• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「レンタルサーバー情報」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(ファーストサーバー)
27行目: 27行目:
  
 
* 公式サイト: [http://www.bluehost.com/ Web hosting provider - Bluehost.com]
 
* 公式サイト: [http://www.bluehost.com/ Web hosting provider - Bluehost.com]
* サーバ環境:
+
* サーバ環境:Apache 2.2.9,PHP 5.2.6,MySQL 5.0.45,最新版の WordPress,bbPress の 1クリックインストールサービスあり
* 制限・注意事項等:
+
* 制限・注意事項等:SSH/Shell Accessを利用するには 運転免許証 かそれに類する写真付きの書類(例えばパスポート)をFAXで送付してSSHアカウントの有効化をする必要あり。
 
* 参考リンク:
 
* 参考リンク:
 
** [http://wordpress.org/hosting/ WordPress › PHP / MySQL Web Hosting]
 
** [http://wordpress.org/hosting/ WordPress › PHP / MySQL Web Hosting]

2008年9月7日 (日) 10:22時点における版

WordPress を設置するには PHP・MySQL が使えるサーバスペースが必要ですが、レンタルサーバ(ホスティングプロバイダ)によって特徴・制約などがあります。 このページでは、各サービスについて、WordPress の設置・運用に役立ちそうな情報をまとめていきます。(50音順・アルファベット順)

注: 掲載されているサービスをお勧めするものではありません。

さくらのレンタルサーバ

ロリポップ!

BlueHost

CORESERVER.JP

heteml

XREA

無料版・XREA+ 共通情報

PHP
バージョン・デフォルト文字コードはサーバ番号によって異なる。
モジュール版・セーフモードで動作。
MySQL
バージョン・デフォルト文字コードはサーバ番号によって異なる。
mod_rewrite 
OK
GD 
OK (もし入っていなければ webmaster に相談)
svn(Subversion) 
サーバ番号による。
文字コードについて 
サーバ別デフォルト文字コード 
  • EUC-JP: s215 以前のサーバ / s216 以降の PHP4 系サーバ
  • UTF-8: s216 以降の PHP5 系サーバ
MySQL 4.1 以降の EUC-JP のサーバで、WordPress を UTF-8 で運用するには 
  1. XREA 管理画面より、DB を UNICODE で作成
  2. wp-config.phpDB_CHARSET'utf8' に設定。
WordPress が自動生成するファイルの所有者とパーミッション
PHPから作成されるファイルの所有権の定期的な変更について - XREA&CORE SUPPORT BOARD

無料版の制限・注意事項

アカウント名
アカウント取得時、アカウント名に「-」(ハイフン)を使わないこと。無料版ではアカウント名=DB 名であり、ハイフン入りの DB は作成できないため。
広告表示義務と WordPress
広告の自動挿入では WordPress の動作に問題が生じるため、.htaccess で自動広告を切り、使用するテーマのテンプレートファイル(header.php など)に広告コードを挿入する。<!--nobanner--> ではダメ(先頭にブランク行が出る)。
アカウント取得後のサーバの移動不可
移動できるのは XREA+。

CPI(KDDI ウェブコミュニケーションズ)

  • 公式サイト: CPIレンタルサーバー
  • サーバ環境: サーバー機能紹介
    • PHP : PHP 5.2.4 / 5.0.4※ / 4.4.7 / 4.4.2 / 4.4.1 / 4.3.11※
      • ※はセキュリティパッチ対応済。(2008年7月現在)
    • D/B : MySQL 4.0.24 / MySQL 5.0.26 / PostgreSQL 8.1.4 (2008年7月現在)
  • 制限・注意事項等:
    • CPIが用意しているCMSインストーラから「WordPress ME2.0.1」(EUC-JP)がインストール可能。
      なお、WordPress 2.3以降のバージョンに対応するためには文字コードの設定をUTF-8に変更する必要あり。([参考リンク]参照)
    • PHPのバージョンは.htaccessにて変更可能。
    • サーバの内部文字コードは「EUC-JP」。 MySQLは「ujis」。
    • PHPはphp.iniの変更等で文字コードの変更可能。php_valueおよびphp_flag での変更は不可。
    • MySQL は 4.x系が標準に設定されている。MySQL 5.x系はIPアドレス+ポートで指定。
    • シェアードプランで利用可能なMySQL データベースは1つだけ。マネージドプラン以上は無制限。
    • MySQLで使用可能な文字コードは、4.x系は「ujis」のみ。5.x系は変更が可能(「参考リンク」参照)
  • 参考リンク:

チカッパ!レンタルサーバー

PHP
ver4.4.2
MySQL
ver5.0.51 もしくは ver4.0.26 (選択可、1契約2つまで作成可)
  • PHPのverについてはメールにて「お尋ね頂いたところ、大変申し訳ございませんが現在のところ、バージョンアップ予定はございません。」との返答を頂いています。(2008.4.13現在)

ファーストサーバ

PHP
ver5.2.6
MySQL
ver5.0.27
  • 特徴・制限事項等:PHPは初期値CGI版。切り替えでDSO版に変更可、wordpressで.htaccess設置するために変更必須
  • PHPご利用ガイド

サーバ移転

Moving WordPress 側に入れたほうがいいか?

事例: