• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「投稿者テンプレート」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Author_Templates 13:25, 28 October 2012‎ MichaelH版)
 
(和訳完了 en:Author_Templates 13:25, 28 October 2012‎ MichaelH版)
1行目: 1行目:
==Introduction==
+
==はじめに<!--Introduction-->==
  
Thanks to WordPress [[Using Themes|Themes]], changing the look and feel of your WordPress site is fairly straightforward. For instance, when a viewer clicks on a link to a post author, by default he or she is taken to a page listing the posts from that particular author in chronological order, from newest posts at the top to oldest at the bottom. There are many display choices, including whether to display the complete post or post excerpts, and what additional information to display (title, category, publish date, last modified time, etc.). Each theme makes different choices, and you might want to change them.
+
WordPress [[Using Themes|テーマ]] のサポート以来 WordPress サイトのデザインや機能は簡単に変えられるようになりました。たとえばユーザーが投稿の作成者リンクをクリックすると、デフォルトでは作成者の投稿のリストを時系列に、先頭の新着記事から古いものを下へと並べたページに移動します。この表示には、投稿全体を表示するか抜粋だけか、どの追加情報(タイトル、カテゴリー、公開日、最終更新日等)を表示するかなど、様々な選択肢があります。テーマはそれぞれ異なる表示方法を選択していて、ユーザーはこれを変えられます。
  
This article explains how to change what happens when the blog viewer is visiting one of your site's author pages. This involves the use of Themes and Template files, so if you are new to template files, you might want to read [[Using Themes]] and [[Stepping Into Templates]] first.
+
ここではユーザーがサイトの作成者ページにアクセスした際の表示を変更する方法について解説します。変更にはテーマおよびテンプレートファイルを使用します。このためテンプレートファイルの初心者はまず [[テーマの使い方]] および [[テンプレート入門]] を参照してください。
  
There are many ways that you can modify the look of your author pages. Some are not really specific to author pages, such as adding text to the top of the page; you can read about such simple modifications in the [[Category Templates]] article. This article will concentrate on modifications that are specific to author template files.
+
作成者ページのデザインの変更には多くの方法があります。中には作成者ページに固有でないもの、たとえばページの先頭へのテキストの追加などもありますが、このような単純な変更については [[カテゴリーテンプレート]] を参照してください。ここでは作成者テンプレートファイルに固有の変更にフォーカスします。
  
== The Basics ==
+
== 基本<!--The Basics--> ==
  
=== Linking to Author Pages from Posts ===
+
=== 投稿から作成者ページヘのリンク<!--Linking to Author Pages from Posts--> ===
If you are going to use author pages, you will probably want to make sure that when a post is displayed, it comes with a link to the author page. You can generate this link, within [[The Loop]], by using the [[Template_Tags/the_author_posts_link|the_author_posts_link]] Template Tag. For example:
+
作成者ページを使用する場合、まずは最初に表示された投稿の中に、作成者ページヘのリンクを含めたいでしょう。このリンクを生成するには[[ループ]]内で [[テンプレートタグ/the_author_posts_link|the_author_posts_link] テンプレートタグを使用します。たとえば
 
<pre>
 
<pre>
<p>Written by:
+
<p>作成者
 
<?php the_author_posts_link(); ?></p>
 
<?php the_author_posts_link(); ?></p>
 
</pre>
 
</pre>
  
=== List of Authors with Links ===
+
=== リンク付きの作成者リスト<!--List of Authors with Links--> ===
Another way to generate links to author pages is to make an author list in your sidebar (or elsewhere in your Theme). The [[Template_Tags/wp_list_authors|wp_list_authors]] Template Tag does that. Just place the following in your sidebar Template file:
+
作成者ページへのリンクを生成するにはサイドバー(またはテーマ内のどこか)に作成者のリストを作成する方法もあります。これには [[テンプレートタグ/wp_list_authors|wp_list_authors]] テンプレートタグを使用します。サイドバーテンプレートファイルに以下のコードを挿入してください。
 
