当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/get post status」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(戻り値)
(関連資料: {{原文|Function_Reference/get_post_status|140865}} <!-- 16:04, 29 January 2014‎ Jblz 版 -->)
 
(他の1人の利用者による、間の2版が非表示)
15行目: 15行目:
 
</div>
 
</div>
  
{{Parameter|$ID|整数|投稿 ID。未指定(空文字)の場合は現在の投稿が対象になります。|オプション|&#39;&#39;(空文字)}}
+
{{Parameter|$ID|整数&#124;WP_Post|投稿 ID または投稿オブジェクト。未指定(空文字)の場合は現在の投稿が対象になります。|オプション|<nowiki>''</nowiki>(空文字)}}
  
 
<div id="Return_Values">
 
<div id="Return_Values">
22行目: 22行目:
  
 
; <tt>(文字列&#124;真偽値)</tt> : 指定した ID を持つ投稿がない場合は <tt>false</tt> を返します。
 
; <tt>(文字列&#124;真偽値)</tt> : 指定した ID を持つ投稿がない場合は <tt>false</tt> を返します。
:* <code>'draft'</code> - 下書き
 
:* <code>'pending'</code> - 承認待ち
 
:* <code>'private'</code> - 非公開
 
:* <code>'publish'</code> - 公開済
 
  
尚、WordPress本体のバージョンによって、戻り値が若干違うようです。関数などに組み込む前に、事前に戻り値を確認してからの仕様をお奨めします。
+
ステータスは次の何れかの値です:
  
<div id="Examples">
+
* <code>'publish'</code> - 公開済
 +
* <code>'pending'</code> - 承認待ち
 +
* <code>'draft'</code> - 下書き
 +
* <code>'auto-draft'</code> - 新規作成された投稿。まだコンテンツがない。
 +
* <code>'future'</code> - 予約済(未来に投稿される)
 +
* <code>'private'</code> - 非公開(ログインしていないユーザーから見えない)
 +
* <code>'inherit'</code> - リビジョン。[[関数リファレンス/get_children|get_children()]] を見てください。
 +
* <code>'trash'</code> - ゴミ箱にある投稿。バージョン 2.9 で追加された。
  
 +
<div id="Examples">
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
 
</div>
 
</div>
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
+
 
 +
基本的な例です:
 +
<pre>
 +
<?php
 +
if ( get_post_status ( $ID ) == 'private' ) {
 +
echo '非公開';
 +
} else {
 +
echo '公開済';
 +
}
 +
?>
 +
</pre>
  
 
<div id="Notes">
 
<div id="Notes">
== ==
+
== 参考 ==
 
</div>
 
</div>
  
49行目: 63行目:
 
</div>
 
</div>
  
<!-- Need links to current source code files -->
+
<tt>get_post_status()</tt> は {{Trac|wp-includes/post.php}} にあります。
<tt>get_post_status()</tt> は {{Trac|wp-includes/post.php}} に含まれています。
+
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
 
== 関連資料 ==
 
== 関連資料 ==
 
</div>
 
</div>
 
<!--
 
    To Do:
 
    Need to find related functions.
 
    Need to create groups of functions and create templates to add them to a page quickly.
 
    Some functions may be related to many groups of functions.
 
-->
 
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
{{原文|Function Reference/get post status|71793}}<!-- 13:27, 19 May 2009 Ramiy -->
+
 
[[Category:Functions]]
+
{{原文|Function_Reference/get_post_status|140865}} <!-- 16:04, 29 January 2014‎ Jblz 版 -->
 +
 
 +
{{DEFAULTSORT:Get_post_status}}
 +
[[Category:関数]]
 +
 
 
[[en:Function Reference/get post status]]
 
[[en:Function Reference/get post status]]
 +
[[it:Riferimento_funzioni/get_post_status]]
 +
[[ru:Справочник_по_функциям/get_post_status]]

2015年8月16日 (日) 08:47時点における最新版

指定した ID を持つ投稿の公開ステータスを取得します。添付ファイルの ID を指定した場合は、親投稿の公開ステータスを取得します。

使い方

<?php get_post_status( $ID ) ?>

パラメータ

$ID
整数|WP_Post) (オプション) 投稿 ID または投稿オブジェクト。未指定(空文字)の場合は現在の投稿が対象になります。
初期値: ''(空文字)

戻り値

(文字列|真偽値) 
指定した ID を持つ投稿がない場合は false を返します。

ステータスは次の何れかの値です:

  • 'publish' - 公開済
  • 'pending' - 承認待ち
  • 'draft' - 下書き
  • 'auto-draft' - 新規作成された投稿。まだコンテンツがない。
  • 'future' - 予約済(未来に投稿される)
  • 'private' - 非公開(ログインしていないユーザーから見えない)
  • 'inherit' - リビジョン。get_children() を見てください。
  • 'trash' - ゴミ箱にある投稿。バージョン 2.9 で追加された。

用例

基本的な例です:

<?php
	if ( get_post_status ( $ID ) == 'private' ) {
		echo '非公開';
	} else {
		echo '公開済';
	}
?>

参考

変更履歴

ソースファイル

get_post_status()wp-includes/post.php にあります。


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/get_post_status最新版との差分