当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

関数リファレンス/get header

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2014年5月17日 (土) 15:13時点におけるKITE (トーク | 投稿記録)による版 (説明)

移動先: 案内検索

このページ「関数リファレンス/get header」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

説明

現在のテーマディレクトリの header.php テンプレートファイルを読み込みます。名前(name)を指定すると、指定したヘッダー header-{name}.php を読み込みます。

header.php ファイルがテーマに含まれていない場合は、デフォルトテーマの wp-includes/theme-compat/header.php を読み込みます。

使い方

<?php get_header( $name ); ?>

パラメータ

$name
string) (optional) Calls for header-name.php.
初期値: なし

用例

Simple 404 page

The following code is a simple example of a template for an "HTTP 404: Not Found" error (which you could include in your Theme as 404.php).

<?php get_header(); ?>
<h2>Error 404 - Not Found</h2>
<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>

Multi headers

Different header for different pages.

<?php
if ( is_home() ) :
  get_header('home');
elseif ( is_404() ) :
  get_header('404');
else :
  get_header();
endif;
?>

The file names for the home and 404 headers should be header-home.php and header-404.php respectively.

Notes

変更履歴

ソースファイル

get_header() is located in wp-includes/general-template.php.

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get header最新版との差分