<pre>
 
<pre>
<h2>List of authors:</h2>
+
<h2>作成者リスト:</h2>
 
<ul>
 
<ul>
 
<?php wp_list_authors(); ?>
 
<?php wp_list_authors(); ?>
25行目: 25行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
You may want to change the way the list of authors appears by using the arguments in [[Template Tags/wp_list_authors|wp_list_authors()]]. For example, the administrator account (Username "admin") is excluded by default, but you can force [[Template Tags/wp_list_authors|wp_list_authors()]] to include the admin account this way:
+
作成者リストの表示方法を変更するには [[テンプレートタグ/wp_list_authors|wp_list_authors()]] の引数を使用します。たとえば管理者アカウント (ユーザー名 "admin") はデフォルトでは除外されていますが、以下の方法で表示するよう [[テンプレートタグ/wp_list_authors|wp_list_authors()]] に強制できます。
  
 
<pre>
 
<pre>
33行目: 33行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
You can also combine arguments. By default, authors without posts are ignored, but in this example, all authors (users), including the administrator, are displayed.
+
また引数は組み合わせられます。デフォルトでは投稿のない作成者は表示されませんが、以下の例では、管理者を含むすべての作成者(ユーザー)が表示されます。
  
 
<pre>
 
<pre>
41行目: 41行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
There are also other options -- check out the [[Template Tags/wp_list_authors|wp_list_authors()]] page.
+
他のオプションについての詳細は [[テンプレートタグ/wp_list_authors|wp_list_authors]] を参照してください。
  
=== Which Template File is Used? ===
+
=== どのテンプレートファイルが使用されるか?<!--Which Template File is Used?--> ===
Now that you have links to author pages, the next step in modifying what they look like is to figure out which of your theme's files is going to be used to display the posts. This is known as the [[Template Hierarchy]].
+
作成者ページヘのリンクを作成しましたので、次に作成者ページのデザインを変更します。これには現在のテーマの中でどのファイルを使用して投稿が表示されるかを知る必要があります。この使用のルールは[[テンプレート階層]]と呼ばれます。
  
In the case of authors, the hierarchy is fairly simple. The Template Hierarchy specifies that WordPress uses the ''first'' Template file it finds in your current Theme's directory from the following list:
+
作成者の場合、階層はとてもシンプルです。テンプレート階層の規定では、WordPress は現在のテーマディレクトリ内を以下の順番で検索し、''最初に'' 見つかったテンプレートファイルを使用します:
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">author-{nicename}.php</tt> - If the author's nice name were <tt style="font-weight:bold; color:#036">rami</tt>, WordPress would look for <tt style="font-weight:bold; color:#036">author-rami.php</tt>.
+
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">author-{nicename}.php</tt> - 作成者の nicename が <tt style="font-weight:bold; color:#036">rami</tt> であれば WordPress <tt style="font-weight:bold; color:#036">author-rami.php</tt> を探します。
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">author-{id}.php</tt> - If the author's ID were <tt style="font-weight:bold; color:#036">6</tt>, WordPress would look for <tt style="font-weight:bold; color:#036">author-6.php</tt>.
+
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">author-{id}.php</tt> - 作成者の ID <tt style="font-weight:bold; color:#036">6</tt> であれば WordPress <tt style="font-weight:bold; color:#036">author-6.php</tt> を探します。
 
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">author.php</tt>
 
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">author.php</tt>
 
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">archive.php</tt>
 
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">archive.php</tt>
 
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">index.php</tt>
 
#<tt style="font-weight:bold; color:#036">index.php</tt>
  
That is, if you do not have an <tt style="font-weight:bold; color:#036">author.php</tt> file, WordPress will check for <tt style="font-weight:bold; color:#036">archive.php</tt>, and so on.  
+
すなわち <tt style="font-weight:bold; color:#036">author.php</tt> ファイルがなければ、WordPress は <tt style="font-weight:bold; color:#036">archive.php</tt> を探し ...、と続きます。
  
So, if you want to change the look of your author pages, you need to create an <tt>author.php</tt> file if it doesn't exist, by copying <tt>archive.php</tt> if that file exists, or <tt>index.php</tt> if it doesn't. The rest of the article assumes you are editing <tt>author.php</tt>.
+
したがって作成者ページのデザインを変える場合 <tt>author.php</tt> がなければ作成する必要があります。それには <tt>archive.php</tt> があればこれをコピーして作成できますし、これもなければ <tt>index.php</tt> をコピーします。以下では <tt>author.php</tt> を編集していると仮定します。
  
