• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get template」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/get_template 02:52, 31 October 2013 Juanvillegas 版を流し込み。)
 
(和訳完了。)
 
1行目: 1行目:
== Description ==
+
{{CheckTrans}}
Retrieves the directory name of the current [[Glossary#Theme|theme]], without the trailing slash.
+
  
In the case a child theme is being used, the directory name of the parent theme will be returned. Use [[Function Reference/get_stylesheet|<tt>get_stylesheet()</tt>]] to get the directory name of the child theme.
+
== 説明<span id="Description"></span> ==
 +
 
 +
現在の[[用語集#Theme|テーマ]]のディレクトリー名を取得します。スラッシュは付きません。
 +
 
 +
子テーマを使っている場合は親テーマのディレクトリー名が返されます。子テーマのディレクトリー名を取得するには [[関数リファレンス/get_stylesheet|<tt>get_stylesheet()</tt>]] を使ってください。
 +
 
 +
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
  
== Usage ==
 
 
  <?php get_template() ?>
 
  <?php get_template() ?>
  
== Parameters ==
+
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
This tag has no parameters.
+
  
== Return Values ==
+
この関数はパラメータを持ちません。
{{Return||string| Directory name of the current theme (without the trailing slash). Its the same as the name of the theme.}}.
+
  
== Examples ==
+
== 戻り値<span id="Return Values"></span> ==
For example, if your current active theme is named 'heli', then:
+
 
 +
{{Return||文字列| 現在のテーマのディレクトリー名(スラッシュを含まない)。これはテーマの名前と同じ。}}
 +
 
 +
== 用例<span id="Examples"></span> ==
 +
 
 +
例えば現在有効なテーマの名前が <tt>'heli'</tt> であるなら:
 
  <?php echo get_template() ?>
 
  <?php echo get_template() ?>
will output
+
は次のように出力します:
 
  heli
 
  heli
  
== Notes ==
+
== 参考<span id="Notes"></span> ==
* Uses: [[Function Reference/get_option|<tt>get_option()</tt>]] to retrieve the [[Option_Reference#Themes|template]] option.
+
 
* Uses: [[Function Reference/apply_filters|<tt>apply_filters()</tt>]] to apply the [[Plugin API/Filter Reference/template|template]] filters on the retrieved ''template'' option.
+
* [[関数リファレンス/get_option|<tt>get_option()</tt>]] を使って [[オプション設定リファレンス#Themes|template]] オプションを取得します。
 +
* [[関数リファレンス/apply_filters|<tt>apply_filters()</tt>]] を使って、取得した ''template'' オプションにフィルター [[プラグイン API/フィルターフック一覧/template|template]] を適用します。
 +
 
 +
== 変更履歴<span id="Change_Log"></span> ==
 +
 
 +
新規導入: [[Version_1.5 | 1.5.0]]
 +
 
 +
== ソースファイル<span id="Source_File"></span> ==
  
== Change Log ==
+
<tt>get_template()</tt> は {{Trac|wp-includes/theme.php}} にあります。
Since: [[Version_1.5 | 1.5.0]]
+
  
== Source File ==
+
== 関連項目<span id="Related"></span> ==
<!-- Need links to current source code files -->
+
<tt>get_template()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/theme.php}}, line 241.
+
  
== Related ==
 
 
{{Theme Paths}}
 
{{Theme Paths}}
  

2017年4月15日 (土) 22:15時点における最新版

この項目「関数リファレンス/get template」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

説明

現在のテーマのディレクトリー名を取得します。スラッシュは付きません。

子テーマを使っている場合は親テーマのディレクトリー名が返されます。子テーマのディレクトリー名を取得するには get_stylesheet() を使ってください。

使い方

<?php get_template() ?>

パラメータ

この関数はパラメータを持ちません。

戻り値

(文字列) 
現在のテーマのディレクトリー名(スラッシュを含まない)。これはテーマの名前と同じ。

用例

例えば現在有効なテーマの名前が 'heli' であるなら:

<?php echo get_template() ?>

は次のように出力します:

heli

参考

変更履歴

新規導入: 1.5.0

ソースファイル

get_template()wp-includes/theme.php にあります。

関連項目

テーマのパス: get_template(), get_template_directory(), get_template_directory_uri(), get_theme_roots() /en, get_theme_root(), get_theme_root_uri() /en, get_stylesheet() /en, get_stylesheet_uri(), get_stylesheet_directory(), get_stylesheet_directory_uri(), get_bloginfo()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get_template最新版との差分