• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get query template」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
()
(クリーンアップ。)
1行目: 1行目:
 +
<div id="Description">
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
拡張子無しでファイルのパスを取得します。
+
</div>
  
ファイルの拡張子を含まないファイルのパスを直接取得するために使用します。
+
拡張子を使わずにファイルのパスを取得します。
  
もし[[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]] を使用したファイルが存在する場合、親テンプレートもチェックします。
+
拡張子を指定しないでファイルのパスを簡単に取得できます。[[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]] を利用して、ファイルの有無を親テーマについてもチェックします。他の <tt>get_*_template()</tt> 関数を使わずに、より汎用的なファイルパスの取得が行えます。
  
他の<tt>get_*_template()</tt>関数を使用せずに、より汎用的なファイルパスの設定を可能にします。
+
取得したパスのファイルを読み込むには [http://us3.php.net/manual/ja/function.include.php <tt>include()</tt>] [http://us3.php.net/manual/ja/function.require.php <tt>require()</tt>] が使えます。
 
+
<pre>
パスを取得するのに、 [http://us3.php.net/manual/en/function.include.php <tt>include()</tt>] または [http://us3.php.net/manual/en/function.require.php <tt>require()</tt>] を使うことができます。
+
 
+
<code>
+
 
     if ( &#39;&#39; != get_query_template( '404' ) )
 
     if ( &#39;&#39; != get_query_template( '404' ) )
 
         include( get_query_template( '404' ) );
 
         include( get_query_template( '404' ) );
</code>
+
</pre>
  
or the same can be accomplished with
+
以下のコードでも実現できます。
<code>
+
<pre>
 
     if ( &#39;&#39; != get_404_template() )
 
     if ( &#39;&#39; != get_404_template() )
 
         include( get_404_template() );
 
         include( get_404_template() );
</code>
+
</pre>
  
 +
<div id="Usage">
 
== 使い方 ==
 
== 使い方 ==
 +
</div>
  
 
  <?php get_query_template( $type, $templates ); ?>
 
  <?php get_query_template( $type, $templates ); ?>
  
 +
<div id="Parameters">
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
 +
</div>
  
{{Parameter|$type|string|拡張子なしのファイル名}}
+
{{Parameter|$type|文字列|拡張子なしのファイル名。}}
  
{{Parameter|$templates|array|テンプレート候補のオプションのリスト|optional|array()}}
+
{{Parameter|$templates|配列|テンプレート候補のリスト。|オプション|array()}}
  
 +
<div id="Return_Values">
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
; (string) : ファイルへのフルパス
+
</div>
  
 +
; (文字列) : ファイルへのフルパス。
 +
 +
<div id="Examples">
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
 +
</div>
 +
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
  
== ==
+
<div id="Notes">
* Uses: [[関数リファレンス/apply_filters|<tt>apply_filters()</tt>]] on <tt>[[Filter_Reference/type_template|{$type}_template]]</tt> on result from [[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]].
+
== 参考 ==
* Uses:"{<tt>$type</tt>}.php" では[[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]]を使用してください。
+
</div>
 +
 
 +
* [[関数リファレンス/apply_filters|<tt>apply_filters()</tt>]] を使ってフィルター <tt>[[Filter_Reference/type_template|{$type}_template]]</tt> [[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]] の戻り値に適用します。
 +
* <tt>$templates</tt> が空の場合、[[関数リファレンス/locate_template|<tt>locate_template()</tt>]] /[[:en:Function_Reference/locate_template|en]] で "{<tt>$type</tt>}.php" を探します。
 +
 
 +
<div id="Change_Log">
 +
== 変更履歴 ==
 +
</div>
  
== 更新履歴 ==
 
 
新規導入: 1.5.0
 
新規導入: 1.5.0
  
 +
<div id="Source_File">
 
== ソースファイル ==
 
== ソースファイル ==
 +
</div>
  
<tt>get_query_template()</tt> は {{Trac|wp-includes/template.php}}にあります。
+
<tt>get_query_template()</tt> は {{Trac|wp-includes/template.php}} にあります。
  
== 関連 ==
+
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Function Reference/get query template|139334}}<!-- 23:11, 12 December 2013‎ Mistercat 版 -->
+
{{原文|Function Reference/get query template|153412}} <!-- 05:59, 14 August 2015 Miccweb 版 -->
 +
 
 +
[[en:Function Reference/get_query_template]]
 +
[[it:Riferimento funzioni/get_query_template]]

2017年3月10日 (金) 23:14時点における版

拡張子を使わずにファイルのパスを取得します。

拡張子を指定しないでファイルのパスを簡単に取得できます。locate_template() /en を利用して、ファイルの有無を親テーマについてもチェックします。他の get_*_template() 関数を使わずに、より汎用的なファイルパスの取得が行えます。

取得したパスのファイルを読み込むには include()require() が使えます。

    if ( '' != get_query_template( '404' ) )
        include( get_query_template( '404' ) );

以下のコードでも実現できます。

    if ( '' != get_404_template() )
        include( get_404_template() );

使い方

<?php get_query_template( $type, $templates ); ?>

パラメータ

$type
文字列) (必須) 拡張子なしのファイル名。
初期値: なし
$templates
配列) (オプション) テンプレート候補のリスト。
初期値: array()

戻り値

(文字列) 
ファイルへのフルパス。

用例


参考

変更履歴

新規導入: 1.5.0

ソースファイル

get_query_template()wp-includes/template.php にあります。


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get query template最新版との差分