当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「関数リファレンス/get edit post link」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(翻訳しました。)
 
(一部修正)
14行目: 14行目:
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
  
{{Parameter|id|integer|投稿の ID|optional}}
+
{{Parameter|id| 整数 |投稿の ID| オプション l}}
{{Parameter|context|string|アンドマーク (&) の書き方。 '&amp;amp;' としてエンコードされる文字列をデフォルトで設定します。 他の値を渡すと (空の値を含む) ,  '&amp;' としてエンコードされます。 |optional|'display'}}
+
{{Parameter|context| 文字列 |アンドマーク (&) の書き方。 '&amp;amp;' としてエンコードされる文字列をデフォルトで設定します。 他の値を渡すと (空の値を含む) ,  '&amp;' としてエンコードされます。 | オプション |'display'}}
  
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
21行目: 21行目:
  
 
== 更新履歴 ==
 
== 更新履歴 ==
* Since: 2.3.0
+
* 2.3.0: 以降
  
 
== ソースファイル ==
 
== ソースファイル ==

2017年9月17日 (日) 14:19時点における版

[http://wpdocs.sourceforge.jp{{localurl: テンプレート:en テンプレート:ja }} 日本語] •

説明

ユーザーが投稿の編集権限を持っていると、投稿の編集 url を値として返す。権限を確認せずに、 URL を検索する場合には admin_url() を代用.

ワードプレスループの中、外の両方で使用可能。固定ページ、投稿ページ、添付ファイル、修正履歴でも使用可能。

使い方

<?php echo get_edit_post_link( $id, $context ); ?> 

パラメータ

id
整数 ) ( オプション l) 投稿の ID
初期値: なし
context
文字列 ) ( オプション ) アンドマーク (&) の書き方。 '&amp;' としてエンコードされる文字列をデフォルトで設定します。 他の値を渡すと (空の値を含む) , '&' としてエンコードされます。
初期値: 'display'

戻り値

admin_url() (string) 
投稿や投稿タイプを編集するためのadmin_url()

更新履歴

  • 2.3.0: 以降

ソースファイル

get_edit_post_link()wp-includes/link-template.phpにあります。

関連関数

リンク編集 edit_post_link, edit_comment_link, edit_tag_link, edit_bookmark_link /en



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。