• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get taxonomies」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(関連情報: {{DEFAULTSORT:Get_taxonomies}} を追加。)
(最新版のマージ <!--18:43, 2 November 2014‎ Realloc 版 -->)
 
(2人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
== 解説 ==
+
<div id="Description">
 
+
== 説明 ==
 +
</div>
 
登録済みタクソノミーのオブジェクトのリストを取得します。
 
登録済みタクソノミーのオブジェクトのリストを取得します。
  
== 使用例 ==
+
<div id="Usage">
 
+
== 使い方 ==
 +
</div>
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php get_taxonomies( $args, $output, $operator ) ?>
 
<?php get_taxonomies( $args, $output, $operator ) ?>
 
</pre>
 
</pre>
  
== 引数 ==
+
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
  
 
{{Parameter|$args|配列|タクソノミーを検索する為の「キー -> 値」の配列です。すべての引数にマッチするタクソノミーだけを取得します。|オプション}}
 
{{Parameter|$args|配列|タクソノミーを検索する為の「キー -> 値」の配列です。すべての引数にマッチするタクソノミーだけを取得します。|オプション}}
33行目: 37行目:
 
{{Parameter|$operator|文字列|$args に引数を2つ以上入れた場合の結合方法 ( and または or ) です。|オプション|and}}
 
{{Parameter|$operator|文字列|$args に引数を2つ以上入れた場合の結合方法 ( and または or ) です。|オプション|and}}
  
 +
<div id="Return_Value">
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
 
+
</div>
 
; 配列 : タクソノミーの名前またはオブジェクトのリスト。名前の場合、タクソノミーの名前を次のような配列として取得します。
 
; 配列 : タクソノミーの名前またはオブジェクトのリスト。名前の場合、タクソノミーの名前を次のような配列として取得します。
 
<pre>
 
<pre>
85行目: 90行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
 +
<div id="Examples">
 
== 例 ==
 
== 例 ==
=== デフォルト ===
+
</div>
 
+
<div id="Default_Usage">
次のように呼び出すと [[関数リファレンス/get_taxonomies|get_taxonomies]] は登録済みタクソノミーを返します。
+
=== デフォルトの使い方 ===
 +
</div>
 +
次のように呼び出すと [[関数リファレンス/get_taxonomies|get_taxonomies]] は登録済みのカスタム分類を返します。
 
<pre>
 
<pre>
<?php $taxonomies=get_taxonomies(); ?>
+
<?php $taxonomies = get_taxonomies(); ?>
 
</pre>
 
</pre>
  
=== すべての登録済みタクソノミーのリストを出力 ===
+
<div id="Output_a_list_all_registered_taxonomies">
 +
=== すべての登録済みカスタム分類のリストを出力 ===
 +
</div>
 +
<pre>
 +
<?php
  
<pre>
+
$taxonomies = get_taxonomies();  
<?php
+
foreach ( $taxonomies as $taxonomy ) {
$taxonomies=get_taxonomies('','names');  
+
    echo '<p>' . $taxonomy . '</p>';
foreach ($taxonomies as $taxonomy ) {
+
  echo '<p>'. $taxonomy. '</p>';
+
 
}
 
}
 +
 
?>
 
?>
 
</pre>
 
</pre>
  
 +
<div id="Output_a_list_of_all_public_custom_taxonomies">
 
=== すべてのカスタムタクソノミーのリストを出力 ===
 
=== すべてのカスタムタクソノミーのリストを出力 ===
 
+
</div>
 
次のように呼び出すと、すべてのカスタムタクソノミー(組み込みのものを除く)を返します。
 
次のように呼び出すと、すべてのカスタムタクソノミー(組み込みのものを除く)を返します。
 
<pre>
 
<pre>
114行目: 126行目:
 
    
 
    
 
);  
 
);  
$output = 'names';
+
$output = 'names'; // or objects
$operator = 'and';
+
$operator = 'and'; // 'and' or 'or'
 
$taxonomies = get_taxonomies( $args, $output, $operator );  
 
$taxonomies = get_taxonomies( $args, $output, $operator );  
 
if ( $taxonomies ) {
 
if ( $taxonomies ) {
   foreach ( $taxonomies as $taxonomy ) {
+
   foreach ( $taxonomies as $taxonomy ) {
 
     echo '<p>' . $taxonomy . '</p>';
 
     echo '<p>' . $taxonomy . '</p>';
 
   }
 
   }
125行目: 137行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
 +
<div id="Output_a_named_taxonomy">
 
=== 名前を指定してタクソノミーを出力 ===
 
=== 名前を指定してタクソノミーを出力 ===
 
+
</div>
 
以下の例は 'object' 形式の出力を取得して、 'genre' という名前のタクソノミーを表示します。
 
以下の例は 'object' 形式の出力を取得して、 'genre' という名前のタクソノミーを表示します。
 
<pre>
 
<pre>
133行目: 146行目:
 
   'name' => 'genre'
 
   'name' => 'genre'
 
);
 
);
$output = 'objects';
+
$output = 'objects'; // or names
$taxonomies = get_taxonomies( $args, $output );  
+
$taxonomies=get_taxonomies($args,$output);  
if ( $taxonomies ) {
+
if ($taxonomies) {
   foreach ( $taxonomies as $taxonomy ) {
+
   foreach ($taxonomies as $taxonomy ) {
 
     echo '<p>' . $taxonomy->name . '</p>';
 
     echo '<p>' . $taxonomy->name . '</p>';
 
   }
 
   }
143行目: 156行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
 +
<div id="Source_File">
 
