• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/add action」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(最新版に更新。カテゴリーを修正。)
(注: 節の和訳。初めての編集なのでちょっとドキドキ。)
44行目: 44行目:
 
== 注 ==
 
== 注 ==
  
To find out the number and name of arguments for an action, simply search the code base for the matching do_action() call.  For example, if you are hooking into 'save_post', you would find it in post.php:
+
フックしたい関数の引数の数および引数名を確認したいときは、'code base'より該当する関数のdo_action()を探します。
 +
たとえば、'save_post'関数にフックしたいとき、post.phpに次の行を見つけることができます。
  
 
  do_action('save_post', $post_ID, $post);
 
  do_action('save_post', $post_ID, $post);
  
Your add_action call would look like:
+
add_actionの呼び出しは次のようになります。
  
 
  add_action('save_post', 'my_save_post');
 
  add_action('save_post', 'my_save_post');
  
And your function would be:
+
そして関数は以下のようになります。
  
 
  function my_save_post($post_ID, $post) {
 
  function my_save_post($post_ID, $post) {
  //code here
+
  //コードをここに記述
 
  }
 
  }
  

2011年12月10日 (土) 14:21時点における版

このページ「関数リファレンス/add action」は注未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

説明

特定のアクションに関数をフックします。

アクションフックの一覧は アクションフック一覧 をごらんください。アクションは(通常は) WordPress コアが do_action() を呼び出すときにトリガーされます。

使い方

<?php add_action( $tag, $function_to_add, $priority, $accepted_args ); ?> 

パラメータ

$tag
文字列) (必須) フックするアクション名 (アクションの一覧は アクションフック一覧 を参照)
初期値: なし
$function_to_add
コールバック) (必須) 呼び出す関数名。注: any of the syntaxes explained in 'callback' タイプについてのドキュメント で説明される構文は全て有効です。
初期値: なし
$priority
整数) (オプション) 関数の重要度です。呼び出す関数と他の関数との順序を変更します。デフォルト値は 10 で、例えば 5 に設定すると早く実行され、12 に設定すると遅く実行されます。
初期値: 10
$accepted_args
整数) (オプション) 関数の引数の数です。WordPress 1.5.1+ では、フックした関数は、対応する do_action() あるいは apply_filters() が実行される時に、余分に引数を取ることができます。例えば、アクション comment_id_not_found は、これにフックする関数に、リクエストされたコメントの ID を渡すことができます。
初期値: 1

用例

単純なフック

ブログに投稿したときに、メールで友人に知らせます。

function email_friends($post_ID)  {
   $friends = 'bob@example.org, susie@example.org';
   mail($friends, "sally's blog updated" , 'I just put something on my blog: http://blog.example.com');
   return $post_ID;
}

add_action('publish_post', 'email_friends');

引数を取る

フックした関数は、アクションから引数を 1 つ取ります。特に 'echo_comment_id' 関数は、$comment_ID を取ります。この例は、受け取った引数の値を画面に表示します。

function echo_comment_id($comment_ID) {
   echo "I just received $comment_ID";
}
add_action('comment_id_not_found','echo_comment_id', 10, 1);

フックしたい関数の引数の数および引数名を確認したいときは、'code base'より該当する関数のdo_action()を探します。 たとえば、'save_post'関数にフックしたいとき、post.phpに次の行を見つけることができます。

do_action('save_post', $post_ID, $post);

add_actionの呼び出しは次のようになります。

add_action('save_post', 'my_save_post');

そして関数は以下のようになります。

function my_save_post($post_ID, $post) {
//コードをここに記述
}

更新履歴

1.2.0 以降

ソースファイル

add_action()wp-includes/plugin.php にあります。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/do_action

関連資料

アクション: has_action(), add_action(), do_action(), do_action_ref_array(), did_action(), remove_action(), remove_all_actions()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。