== Custom Author Information ==
+
== 作成者情報のカスタマイズ<!--Custom Author Information--> ==
This section explores how to add information about the author, such as name, bio, and contact information, to an author page.
+
この節では作成者ページに名前、略歴、連絡先など作成者情報を追加する方法について説明します。
  
=== Setting Up for Author Information ===
+
=== 作成者情報の設定<!--Setting Up for Author Information--> ===
The first thing you will need to do, in order to display author information on your author page, is edit your author template file(<tt>author.php</tt>, see above) so that it figures out which author is being viewed, and retrieves all the information about the author from the database (i.e. the information entered in the User administration screen of WordPress).
+
作成者ページ上に作成者の情報を表示するには、まず最初に作成者テンプレートファイル (<tt>author.php</tt> 前節参照) を編集し、表示すべき作成者を特定し、データベースから作成者のすべての情報 (WordPress のユーザー管理画面で入力された情報) を取得します。
  
This is done by setting up a variable called <tt>$curauth</tt> (Current Author). The usual way to do this is to put the following lines before [[The Loop]] in your template file:
+
これには変数 <tt>$curauth</tt> (Current Author(現在の作成者) の略) を設定します。通常は以下の行をテンプレートファイルの [[ループ]] の前に挿入します。
 
<pre><?php  
 
<pre><?php  
 
$curauth = (isset($_GET['author_name'])) ? get_user_by('slug', $author_name) : get_userdata(intval($author));
 
$curauth = (isset($_GET['author_name'])) ? get_user_by('slug', $author_name) : get_userdata(intval($author));
 
?></pre>
 
?></pre>
  
There are other ways to receive the query and assign the value of <tt>$curauth</tt>, if the above does not work for you.  For example try this code which should work in WordPress Version 2.8 and higher.
+
上のコードが動作しない場合、クエリを受信し、<tt>$curauth</tt> の値を割り当てる別の方法もあります。たとえば WordPress Version 2.8 以降であれば次のコードが使用できます。
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php
 
<?php
75行目: 75行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
Or this example that only works in WordPress Version 2.8 and higher:
+
または次のコードを使用できます。こちらも WordPress Version 2.8 以降でのみ動作します。
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php
 
<?php
82行目: 82行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
If the above fails to work for you, another option for WordPress 1.5 or above is the following:
+
どちらも失敗するようであれば WordPress 1.5 以降で利用可能な別の方法があります。
  
 
<pre>
 
<pre>
91行目: 91行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
=== Using Author Information ===
+
=== 作成者情報の使用<!--Using Author Information--> ===
Now that you have the <tt>$curauth</tt> variable set up, you can use it to display all kinds of information about the author whose page is being displayed. For example, to display the author's nickname, in a format like "This is Joe's page", you could use:
+
変数 <tt>$curauth</tt> が設定できましたので、これを使用して作成者に関するすべての情報を作成者ページに表示できます。たとえば作成者のニックネームを含め、「Joe のページ」として表示する場合、次のコードを使用します。
 
<pre>
 
<pre>
<p>This is <?php echo $curauth->nickname; ?>'s page</p>
+
<p><?php echo $curauth->nickname; ?> のページ</p>
 
</pre>
 
</pre>
  
Note that this must be placed ''after'' defining <tt>$curauth</tt> as in the previous section, and ''before'' [[The Loop]] in your Template file.
+
注意: テンプレートファイルの中で上のコードを、前節で紹介した <tt>$curauth</tt> の定義の「後」、そして[[ループ]] の「前」に置く必要があります。
  
There are many other pieces of information you can display, besides the author's nickname. All of these come from the WordPress user editing screen:
+
作成者のニックネーム以外にも、多くの作成者情報を表示できます。以下は WordPress のユーザー編集画面で定義される情報の一覧です。
  
 
* <tt>$curauth->aim;</tt>
 
* <tt>$curauth->aim;</tt>
116行目: 116行目:
 
