI を取得する。SSL が存在するかチェックする。
  
末尾にスラッシュは無し。
+
<b>注意</b>: 末尾にスラッシュ( / )は含まれません。
 +
 
 +
子テーマを使用している場合、親テーマのディレクトリの URI を返します。子テーマのディレクトリを取得するには [[関数リファレンス/get_stylesheet_directory_uri|<tt> get_stylesheet_directory_uri()</tt>]] を使用します。
  
 
== 使い方 ==
 
== 使い方 ==
  <?php get_template_directory_uri(); ?> (スクリプトや html ファイルにテーマの uri を出力しない)
+
<b>Use the URI</b>
 +
  <?php get_template_directory_uri(); ?>
  
  <?php echo get_template_directory_uri(); ?> (スクリプトや html ファイルにテーマの uri を出力する)
+
<b>Output the URI</b>
 +
  <?php echo get_template_directory_uri(); ?>
  
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
14行目: 18行目:
  
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
; (文字列) : テンプレートのあるディレクトリ URI
+
; uri (文字列) : テンプレートのあるディレクトリ URI
  
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
+
get_template_directory_uri() を使って スクリプトを正しいパスで登録
 +
<pre>
 +
<?php
 +
function my_scripts_method() {
 +
wp_enqueue_script(
 +
'custom_script',
 +
get_template_directory_uri() . '/js/custom_script.js',
 +
array('jquery')
 +
);
 +
}
 +
add_action('wp_enqueue_scripts', 'my_scripts_method');
 +
?>
 +
</pre>
  
 
== 注 ==
 
== 注 ==
23行目: 39行目:
 
* [[関数リファレンス/get_template|<tt>get_template()</tt>]]/[[:en:Function_Reference/get_template|en]] を使用。
 
* [[関数リファレンス/get_template|<tt>get_template()</tt>]]/[[:en:Function_Reference/get_template|en]] を使用。
 
* [[関数リファレンス/get_theme_root_uri|<tt>get_theme_root_uri()</tt>]]/[[:en:Function_Reference/get_theme_root_uri|en]] を使用。
 
* [[関数リファレンス/get_theme_root_uri|<tt>get_theme_root_uri()</tt>]]/[[:en:Function_Reference/get_theme_root_uri|en]] を使用。
* 子テーマを使用している場合、親テーマのディレクトリのURI。子テーマの URI ではない。(親テーマのディレクトリを取得するには [[関数リファレンス/get_stylesheet_directory_uri|<tt> get_stylesheet_directory_uri()</tt>]] を使用する)
 
  
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
Since: 1.5.0
+
新規導入: Version 1.5.0
  
 
== ソースファイル ==
 
== ソースファイル ==
<!-- Need links to current source code files -->
 
<tt>get_template_directory_uri()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/theme.php}}.
 
  
{{原文|Function Reference/get_template_directory_uri|102037}}<!-- 17:02, 13 March 2011 SimonFairbairn 版 -->
+
<tt>get_template_directory_uri()</tt> は {{Trac|wp-includes/theme.php}}にあります。
 +
 
 +
{{原文|Function Reference/get_template_directory_uri|115889}}<!-- 00:14, 14 April 2012 Jdesrosiers 版 -->
 +
 
 +
== 関連 ==
 +
[http://gatespace.jp/2013/02/22/underscores04/#sec3 http://gatespace.jp/2013/02/22/underscores04/#sec3] -GateSpace スターターテーマ _s を使ってWordPressのテーマをつくる(ファイルパスとブログ情報編)
  
== Related ==
+
* [[Function_Reference/get_stylesheet_directory_uri|get_stylesheet_directory_uri]]
<!--
+
    To Do:
+
    Need to find related functions.
+
    Need to create groups of functions and create templates to add them to a page quickly.
+
    Some functions may be related to many groups of functions.
+
-->
+
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:関数]]

2015年6月16日 (火) 11:06時点における最新版

説明

有効化している テンプレート ディレクトリの URI を取得する。SSL が存在するかチェックする。

注意: 末尾にスラッシュ( / )は含まれません。

子テーマを使用している場合、親テーマのディレクトリの URI を返します。子テーマのディレクトリを取得するには get_stylesheet_directory_uri() を使用します。

使い方

Use the URI

<?php get_template_directory_uri(); ?>

Output the URI

<?php echo get_template_directory_uri(); ?>

パラメータ

なし

戻り値

uri (文字列) 
テンプレートのあるディレクトリ URI

用例

get_template_directory_uri() を使って スクリプトを正しいパスで登録

<?php
function my_scripts_method() {
	wp_enqueue_script(
		'custom_script',
		get_template_directory_uri() . '/js/custom_script.js',
		array('jquery')
	);
}
add_action('wp_enqueue_scripts', 'my_scripts_method');
?>

変更履歴

新規導入: Version 1.5.0

ソースファイル

get_template_directory_uri()wp-includes/theme.phpにあります。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get_template_directory_uri最新版との差分

関連

http://gatespace.jp/2013/02/22/underscores04/#sec3 -GateSpace スターターテーマ _s を使ってWordPressのテーマをつくる(ファイルパスとブログ情報編)


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。