• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/date i18n」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
({{原文|Function_Reference/date_i18n|110186}}<!-- 20:55, 20 October 2011 Abdessamad idrissi 版 -->)
 
(翻訳済み、div はつけていない)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
{{CheckTrans}}
  
== Description ==
+
== 説明 ==
Retrieve the date in localized format, based on timestamp.
+
タイムスタンプに基づいて、ローカライズされた書式で日付を取得する。
  
If the locale specifies the locale month and weekday, then the locale will take over the format for the date. If it isn't, then the date format string will be used instead.
+
ロケールが月と週を指定している場合、日付にもその書式を適用します。そうでない場合、日付書式文字列が適用されます。
  
[[Wikipedia:i18n|<tt>i18n</tt>]] is an abbreviation for Internationalization. (There are 18 letters between the first "i" and last "n".)
+
[[Wikipedia:i18n|<tt>i18n</tt>]] は、Internationalization(最初の "i" と最後の "n" の間に 18 文字)=国際化を意味します。
  
== Usage ==
+
== 使い方 ==
%%%<?php echo date_i18n( $dateformatstring, $unixtimestamp, $gmt ) ?>%%%
+
<?php echo date_i18n( $dateformatstring, $unixtimestamp, $gmt ) ?>
  
== Parameters ==
+
== パラメータ ==
{{Parameter|$dateformatstring|string|Format to display the date.}}
+
{{Parameter|$dateformatstring|文字列|日付を表示する書式}}
{{Parameter|$unixtimestamp|integer|Unix timestamp.|optional|false}}
+
{{Parameter|$unixtimestamp|整数|Unix タイムスタンプ|オプション|false}}
{{Parameter|$gmt|boolean|Whether to convert to GMT for time.|optional|false}}
+
{{Parameter|$gmt|真偽値|GMT に変換するかどうか|オプション|false}}
  
== Return Values ==
+
== 戻り値 ==
; (string) : The date, translated if locale specifies it.
+
; (文字列) : 日付。ロケールが指定していれば翻訳される。
  
== Examples ==
+
== 用例 ==
Depending on your blog settings you will see the date displayed in your local format, for example: 15. november 1976.
+
ブログ設定に基づいて、ローカル書式で日付を表示します。例: 15. november 1976.
  
 
  <?php echo date_i18n(get_option('date_format') ,strtotime("11/15-1976"));?>
 
  <?php echo date_i18n(get_option('date_format') ,strtotime("11/15-1976"));?>
  
== Notes ==
+
== ==
* See Also: [[Formatting Date and Time]]
+
* [[日付と時刻の書式]] も参照。
* Uses global: (<tt>object</tt>) <tt>$wp_locale</tt> handles the date and time locales.
+
* グローバルを使用。(<tt>object</tt>) <tt>$wp_locale</tt> が日付と時間のロケールを処理する。
  
== Change Log ==
+
== 変更履歴 ==
* Since: 0.71
+
* 新規導入: 0.71
  
== Source File ==
+
== ソースファイル ==
<tt>date_i18n()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/functions.php}}.
+
<tt>date_i18n()</tt> {{Trac|wp-includes/functions.php}} に含まれています。
  
== Related ==
+
== 関連資料 ==
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
 
{{原文|Function_Reference/date_i18n|110186}}<!-- 20:55, 20 October 2011 Abdessamad idrissi 版 -->
 
{{原文|Function_Reference/date_i18n|110186}}<!-- 20:55, 20 October 2011 Abdessamad idrissi 版 -->
 
[[Category:関数]]
 
[[Category:関数]]

2012年1月21日 (土) 09:54時点における版

この項目「関数リファレンス/date i18n」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

説明

タイムスタンプに基づいて、ローカライズされた書式で日付を取得する。

ロケールが月と週を指定している場合、日付にもその書式を適用します。そうでない場合、日付書式文字列が適用されます。

i18n は、Internationalization(最初の "i" と最後の "n" の間に 18 文字)=国際化を意味します。

使い方

<?php echo date_i18n( $dateformatstring, $unixtimestamp, $gmt ) ?>

パラメータ

$dateformatstring
文字列) (必須) 日付を表示する書式
初期値: なし
$unixtimestamp
整数) (オプション) Unix タイムスタンプ
初期値: false
$gmt
真偽値) (オプション) GMT に変換するかどうか
初期値: false

戻り値

(文字列) 
日付。ロケールが指定していれば翻訳される。

用例

ブログ設定に基づいて、ローカル書式で日付を表示します。例: 15. november 1976.

<?php echo date_i18n(get_option('date_format') ,strtotime("11/15-1976"));?>

  • 日付と時刻の書式 も参照。
  • グローバルを使用。(object) $wp_locale が日付と時間のロケールを処理する。

変更履歴

  • 新規導入: 0.71

ソースファイル

date_i18n()wp-includes/functions.php に含まれています。

関連資料

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/date_i18n最新版との差分