当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/get stylesheet uri」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(英語版をコピペ。)
 
(関連項目)
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
== Description ==
+
<div id="Description">
Retrieves the URI of the current [[Glossary#Theme|theme]] [http://en.wikipedia.org/wiki/Cascading_Style_Sheets stylesheet].
+
== 説明 ==
 +
</div>
 +
現状のテーマで使われているスタイルシートの URI を返す関数です。
  
The stylesheet file name is <tt>'style.css'</tt> which is appended to [[Function_Reference/get_stylesheet_directory_uri|<tt>get_stylesheet_directory_uri()</tt>]] path.
+
スタイルシートのファイル名は [[Function_Reference/get_stylesheet_directory_uri|<tt>get_stylesheet_directory_uri()</tt>]] のパスに対して付与される <tt>'style.css'</tt> となります。
  
== Usage ==
+
<div id="Usage">
%%%<?php get_stylesheet_uri(); ?>%%%
+
== 使用法 ==
 +
</div>
 +
<?php get_stylesheet_uri(); ?>
  
== Parameters ==
+
<div id="Parameters">
None.
+
== パラメーター ==
 +
</div>
 +
なし。
  
== Return Values ==
+
<div id="Return Values">
; (string) : Returns URI of current theme stylesheet.
+
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
; (string) : 現状のテーマスタイルシートの URI を返します。
  
== Examples ==
+
<div id="Example">
To output the URL
+
== 使用例 ==
%%%<?php echo get_stylesheet_uri(); ?>%%%
+
</div>
 +
URL を出力する場合。
 +
<?php echo get_stylesheet_uri(); ?>
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
  
== Notes ==
+
<div id="Notes">
* Uses: [[Function_Reference/apply_filters|<tt>apply_filters()</tt>]] Calls <tt>'stylesheet_uri'</tt> filter on stylesheet URI path and stylesheet directory URI.
+
== 注 ==
* Uses: [[Function_Reference/get_stylesheet_directory_uri|<tt>get_stylesheet_directory_uri()</tt>]]
+
</div>
 +
* [[Function_Reference/apply_filters|<tt>apply_filters()</tt>]] が、スタイルシート URI パスと、スタイルシートディレクトリー URI に対して、 <tt>'stylesheet_uri'</tt> フィルターを呼び出します。
 +
* [[Function_Reference/get_stylesheet_directory_uri|<tt>get_stylesheet_directory_uri()</tt>]] を用います。
  
== Change Log ==
+
<div id="Change Log">
Since: 1.5.0
+
== 改訂履歴 ==
 +
</div>
 +
1.5.0にて導入されました。
  
== Source File ==
+
<div id="Source File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
<tt>get_stylesheet_uri()</tt> は {{Trac|wp-includes/theme.php}} にあります。
  
<tt>get_stylesheet_uri()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/theme.php}}.
+
<div id="Related">
 
+
== 関連項目 ==
== Related ==
+
</div>
 
<!--
 
<!--
 
     To Do:
 
     To Do:
37行目: 54行目:
 
-->
 
-->
  
{{Tag Footer}}
+
{{原文| Function Reference/get stylesheet uri|136152}}<!--  22:40, September 23, 2013 Djkaz 版 -->
  
[[Category:Functions]]
+
 
[[Category:New_page_created]]
+
{{Tag Footer}}

2015年5月18日 (月) 09:05時点における最新版

現状のテーマで使われているスタイルシートの URI を返す関数です。

スタイルシートのファイル名は get_stylesheet_directory_uri() のパスに対して付与される 'style.css' となります。

使用法

<?php get_stylesheet_uri(); ?>

パラメーター

なし。

戻り値

(string) 
現状のテーマスタイルシートの URI を返します。

使用例

URL を出力する場合。

<?php echo get_stylesheet_uri(); ?>

  • apply_filters() が、スタイルシート URI パスと、スタイルシートディレクトリー URI に対して、 'stylesheet_uri' フィルターを呼び出します。
  • get_stylesheet_directory_uri() を用います。

改訂履歴

1.5.0にて導入されました。

ソースファイル

get_stylesheet_uri()wp-includes/theme.php にあります。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get stylesheet uri最新版との差分


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。