* <tt>$curauth->yim;</tt>
 
* <tt>$curauth->yim;</tt>
  
These work the same way as the nickname example above. For instance, to display the author's displayed name and description (i.e. "About Yourself" text):
+
これらの作成者情報も上のニックネームの例と同様に動作します。たとえば以下の例では、作成者の表示名とプロフィール情報(ユーザー管理画面での「ユーザーについて」のテキスト)を表示します。
 
<pre>
 
<pre>
 
<p><?php echo $curauth->display_name; ?><br />
 
<p><?php echo $curauth->display_name; ?><br />
122行目: 122行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
=== Sample Template File ===
+
=== テンプレートファイルのサンプル<!--Sample Template File--> ===
Here is a complete sample <tt>author.php</tt> file, which you can use as an example:
+
以下は完全な <tt>author.php</tt> ファイルの例です。
  
 
<pre>
 
<pre>
130行目: 130行目:
 
<div id="content" class="narrowcolumn">
 
<div id="content" class="narrowcolumn">
  
<!-- This sets the $curauth variable -->
+
<!-- $curauth 変数の設定 -->
  
 
     <?php
 
     <?php
136行目: 136行目:
 
     ?>
 
     ?>
  
     <h2>About: <?php echo $curauth->nickname; ?></h2>
+
     <h2>作成者: <?php echo $curauth->nickname; ?></h2>
 
     <dl>
 
     <dl>
         <dt>Website</dt>
+
         <dt>Web サイト</dt>
 
         <dd><a href="<?php echo $curauth->user_url; ?>"><?php echo $curauth->user_url; ?></a></dd>
 
         <dd><a href="<?php echo $curauth->user_url; ?>"><?php echo $curauth->user_url; ?></a></dd>
         <dt>Profile</dt>
+
         <dt>プロフィール</dt>
 
         <dd><?php echo $curauth->user_description; ?></dd>
 
         <dd><?php echo $curauth->user_description; ?></dd>
 
     </dl>
 
     </dl>
  
     <h2>Posts by <?php echo $curauth->nickname; ?>:</h2>
+
     <h2><?php echo $curauth->nickname; ?> の投稿:</h2>
  
 
     <ul>
 
     <ul>
<!-- The Loop -->
+
<!-- ループ -->
  
 
     <?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
 
     <?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
153行目: 153行目:
 
             <a href="<?php the_permalink() ?>" rel="bookmark" title="Permanent Link: <?php the_title(); ?>">
 
             <a href="<?php the_permalink() ?>" rel="bookmark" title="Permanent Link: <?php the_title(); ?>">
 
             <?php the_title(); ?></a>,
 
             <?php the_title(); ?></a>,
             <?php the_time('d M Y'); ?> in <?php the_category('&');?>
+
             <?php the_time('Y年n月j日'); ?> (カテゴリー: <?php the_category('&');?>)
 
         </li>
 
         </li>
  
 
     <?php endwhile; else: ?>
 
     <?php endwhile; else: ?>
         <p><?php _e('No posts by this author.'); ?></p>
+
         <p><?php _e('この作成者の投稿はありません。'); ?></p>
  
 
     <?php endif; ?>
 
     <?php endif; ?>
  
<!-- End Loop -->
+
<!-- ループ終了 -->
  
 
     </ul>
 
     </ul>
169行目: 169行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
== Further Reading ==
+
== 追加の情報<!--Further Reading--> ==
* [[Templates]] - Complete reference list for creating themes and template files
+
* [[テンプレート]] - テーマおよびテンプレートファイル作成に関する完全なリファレンス一覧
 
* [http://wordpress.org/support/topic/27554#post-154787 WordPress Support Forum Thread on Author Templates]
 
* [http://wordpress.org/support/topic/27554#post-154787 WordPress Support Forum Thread on Author Templates]
 
* [http://wordpress.org/support/topic/33064 Another WordPress Support Forum Thread on Author Templates]
 
* [http://wordpress.org/support/topic/33064 Another WordPress Support Forum Thread on Author Templates]
  
