• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/get category by slug」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(英語版よりコピー)
 
(最新のマージ<!-- 11:39, 25 May 2015‎ Jnhghy 版 -->)
 
(3人の利用者による、間の5版が非表示)
1行目: 1行目:
== Description ==
+
<div id="Description">
Retrieve category object by category slug.
+
== 説明 ==
 +
</div>
  
== Usage ==
+
カテゴリーのスラッグからカテゴリーオブジェクトを取得します。
%%%<?php get_category_by_slug( $slug ) ?>%%%
+
見つからなければ false を返します。
  
== Parameters ==
+
<div id="Usage">
{{Parameter|$slug|string|The category slug.}}
+
== 使い方 ==
 +
</div>
  
== Return Values ==
+
<?php get_category_by_slug( $slug ); ?>
; (object) : Category data object
+
  
== Examples ==
+
<div id="Parameters">
<pre><?php  
+
== パラメータ ==
   $idObj = get_category_by_slug('category-name');  
+
</div>
 +
 
 +
{{Parameter|$slug|文字列|カテゴリーのスラッグ。}}
 +
 
 +
<div id="Return Values">
 +
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
 
 +
; (オブジェクト) : カテゴリーのオブジェクト。
 +
; (真偽値) : 見つからなければ false を返す。
 +
 
 +
<div id="Examples">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
 +
 
 +
<pre>
 +
<?php  
 +
   $idObj = get_category_by_slug( 'category-slug ');
 
   $id = $idObj->term_id;
 
   $id = $idObj->term_id;
 
?></pre>
 
?></pre>
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
 
<!-- Need creative examples. Feel free to link to external examples. -->
== Notes ==
 
* Uses: [[Function_Reference/get_term_by|<tt>get_term_by()</tt>]] to get the category object
 
* Uses: [[Function_Reference/_make_cat_compat|<tt>_make_cat_compat()</tt>]] to make category object compatible with WP 2.3.0 and earlier versions.
 
  
== Change Log ==
+
<div id="Notes">
Since: 2.3.0
+
== 参考 ==
 +
</div>
 +
 
 +
* カテゴリーオブジェクトを取得するために [[関数リファレンス/get_term_by|get_term_by()]] を内部で使用しています。
 +
* カテゴリーオブジェクトを WordPress 2.3.0 以前のバージョンとの互換性を持たせるために、[[関数リファレンス/_make_cat_compat|_make_cat_compat()]] /[[:en:Function_Reference/_make_cat_compat|en]]を内部で使用しています。
 +
 
 +
<div id="Change Log">
 +
 
 +
== 変更履歴 ==
 +
</div>
 +
 
 +
[[Version 2.3|バージョン 2.3.0]] にて導入されました。
 +
 
 +
<div id="Source_File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
 
 +
<tt>get_category_by_slug()</tt> は {{Trac|wp-includes/category.php}} にあります。
 +
 
 +
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
 +
 
 +
{{Tag Category Tags}}
 +
 
 +
{{Tag Footer}}
  
== Source File ==
+
{{原文|Function Reference/get_category_by_slug|151783}} <!-- 11:39, 25 May 2015‎ Jnhghy  版 -->
<tt>get_category_by_slug()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/category.php}}.
+
  
== Related ==
+
{{DEFAULTSORT:Get_category_by_slug}}
<!--
+
[[Category:関数]]
    To Do:
+
    Need to find related functions.
+
    Need to create groups of functions and create templates to add them to a page quickly.
+
    Some functions may be related to many groups of functions.
+
-->
+
  
[[Category:Functions]]
+
[[en:Function Reference/get_category_by_slug]]
 +
[[it:Riferimento funzioni/get_category_by_slug]]

2015年8月11日 (火) 10:34時点における最新版

カテゴリーのスラッグからカテゴリーオブジェクトを取得します。 見つからなければ false を返します。

使い方

<?php get_category_by_slug( $slug ); ?>

パラメータ

$slug
文字列) (必須) カテゴリーのスラッグ。
初期値: なし

戻り値

(オブジェクト) 
カテゴリーのオブジェクト。
(真偽値) 
見つからなければ false を返す。

用例

<?php 
  $idObj = get_category_by_slug( 'category-slug ');
  $id = $idObj->term_id;
?>

参考

  • カテゴリーオブジェクトを取得するために get_term_by() を内部で使用しています。
  • カテゴリーオブジェクトを WordPress 2.3.0 以前のバージョンとの互換性を持たせるために、_make_cat_compat() /enを内部で使用しています。

変更履歴

バージョン 2.3.0 にて導入されました。

ソースファイル

get_category_by_slug()wp-includes/category.php にあります。


カテゴリータグ: the_category(), the_category_rss(), single_cat_title(), category_description(), wp_dropdown_categories(), wp_list_categories(), get_the_category(), get_the_category_by_ID(), get_category_by_slug(), get_the_category_list(), get_category_parents(), get_category_link(), is_category(), in_category()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get_category_by_slug最新版との差分