• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get sidebar」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(翻訳済。divなし)
()
 
(3人の利用者による、間の3版が非表示)
1行目: 1行目:
 
==説明==
 
==説明==
現在のテーマディレクトリの <tt>sidebar.php</tt> テンプレートファイルを[[インクルードタグ|読み込みます]]。名前 ($name) を指定すると、指定したサイドバー <tt>sidebar-{name}.php</tt> を読み込みます。
+
現在のテーマディレクトリの <tt>sidebar.php</tt> テンプレートファイルを[[インクルードタグ|読み込みます]]
  
<tt>sidebar.php</tt> ファイルがテーマに含まれていない場合は、デフォルトテーマの <code>wp-includes/theme-compat/sidebar.php</code> を読み込みます。
+
名前 ($name) を指定すると、対応するサイドバー <tt>sidebar-{name}.php</tt> を読み込みます。<tt>sidebar-{name}.php</tt> が存在しない場合は、かわりに <tt>sidebar.php</tt> を読み込みます。
 +
 
 +
<tt>sidebar.php</tt> ファイルがテーマに含まれていない場合は、デフォルトテーマの <code>wp-includes/theme-compat/sidebar.php</code> からサイドバーを読み込みます。
  
 
==使い方==
 
==使い方==
8行目: 10行目:
  
 
==パラメータ==
 
==パラメータ==
{{Parameter|$name|文字列|<tt>sidebar-name.php</tt> を世澪込む|オプション}}
+
{{Parameter|$name|文字列|<tt>sidebar-name.php</tt> を読み込む|オプション}}
  
 
==用例==
 
==用例==
32行目: 34行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
右サイドバーと左サイドバーのファイル名は、それぞれ <tt>sidebar-right.php</tt> と <tt>sidebar-left.php</tt> にしてください。
+
この場合、右サイドバーと左サイドバーのファイル名は、それぞれ <tt>sidebar-right.php</tt> と <tt>sidebar-left.php</tt> にします。
  
 
===複数のサイドバー===
 
===複数のサイドバー===
異なるページで異なるサイドバーを読み込みます。
+
ページごとに異なるサイドバーを読み込みます。
  
 
<pre>
 
<pre>
49行目: 51行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
ホームのサイドバーと 404 のサイドバーは、それぞれ <tt>sidebar-home.php</tt> と <tt>sidebar-404.php</tt> にしてください。
+
この場合、ホームのサイドバーと 404 のサイドバーは、それぞれ <tt>sidebar-home.php</tt> と <tt>sidebar-404.php</tt> にします。
  
 
==注==
 
==注==
  
* Uses: [[関数リファレンス/locate_template|locate_template()]]
+
* Uses: [[関数リファレンス/locate_template|locate_template()]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]]  
 
* Uses: [[関数リファレンス/do_action|do_action()]] Calls 'get_sidebar' action.
 
* Uses: [[関数リファレンス/do_action|do_action()]] Calls 'get_sidebar' action.
  
64行目: 66行目:
  
 
==関連==
 
==関連==
{{インクルードタグ}}
+
{{Include Tags}}
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:関数]]
{{原文|Function Reference/get sidebar|92909}}<!-- 23:15, 11 September 2010 Ramiy  版 -->
+
{{原文|Function Reference/get sidebar|92909}}<!-- 23:56, 28 May 2013 Especkman 版 -->

2015年6月14日 (日) 14:02時点における最新版

説明

現在のテーマディレクトリの sidebar.php テンプレートファイルを読み込みます

名前 ($name) を指定すると、対応するサイドバー sidebar-{name}.php を読み込みます。sidebar-{name}.php が存在しない場合は、かわりに sidebar.php を読み込みます。

sidebar.php ファイルがテーマに含まれていない場合は、デフォルトテーマの wp-includes/theme-compat/sidebar.php からサイドバーを読み込みます。

使い方

<?php get_sidebar( $name ); ?>

パラメータ

$name
文字列) (オプションsidebar-name.php を読み込む
初期値: なし

用例

シンプルな 404 ページ

次のコードは、"HTTP 404: Not Found" エラーページ(お使いのテーマ404.php)のシンプルな例です。

<?php get_header(); ?>
<h2>Error 404 - Not Found</h2>
<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>

左サイドバーと右サイドバー

一つのテーマで二つのサイドバーが使えます。

<?php get_header(); ?>
<?php get_sidebar('left'); ?>
<?php get_sidebar('right'); ?>
<?php get_footer(); ?>

この場合、右サイドバーと左サイドバーのファイル名は、それぞれ sidebar-right.phpsidebar-left.php にします。

複数のサイドバー

ページごとに異なるサイドバーを読み込みます。

<?php
if ( is_home() ) :
    get_sidebar('home');
elseif ( is_404() ) :
    get_sidebar('404');
else :
    get_sidebar();
endif;
?>

この場合、ホームのサイドバーと 404 のサイドバーは、それぞれ sidebar-home.phpsidebar-404.php にします。

変更履歴

  • 1.5.0 以降
  • 2.5.0 で 'name' パラメータを追加。

ソースファイル

get_sidebar() は、wp-includes/general-template.php にあります。

関連

インクルードタグ: get_header(), get_footer(), get_sidebar(), get_template_part(), get_search_form(), comments_template()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get sidebar最新版との差分