== Related ==
+
== 関連<!--Related--> ==
  
 
{{Theme Templates}}
 
{{Theme Templates}}

2015年3月1日 (日) 03:07時点における版

はじめに

WordPress テーマ のサポート以来 WordPress サイトのデザインや機能は簡単に変えられるようになりました。たとえばユーザーが投稿の作成者リンクをクリックすると、デフォルトでは作成者の投稿のリストを時系列に、先頭の新着記事から古いものを下へと並べたページに移動します。この表示には、投稿全体を表示するか抜粋だけか、どの追加情報(タイトル、カテゴリー、公開日、最終更新日等)を表示するかなど、様々な選択肢があります。テーマはそれぞれ異なる表示方法を選択していて、ユーザーはこれを変えられます。

ここではユーザーがサイトの作成者ページにアクセスした際の表示を変更する方法について解説します。変更にはテーマおよびテンプレートファイルを使用します。このためテンプレートファイルの初心者はまず テーマの使い方 および テンプレート入門 を参照してください。

作成者ページのデザインの変更には多くの方法があります。中には作成者ページに固有でないもの、たとえばページの先頭へのテキストの追加などもありますが、このような単純な変更については カテゴリーテンプレート を参照してください。ここでは作成者テンプレートファイルに固有の変更にフォーカスします。

基本

投稿から作成者ページヘのリンク

作成者ページを使用する場合、まずは最初に表示された投稿の中に、作成者ページヘのリンクを含めたいでしょう。このリンクを生成するにはループ内で [[テンプレートタグ/the_author_posts_link|the_author_posts_link] テンプレートタグを使用します。たとえば

<p>作成者 
<?php the_author_posts_link(); ?></p>

リンク付きの作成者リスト

作成者ページへのリンクを生成するにはサイドバー(またはテーマ内のどこか)に作成者のリストを作成する方法もあります。これには wp_list_authors テンプレートタグを使用します。サイドバーテンプレートファイルに以下のコードを挿入してください。

<h2>作成者リスト:</h2>
<ul>
<?php wp_list_authors(); ?>
</ul>

作成者リストの表示方法を変更するには wp_list_authors() の引数を使用します。たとえば管理者アカウント (ユーザー名 "admin") はデフォルトでは除外されていますが、以下の方法で表示するよう wp_list_authors() に強制できます。

<ul>
<?php wp_list_authors('exclude_admin=0'); ?>
</ul>

また引数は組み合わせられます。デフォルトでは投稿のない作成者は表示されませんが、以下の例では、管理者を含むすべての作成者(ユーザー)が表示されます。

<ul>
<?php wp_list_authors('exclude_admin=0&hide_empty=0'); ?>
</ul>

他のオプションについての詳細は wp_list_authors を参照してください。

どのテンプレートファイルが使用されるか?

作成者ページヘのリンクを作成しましたので、次に作成者ページのデザインを変更します。これには現在のテーマの中でどのファイルを使用して投稿が表示されるかを知る必要があります。この使用のルールはテンプレート階層と呼ばれます。

作成者の場合、階層はとてもシンプルです。テンプレート階層の規定では、WordPress は現在のテーマディレクトリ内を以下の順番で検索し、最初に 見つかったテンプレートファイルを使用します:

  1. author-{nicename}.php - 作成者の nicename が rami であれば WordPress は author-rami.php を探します。
  2. author-{id}.php - 作成者の ID が 6 であれば WordPress はauthor-6.php を探します。
  3. author.php
  4. archive.php
  5. index.php

すなわち author.php ファイルがなければ、WordPress は archive.php を探し ...、と続きます。

したがって作成者ページのデザインを変える場合 author.php がなければ作成する必要があります。それには archive.php があればこれをコピーして作成できますし、これもなければ index.php をコピーします。以下では author.php を編集していると仮定します。

作成者情報のカスタマイズ

この節では作成者ページに名前、略歴、連絡先など作成者情報を追加する方法について説明します。

作成者情報の設定

作成者ページ上に作成者の情報を表示するには、まず最初に作成者テンプレートファイル (author.php 前節参照) を編集し、表示すべき作成者を特定し、データベースから作成者のすべての情報 (WordPress のユーザー管理画面で入力された情報) を取得します。