== ソースファイル ==
 
== ソースファイル ==
 
+
</div>
 
<tt>get_taxonomies()</tt> は {{Trac|wp-includes/taxonomy.php}} にあります。
 
<tt>get_taxonomies()</tt> は {{Trac|wp-includes/taxonomy.php}} にあります。
  
 +
<div id="Change_Log">
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
 
+
</div>
 
* [[Version 3.0|3.0.0]] から導入されました。
 
* [[Version 3.0|3.0.0]] から導入されました。
  
 +
<div id="Related">
 
== 関連情報 ==
 
== 関連情報 ==
 
+
</div>
 
{{Taxonomy Tags}}
 
{{Taxonomy Tags}}
 
<!-- {{Term Tags}} -->
 
<!-- {{Term Tags}} -->
158行目: 174行目:
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Function_Reference/get_taxonomies|127496}}<!--19:02, 18 February 2013 Veraxus -->
+
{{原文|Function_Reference/get_taxonomies|147772}}<!--18:43, 2 November 2014‎ Realloc 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:Get_taxonomies}}
 
{{DEFAULTSORT:Get_taxonomies}}
 
[[Category:テンプレートタグ]]
 
[[Category:テンプレートタグ]]
 
[[Category:タクソノミー]]
 
[[Category:タクソノミー]]
 
+
[[Category:wp3.0]]
 
[[en:Function_Reference/get_taxonomies]]
 
[[en:Function_Reference/get_taxonomies]]

2015年8月14日 (金) 08:30時点における最新版

登録済みタクソノミーのオブジェクトのリストを取得します。

使い方

<?php get_taxonomies( $args, $output, $operator ) ?>

パラメータ

$args
配列) (オプション) タクソノミーを検索する為の「キー -> 値」の配列です。すべての引数にマッチするタクソノミーだけを取得します。
初期値: なし

以下のキーが使えます。

  • name
  • object_type (配列)
  • label
  • singular_label
  • show_ui
  • show_tagcloud
  • public
  • update_count_callback
  • rewrite
  • query_var
  • manage_cap
  • edit_cap
  • delete_cap
  • assign_cap
  • _builtin
$output
文字列) (オプション) 出力形式を指定します。タクソノミーの 'names' または 'objects' です。
初期値: 'names'
$operator
文字列) (オプション) $args に引数を2つ以上入れた場合の結合方法 ( and または or ) です。
初期値: and

戻り値

配列 
タクソノミーの名前またはオブジェクトのリスト。名前の場合、タクソノミーの名前を次のような配列として取得します。
Array ( [special_taxonomy] => special_taxonomy [custom_taxonomy] => custom_taxonomy )

オブジェクトの場合、次のようなオブジェクトの配列になります。

Array ( [special_taxonomy] => stdClass Object  [custom_taxonomy] => stdClass Object  )

オブジェクトはそれぞれ、以下のようなフィールドを持ちます。

stdClass Object ( 
[hierarchical] => 
[update_count_callback] =>  
[rewrite] => 
[query_var] => 
[public] => 
[show_ui] => 
[show_tagcloud] => 
[_builtin] => 
[labels] => stdClass Object ( 
	[name] =>  
	[singular_name] =>
	[search_items] => 
	[popular_items] => 
	[all_items] => 
	[parent_item] => 
	[parent_item_colon] =>  
	[edit_item] => 
	[view_item] =>  
	[update_item] => 
	[add_new_item] => 
	[new_item_name] => 
	[separate_items_with_commas] => 
	[add_or_remove_items] => 
	[choose_from_most_used] => 
	[menu_name] =>  
	[name_admin_bar] =>  ) 
[show_in_nav_menus] => 
[cap] => stdClass Object ( 
	[manage_terms] =>  
	[edit_terms] =>  
	[delete_terms] =>  
	[assign_terms] =>  ) 
[name] =>  
[object_type] => Array () 
[label]  )

デフォルトの使い方

次のように呼び出すと get_taxonomies は登録済みのカスタム分類を返します。

<?php $taxonomies = get_taxonomies(); ?>

すべての登録済みカスタム分類のリストを出力

<?php

$taxonomies = get_taxonomies(); 
foreach ( $taxonomies as $taxonomy ) {
    echo '<p>' . $taxonomy . '</p>';
}

?>

すべてのカスタムタクソノミーのリストを出力

次のように呼び出すと、すべてのカスタムタクソノミー(組み込みのものを除く)を返します。

<?php 
$args = array(
  'public'   => true,
  '_builtin' => false
  
); 
$output = 'names'; // or objects
$operator = 'and'; // 'and' or 'or'
$taxonomies = get_taxonomies( $args, $output, $operator ); 
if ( $taxonomies ) {
  foreach ( $taxonomies  as $taxonomy ) {
    echo '<p>' . $taxonomy . '</p>';
  }
}
?>

名前を指定してタクソノミーを出力

以下の例は 'object' 形式の出力を取得して、 'genre' という名前のタクソノミーを表示します。

<?php 
$args=array(
  'name' => 'genre'
);
$output = 'objects'; // or names
$taxonomies=get_taxonomies($args,$output); 
if  ($taxonomies) {
  foreach ($taxonomies  as $taxonomy ) {
    echo '<p>' . $taxonomy->name . '</p>';
  }
}  
?>

ソースファイル

get_taxonomies()wp-includes/taxonomy.php にあります。

変更履歴

  • 3.0.0 から導入されました。

カスタム分類: get_taxonomy(), taxonomy_exists(), register_taxonomy(), get_taxonomies(), the_taxonomies(), get_taxonomy_labels(), get_taxonomy_template(), is_object_in_taxonomy(), get_the_taxonomies(), get_post_taxonomies(), get_object_taxonomies(), is_taxonomy_hierarchical()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/get_taxonomies最新版との差分