• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get page template」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function_Reference/get_page_template 22:59, 2 February 2014 Olarmarius 版を流し込み、Code Reference 最新版をマージ。)
 
(和訳完了。)
 
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
{{CheckTrans}}
  
== Description ==
+
== 説明<span id="Description"></span> ==
Retrieve path of [[Page_Templates|page template]] in current or parent template.
+
  
First attempt is to look for the file in the <tt>'_wp_page_template'</tt> page meta data. The second attempt, if the first has a file and is not empty, is to look for <tt>'page.php'</tt>.
+
現在のテーマまたは親テーマの [[ページテンプレート]] のパスを取得します。
 +
 
 +
まず現在の固定ページのメタデータ <tt>'_wp_page_template'</tt> に含まれるファイルを探します。次に [[テンプレート階層#Page_display|テンプレート階層]] に基づいて <tt>'page.php'</tt> を探します。このような順序です:
 +
 
 +
# {固定ページに指定されたテンプレート}.php
 +
# page-{固定ページのスラッグ}.php
 +
# page-{固定ページ ID}.php
 +
# page.php
 +
 
 +
例えば:
 +
 
 +
# page-templates/full-width.php
 +
# page-about.php
 +
# page-4.php
 +
# page.php
 +
 
 +
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
  
== Usage ==
 
 
  <?php get_page_template(); ?>
 
  <?php get_page_template(); ?>
  
== Parameters ==
+
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
None.
+
  
== Return Values ==
+
なし。
; (string) : Returns path of page template in current or parent template.
+
  
== Examples ==
+
== 戻り値<span id="Return_Values"></span> ==
  
Displays the filename of the page template used to render a Page (printed within an HTML comment, in this example) :
+
; (文字列) : 現在のテーマまたは親テーマの page テンプレートのパス。
<pre><?php echo '<!-- ' . basename( get_page_template() ) . ' -->'; ?></pre>
+
 
 +
== 用例<span id="Examples"></span> ==
 +
 
 +
固定ページの表示に使われているページテンプレートのファイル名を表示します。この例では HTML コメントに入れています:
 +
<pre>
 +
<?php echo '<!-- ' . basename( get_page_template() ) . ' -->'; ?>
 +
</pre>
 +
 
 +
== 参考<span id="Notes"></span> ==
  
== Notes ==
 
 
<!--
 
<!--
 
* Uses: [[Function_Reference/get_post_meta|<tt>get_post_meta()</tt>]]
 
* Uses: [[Function_Reference/get_post_meta|<tt>get_post_meta()</tt>]]
28行目: 47行目:
 
* Uses global: (<tt>object</tt>) [[Class_Reference/WP_Query|<tt>$wp_query</tt>]]
 
* Uses global: (<tt>object</tt>) [[Class_Reference/WP_Query|<tt>$wp_query</tt>]]
 
-->
 
-->
The hierarchy for this template looks like:
+
* テンプレート階層とテンプレートのパスをフィルターで変えられます。動的なフィルター <tt>'$type_template_hierarchy'</tt> と <tt>'$type_template'</tt> で、<tt>$type</tt> は 'page' です。
 
+
# {Page Template}.php
+
# page-{page_name}.php
+
# page-{id}.php
+
# page.php
+
 
+
An example of this is:
+
 
+
# page-templates/full-width.php
+
# page-about.php
+
# page-4.php
+
# page.php
+
  
The template hierarchy and template path are filterable via the <tt>'$type_template_hierarchy'</tt> and <tt>'$type_template'</tt> dynamic hooks, where <tt>$type</tt> is 'page'.
+
== 変更履歴<span id="Change_Log"></span> ==
  
== Change Log ==
+
新規導入: 1.5.0
Since: 1.5.0
+
  
== Source File ==
+
== ソースファイル<span id="Source_File"></span> ==
  
<tt>get_page_template()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/template.php}}.
+
<tt>get_page_template()</tt> {{Trac|wp-includes/template.php}} にあります。
  
== Related ==
+
== 関連項目<span id="Related"></span> ==
  
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}

2018年6月2日 (土) 12:15時点における最新版

この項目「関数リファレンス/get page template」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

説明

現在のテーマまたは親テーマの ページテンプレート のパスを取得します。

まず現在の固定ページのメタデータ '_wp_page_template' に含まれるファイルを探します。次に テンプレート階層 に基づいて 'page.php' を探します。このような順序です:

  1. {固定ページに指定されたテンプレート}.php
  2. page-{固定ページのスラッグ}.php
  3. page-{固定ページ ID}.php
  4. page.php

例えば:

  1. page-templates/full-width.php
  2. page-about.php
  3. page-4.php
  4. page.php

使い方

<?php get_page_template(); ?>

パラメータ

なし。

戻り値

(文字列) 
現在のテーマまたは親テーマの page テンプレートのパス。

用例

固定ページの表示に使われているページテンプレートのファイル名を表示します。この例では HTML コメントに入れています:

<?php echo '<!-- ' . basename( get_page_template() ) . ' -->'; ?>

参考

  • テンプレート階層とテンプレートのパスをフィルターで変えられます。動的なフィルター '$type_template_hierarchy''$type_template' で、$type は 'page' です。

変更履歴

新規導入: 1.5.0

ソースファイル

get_page_template()wp-includes/template.php にあります。

関連項目

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: Reference / Functions / get_page_template()