これには変数 $curauth (Current Author(現在の作成者) の略) を設定します。通常は以下の行をテンプレートファイルの ループ の前に挿入します。

<?php 
$curauth = (isset($_GET['author_name'])) ? get_user_by('slug', $author_name) : get_userdata(intval($author));
?>

上のコードが動作しない場合、クエリを受信し、$curauth の値を割り当てる別の方法もあります。たとえば WordPress Version 2.8 以降であれば次のコードが使用できます。

<?php
$curauth = (isset($_GET['author_name'])) ? get_user_by('slug', $_GET['author_name']) : get_userdata($_GET['author']);
?>

または次のコードを使用できます。こちらも WordPress Version 2.8 以降でのみ動作します。

<?php
$curauth = (get_query_var('author_name')) ? get_user_by('slug', get_query_var('author_name')) : get_userdata(get_query_var('author'));
?>

どちらも失敗するようであれば WordPress 1.5 以降で利用可能な別の方法があります。

<?php
global $wp_query;
$curauth = $wp_query->get_queried_object();
?>

作成者情報の使用

変数 $curauth が設定できましたので、これを使用して作成者に関するすべての情報を作成者ページに表示できます。たとえば作成者のニックネームを含め、「Joe のページ」として表示する場合、次のコードを使用します。

<p><?php echo $curauth->nickname; ?> のページ</p>

注意: テンプレートファイルの中で上のコードを、前節で紹介した $curauth の定義の「後」、そしてループ の「前」に置く必要があります。

作成者のニックネーム以外にも、多くの作成者情報を表示できます。以下は WordPress のユーザー編集画面で定義される情報の一覧です。

  • $curauth->aim;
  • $curauth->description;
  • $curauth->display_name;
  • $curauth->first_name;
  • $curauth->ID;
  • $curauth->jabber;
  • $curauth->last_name;
  • $curauth->nickname;
  • $curauth->user_email;
  • $curauth->user_login;
  • $curauth->user_nicename;
  • $curauth->user_registered;
  • $curauth->user_url;
  • $curauth->yim;

これらの作成者情報も上のニックネームの例と同様に動作します。たとえば以下の例では、作成者の表示名とプロフィール情報(ユーザー管理画面での「ユーザーについて」のテキスト)を表示します。

<p><?php echo $curauth->display_name; ?><br />
<?php echo $curauth->description; ?></p>

テンプレートファイルのサンプル

以下は完全な author.php ファイルの例です。

<?php get_header(); ?>

<div id="content" class="narrowcolumn">

<!-- $curauth 変数の設定 -->

    <?php
    $curauth = (isset($_GET['author_name'])) ? get_user_by('slug', $author_name) : get_userdata(intval($author));
    ?>

    <h2>作成者: <?php echo $curauth->nickname; ?></h2>
    <dl>
        <dt>Web サイト</dt>
        <dd><a href="<?php echo $curauth->user_url; ?>"><?php echo $curauth->user_url; ?></a></dd>
        <dt>プロフィール</dt>
        <dd><?php echo $curauth->user_description; ?></dd>
    </dl>

    <h2><?php echo $curauth->nickname; ?> の投稿:</h2>

    <ul>
<!-- ループ -->

    <?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
        <li>
            <a href="<?php the_permalink() ?>" rel="bookmark" title="Permanent Link: <?php the_title(); ?>">
            <?php the_title(); ?></a>,
            <?php the_time('Y年n月j日'); ?> (カテゴリー: <?php the_category('&');?>)
        </li>

    <?php endwhile; else: ?>
        <p><?php _e('この作成者の投稿はありません。'); ?></p>

    <?php endif; ?>

<!-- ループ終了 -->

    </ul>
</div>
<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>

追加の情報

関連

テンプレート階層: カテゴリーテンプレート, タグテンプレート, タクソノミーテンプレート, ページテンプレート, 投稿タイプテンプレート, 投稿者テンプレート, 日付テンプレート, 検索テンプレート, 404 テンプレート, 添付ファイルテンプレート, ループテンプレート /en


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Author_Templates最新版との差分