当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/get object taxonomies」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(和訳の準備のみ。)
(最初の和訳を完了。)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
 +
指定された投稿タイプまたは投稿オブジェクトに関連付けられた、すべてのタクソノミー(カスタム分類)を取得します。
  
== Description ==
+
<div id="Usage">
Returns all the taxonomies for a post type or post object
+
== 使い方 ==
 
+
</div>
== Usage ==
+
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php get_object_taxonomies( $object, $output ); ?>
 
<?php get_object_taxonomies( $object, $output ); ?>
 
</pre>
 
</pre>
  
== Parameters ==
+
<div id="Parameters">
{{Parameter|$object|array&#124;string&#124;object|Name of the post type, or a post object (row from posts)}}
+
== パラメータ ==
{{Parameter|$output|string|The type of output to return, either taxonomy 'names' or 'objects'.|optional|'names'}}
+
</div>
 +
{{Parameter|$object|配列&#124;文字列&#124;オブジェクト|投稿タイプの名前、または一個の投稿オブジェクト(配列 posts の要素)}}
 +
{{Parameter|$output|文字列|戻り値のタイプを、タクソノミーの 'names' (名前)または 'objects' (オブジェクト)の何れかで指定。|オプション|'names'}}
  
== Return Values ==
+
<div id="Return Values">
; (array) : All taxonomy names or objects for the given post type/post object
+
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
; (配列) : 指定された投稿タイプまたは投稿オブジェクトに関連付けられた、すべてのタクソノミーの名前またはオブジェクト
  
== Examples ==
+
<div id="Examples">
 +
== 例 ==
 +
</div>
  
=== Taxonomy names for post type ===
+
<div id="Taxonomy names for post type">
 +
=== 投稿タイプに付けられたタクソノミーの名前 ===
 +
</div>
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php  
 
<?php  
28行目: 38行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
will typically output:
+
上記からは例えば次のような出力が得られます:
  
 
<pre>
 
<pre>
39行目: 49行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
=== Taxonomy objects for post type ===
+
<div id="Taxonomy objects for post type">
 
+
=== 投稿タイプに付けられたタクソノミーのオブジェクト ===
If the $output parameter is 'objects', taxonomy objects will be returned as described in [[Function_Reference/get_taxonomies#Return_Value | get_taxonomies() ]]
+
</div>
 +
パラメータ $output 'objects' を指定すると、 [[関数リファレンス/get_taxonomies#Return_Value | get_taxonomies()]] に示されたようなタクソノミーのオブジェクトが返されます。
  
 
<pre>
 
<pre>
52行目: 63行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
will output
+
上記は次のように出力します:
  
 
<pre>
 
<pre>
91行目: 102行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
=== Taxonomy names for post object ===
+
<div id="Taxonomy names for post object">
To get the taxonomies for the current post, the current post object can be passed instead of the post type
+
=== 投稿オブジェクトに付けられたタクソノミーの名前 ===
 +
</div>
 +
(ループの中で)現在の投稿に付けられたタクソノミーを取得するには、投稿タイプの代わりに現在の投稿オブジェクトをパラメータにします。
  
 
<pre>
 
<pre>
109行目: 122行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
will output
+
上記は次のように出力します:
  
 
<pre>
 
<pre>
120行目: 133行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
== Change Log ==
+
<div id="Change Log">
Since: 2.3.0
+
== 変更履歴 ==
 +
</div>
 +
バージョン [[Version 2.3|2.3.0]] にて導入されました。
  
== Source File ==
+
<div id="Source File">
<tt>get_object_taxonomies()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/taxonomy.php}}.
+
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
<tt>get_object_taxonomies()</tt> {{Trac|wp-includes/taxonomy.php}} にあります。
  
== Related ==
+
<div id="Related">
 +
== 関連 ==
 +
</div>
 
*[[Function_Reference/get_taxonomies | get_taxonomies() ]]
 
*[[Function_Reference/get_taxonomies | get_taxonomies() ]]
 
{{Taxonomy Tags}}
 
{{Taxonomy Tags}}

2014年7月8日 (火) 22:00時点における版

指定された投稿タイプまたは投稿オブジェクトに関連付けられた、すべてのタクソノミー(カスタム分類)を取得します。

使い方

<?php get_object_taxonomies( $object, $output ); ?>

パラメータ

$object
配列|文字列|オブジェクト) (必須) 投稿タイプの名前、または一個の投稿オブジェクト(配列 posts の要素)
初期値: なし
$output
文字列) (オプション) 戻り値のタイプを、タクソノミーの 'names' (名前)または 'objects' (オブジェクト)の何れかで指定。
初期値: 'names'

戻り値

(配列) 
指定された投稿タイプまたは投稿オブジェクトに関連付けられた、すべてのタクソノミーの名前またはオブジェクト

投稿タイプに付けられたタクソノミーの名前

<?php 

   $taxonomy_names = get_object_taxonomies( 'post' );
   print_r( $taxonomy_names);

?>

上記からは例えば次のような出力が得られます:

Array
(
    [0] => category
    [1] => post_tag
    [2] => post_format
)

投稿タイプに付けられたタクソノミーのオブジェクト

パラメータ $output に 'objects' を指定すると、 get_taxonomies() に示されたようなタクソノミーのオブジェクトが返されます。

<?php 

   $taxonomy_objects = get_object_taxonomies( 'post', 'objects' );
   print_r( $taxonomy_objects);

?>

上記は次のように出力します:

Array
(
    [category] => stdClass Object
        (
            [hierarchical] => 1
            [update_count_callback] => 
            [rewrite] => 
            [query_var] => category_name
            [public] => 1
            [show_ui] => 1
            [show_tagcloud] => 1
            [_builtin] => 1
            [labels] => stdClass Object
                (
                    ...
                )

            ...

            [name] => category
            [label] => Categories
        )

    [post_tag] => stdClass Object
        (
            ...
        )

    [post_format] => stdClass Object
        (
            ....
        )

)

投稿オブジェクトに付けられたタクソノミーの名前

(ループの中で)現在の投稿に付けられたタクソノミーを取得するには、投稿タイプの代わりに現在の投稿オブジェクトをパラメータにします。

<?php 

    function get_current_post_taxonomies(){
        global $post;

        $taxonomy_names = get_object_taxonomies( $post );
        print_r( $taxonomy_names );
    }

    add_action('wp_head','get_current_post_taxonomies');

?>

上記は次のように出力します:

Array
(
    [0] => category
    [1] => post_tag
    [2] => post_format
)

変更履歴

バージョン 2.3.0 にて導入されました。

ソースファイル

get_object_taxonomies()wp-includes/taxonomy.php にあります。

カスタム分類: get_taxonomy(), taxonomy_exists(), register_taxonomy(), get_taxonomies(), the_taxonomies(), get_taxonomy_labels(), get_taxonomy_template(), is_object_in_taxonomy(), get_the_taxonomies(), get_post_taxonomies(), get_object_taxonomies(), is_taxonomy_hierarchical()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get object taxonomies最新版との差分