当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「日付と時刻の書式」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Formatting_Date_and_Time 2007年11月3日 20:37:14 MichaelH 版と比較、調整。プラグイン例はあまり実用的そうではないので含めていません。)
(HelpHub への転送を追加)
 
(5人の利用者による、間の6版が非表示)
1行目: 1行目:
WordPress の関数の中には、[[テンプレートタグ/the date|the_date()]] や [[テンプレートタグ/the time|the_time()]] などのように投稿日時を表示させるものがあります。こういった関数の中にはフォーマット文字列という、日時の表示方法を決める引数を使うことが出来ます。フォーマット文字列は日付関係の色々なパーツを組み合わせることが出来ます。
+
このページは https://ja.wordpress.org/support/article/formatting-date-and-time/ へ移動しました。
 
+
例えば、
+
 
+
<code>&lt;?php the_date("Y年 n月 j日 l"); ?&gt;</code>
+
 
+
とテンプレートの中に書くと、
+
 
+
<code>2008年 4月 1日 火曜日</code>
+
 
+
のように表示されます。
+
 
+
以下は、引数として使われているアルファベットの説明です。
+
 
+
* <code>l</code> = 曜日(小文字の L)
+
* <code>n</code> = 月。
+
* <code>j</code> = 日にち。
+
* <code>Y</code> = 4桁の年(小文字の y を使うと2桁になる)
+
 
+
WordPress は [[用語集#PHP|PHP]] というプログラミング言語で書かれており、日付のフォーマットには PHP に組み込まれている日付関数を使用しています。このため、[http://www.php.net/manual/ja/function.date.php PHP マニュアルの date(日付・時刻)関数]の引数はそのまま WordPress にも用いることが出来ます。
+
 
+
{{原文|Formatting Date and Time|44887}}
+
 
+
[[Category:デザインとレイアウト]]
+
 
+
[[en:Formatting Date and Time]]
+

2019年11月9日 (土) 23:17時点における最新版

このページは https://ja.wordpress.org/support/article/formatting-date-and-time/ へ移動しました。